2016年07月02日

2016.07.02 巨人1-2ヤクルト

巨人・菅野、ヤクルト・デイビーズの両先発が得点を与えず、5回まで0-0が続く。6回、雄平の内野ゴロの間にヤクルトが1点を挙げ先制する。7回、巨人はチャンスを作り、菅野に代えての代打・大田が同点タイムリー。試合を振り出しに戻す。8回、巨人の2番手・宮國から山田が勝ち越しのソロホームラン。このリードを守ったヤクルトが秋田2連戦の初戦を制した。

先発の菅野は6回1失点。前回は3回途中9失点とまさかの大乱調だったが、なんとか立て直したか。本人はもう少し投げたかったかもしれないが、代わった大田がタイムリー打ってくれて負けが消えたわけだし、次回に力を溜めたと考えよう。

負け投手になったのは宮國だが、回跨ぎしていたし、ソロホームランだからしょうがないかなという気がする。今季も結果を残しているし、今日の一発を引きずらずに投げてほしい。

打線は1点のみ。連打になったのが点を取った7回だけ。何度も言っているが菅野の試合は基本的に相手の点を抑えてくれるので(例外もあるが)、勝たなければいけない試合。しかもヤクルトは12球団ワーストの防御率であり、1点しか取れないようではだめだ。

ついに今季最悪の借金4になった。今のセリーグは広島が独走で2位から6位まではわずか2ゲームしかない。今の調子だと一気に最下位まで落ちても不思議はない。今、先発は比較的頑張っているので、中継ぎと打線。ここが奮起しなければいけない。

明日の先発は巨人がマイコラス、ヤクルトが杉浦。復帰2戦目となるマイコラス。前回は5回4失点だったが自責は1だった。今回はなんとか失点自体を抑えてほしい。対する杉浦とは今季2度目の対戦だが、前回はリリーフ登板だったため先発としては初対戦。杉浦は先週の登板で6回1失点と結果を残しており、注意したい。

posted by K at 23:23 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする