2016年07月08日

2016.07.08 巨人3-1DeNA

3回、ロペスの犠牲フライでDeNAが先制。巨人は毎回のようにランナーを出しながらも得点できない状況が続いたが、6回、村田のソロホームランで同点に。そして7回、2アウト2,3塁から大田が勝ち越しの2点タイムリー3ベース。このリードを守りきった巨人がカードの初戦を制した。

先発の大竹は7回1失点。毎回のようにランナーを出しながらも、犠牲フライの1点に抑える粘りのピッチングを見せた。これで1ヶ月ぶりの2勝目。マイコラスや高木といったところが本調子でない中、内海と大竹が頑張っているおかげでなんとかローテーションが持っている感じだ。

打線は井納に苦戦したが、大田が決勝のタイムリー3ベースを打った。すでにホームランは自己最高を記録しているが、これで打点も一昨年に並んだ。あとは昨年のヒット数を超えて、自己最高のシーズンにしてほしい。小林が戻ってきたのも明るい材料。一方、心配なのが長野。自打球の影響か途中交代となった(代わりに出たのが大田)。ここまで4番として良い働きをしているだけに、軽症であってほしいところ。

明日の先発は巨人が菅野、DeNAが石田。菅野はもう1ヶ月勝っていない。9失点した試合以外は2失点以内に抑えているものの、どうにも援護がない。またここのところは少し投球数がかさんでいる。おそらくオールスター前最後の登板となる。完投、完封して、前回9失点したリベンジをはたしてほしい。対する石田とは今季3度目の対戦。前回の対戦時は6回途中6失点と打ち込んだが、巨人は逆転負けを喫した。とにかく菅野のときに援護ができていない。点さえ取れば勝てるのだから、なんとか3点、4点取っていきたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 22:56 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年名古屋場所 初日、2日目の取組が決定

10日に初日を迎える名古屋場所の初日、2日目の取組が発表され、御嶽海は初日に大関・稀勢の里と、2日目に横綱・鶴竜との取組が組まれた。

予想通り、大関、横綱との対戦が組まれた。しかも初日は綱取りのかかる稀勢の里、2日目はもちろん自身初となる結びの一番での取組。大きな注目が集まる2日間となりそうだ。

初日の対戦相手となる稀勢の里は先日(7月3日)に誕生日を迎えた30歳。中卒で角界に入ったが、ものすごいスピードで昇進し、17歳9ヶ月での新十両、18歳3ヶ月での新入幕はともに貴乃花に次ぐ史上2位の年少記録。ちなみに同時に新十両になったのが琴欧洲と豊ノ島、同時に新入幕になったのが日馬富士。ということでかなり早くから次の大関、次の横綱として期待されていたが、ここ一番で勝てないことが多く、大関昇進は琴奨菊に先を越された。それでも印象的な活躍は多く、白鵬は過去に2度40連勝以上を記録しているが、その2度とも稀勢の里が連勝を止めている。大関昇進後は安定して勝つものの優勝まではあと一歩届かず、準優勝(優勝次点)を実に10回も経験している。春場所、夏場所で連続して13勝を挙げ、今場所に悲願の初優勝、そして綱取りをかける。

優勝まであと一歩届かないためにいろいろ言われることが多いが、今の日本人最強力士だということはほとんどの人が認めるだろう。特にこの2場所は取りこぼしが全くなく、大関以下には全勝している。御嶽海としては負けて当たり前の一番なので、変に考えたりすることなくとにかく思い切り当たっていけばいいと思う。今場所は勉強の場所だ。

心配なのがケガの状態で、御嶽海は先日の稽古中に左膝裏の肉離れをしてしまった。休場の可能性もあったが、その後の治療で多少良くなったとのことで少なくとも初日は出場するようだ。個人的には普段なら慎重にいってほしいと思うところだが、今場所に関しては頑張って出てほしいと思う。遠藤がケガで苦しんだように、実力があっても次に上位に上がれるかどうかは分からない。今場所の経験は非常に大きなものになるはずなので、できるところまでやってほしいと思う。とはいえ悪化したらすぐに休むべきだとは思う。

もともと上位初挑戦な上に今回の肉離れということで、1つ勝つのも大変になるかもしれないが、未来につながる経験をしてほしい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:08 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする