2016年07月11日

平成28年名古屋場所 2日目●鶴竜

2日目 ●御嶽海(寄り切り)鶴竜○

初の横綱戦、そして初の結びの一番となった御嶽海。立ち合いでは鶴竜よりも低く当たり、横綱を押し込む。しかし鶴竜は即座に右上手を取り、これをこらえる。御嶽海の勢いが止まると、地力で勝る鶴竜がじりじりと寄っていき、そのまま寄り切り。会場を一瞬沸かせたものの、御嶽海の初の横綱戦は黒星となった。

昨日よりも確実に見せ場は作った。稀勢の里と鶴竜の取り口の違いというのもあるだろうが、横綱を押し込んだというのは御嶽海にとっても自信になるんじゃないかと思う。ただ残念ながら焦らせるところまではいけなかった。並の相手ならば勝てていたかもしれないが、そのへんはやはり力も技術も経験も勝る横綱だなと思う。

明日の相手は横綱・白鵬。ついに最強の横綱との初対戦となる。白鵬はモンゴル出身の31歳。経歴については今更説明も不要だと思うのでしないが、先場所までの時点で、幕内優勝回数、幕内での勝ち星、横綱としての勝ち星はすでに歴代1位。通算の勝ち星も千代の富士、魁皇に次いで歴代第3位で、今場所13勝すれば通算1000勝に到達する。またもう一つの歴代3位の記録が初顔相手の連勝記録。白鵬は現在、初対戦となる相手に27連勝している。明日御嶽海に勝てば、玉錦と並んで史上2位タイとなる(1位は朝青龍の34連勝)。御嶽海としてはとにかく離れて相撲を取りたいところだが、そう簡単にはさせてくれないだろう。今日のような善戦を見せてほしい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:58 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする