2016年07月10日

2016.07.10 巨人10-7DeNA

今日は序盤から試合が動く。初回、ロペスのタイムリーと倉本の犠牲フライでDeNAが2点を先制。巨人はその裏、阿部のタイムリーで1点を返す。2回は梶谷の2点タイムリーでDeNAが2点を追加するが、その裏、坂本、長野の連続タイムリーで巨人が3点を取って同点とする。しかし3回、宮崎の内野ゴロの間に1点を挙げDeNAが勝ち越し、さらに4回には筒香、ロペスの連続タイムリーで2点を追加し、7-4とする。しかし巨人も諦めず、5回、小林の3ランで同点とし、7回、相川の走者一掃のタイムリー2ベースで3点を勝ち越し。このリードを守りきった巨人が3連勝、借金を1まで減らした。

先発のマイコラスは3回5失点。復帰3試合目で今季初めて小林と組んだが結果を残せなかった。5回以降の中継ぎが1人もランナーを出していないことを考えると、小林ではなくマイコラスの方の問題だろう。昨年も序盤はイマイチだったので、ここから良くなってくると信じたいところだが、もう一回二軍で調整してもいいかもしれない。他の先発候補次第か。

打線は久々に爆発。今は3番の坂本から6番の村田までの調子がいいので、上位が出塁するか、下位がこのランナーを返せれば得点も増えるはずだが、今日は下位が打った。小林に3ランが出たし、途中から9番に入った山本が全打席出塁し、相川の決勝タイムリーにつなげた。今セカンドは吉川、中井、藤村などいろんな選手を試しているけど、しばらく山本を試してみてもいいんじゃないかと思う。この前も少しスタメンで使っていたけど、10試合くらい固定してみるつもりで。

勝ち越したかったこの東京ドーム6連戦で5勝1敗と良い結果を残すことができた。オールスターまでは残り2試合で、1勝1分以上で勝率5割で後半戦に向かうことができる。1勝1敗ではいきたいところ。

ということで火曜日からのオールスター前最後の相手は首位・広島。セリーグで唯一交流戦を勝ち越した広島はその後も勢いが衰えず、現在の貯金は19。2位巨人とのゲーム差は10。まだ7月とはいえ、どんどん詰めていかなければいけない。できれば連勝したいが、とにかく離されないこと。先発は内海と田口だろうが、おそらく相手はすでに10勝を挙げている野村と、日米通算200勝にリーチをかけている黒田が来る。なんとか投げ負けないでほしいと思う。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:01 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年名古屋場所 初日●稀勢の里

初日 ●御嶽海(寄り切り)稀勢の里○

上位初挑戦の御嶽海の初日は、綱とりを狙う大関・稀勢の里。立ち合いの瞬間はほぼ互角に見えたが、踏み込んだのは稀勢の里。そのまま組み止め、寄りながら右上手を取って万全の体勢に。御嶽海はなんとかしようともがくものの、冷静な稀勢の里がそのまま寄り切り。稀勢の里は絶好のスタートを切り、御嶽海は初日黒星スタートとなった。

最近の稀勢の里は慌てることがなく、しっかりと自分の形になってから勝負を決めに行く。今日もそうで、御嶽海も粘ったように見えるが、相手を慌てさせるような相撲は取れなかった。まあ御嶽海にとって大関はおろか三役力士との対戦も今日が初めてというなか、実力の差を見せられた感じではないだろうか。心配していた足の方は、見ている限りではそこまで悪くもないように見えたので(足を引きずるようなこともなかった)、悪化しなければこのあとも取り続けられそうだ。

さあ、明日の相手は横綱・鶴竜。初の横綱戦であり、そして初の結びの一番で取ることになる。鶴竜はモンゴル出身の30歳。同じくモンゴル出身の横綱である白鵬や日馬富士と比べると出世はやや遅かったが、およそ4年で新十両、さらに1年かけて新入幕を果たす。大関昇進後も優勝がなかったが、前の場所に14勝を挙げて綱取りとなった場所で14勝を挙げて初優勝、新横綱に昇進する。横綱昇進後はまだ1度の優勝しかないものの、安定した成績を挙げている。御嶽海はとにかく格上が相手なので胸を借りるつもりで。結びの一番で懸賞も多いはずなので、「ボーナスもらうぜ」くらいのつもりで当たっていけばいいと思う。ちなみに御嶽海は前頭なので、横綱に勝てば金星となり、力士褒賞金(場所ごとにもらえる給料みたいなもの)の額が上がる。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 21:58 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする