2016年07月13日

2016.07.13 巨人6-0広島

2回、阿部のソロホームランで巨人が先制。その後はしばらく両チーム無得点が続いたが、6回、阿部のタイムリーと村田の2ランで巨人が3点を追加。さらに7回には橋本、坂本のタイムリーで2点を追加し、日米通算200勝がかかっていた黒田をKOする。このリードを投手陣がしっかり守り切り、巨人が前半戦最終戦を勝利で飾った。

先発の田口は6回無失点。プロ3年目にして広島戦初勝利、そして地元広島で初勝利を挙げた。それもきっと子供のころから見ていただろう黒田に投げ勝ったとあれば相当な自信になるのではないだろうか。防御率も2点台まで改善されてきたし、このままローテを守りぬいてほしい。

打線は黒田を攻略。今日は1番橋本、2番山本が仕事をした。6回はとくにそうだけど、やっぱり上位が出塁できれば得点の可能性がぐっと高まる。橋本も山本も決してレギュラー安泰の選手ではないので、自分のためにも今後も打ってほしいと思う。

今日で前半戦が終了。巨人は84試合で40勝41敗3分。借金1ながら2位で折り返しとなった。考えてみれば交流戦が終わった時も借金1で、もっと言えば交流戦突入前も借金1だった。つまり1ヶ月半くらい5割推移をしていることになる。もっと負けているかと思ったが意外と頑張っていた。それでも借金1なことに変わりはない。首位広島との差は10ゲーム。巨人としてはとにかく5割に戻し、ひとつずつでも貯金を増やしていくこと。まずはAクラスを守りたい。後半戦は来週月曜日、阪神戦からスタート。

そして金曜日、土曜日はオールスター。巨人からは菅野、マシソン、坂本の3人が出場する。マシソンは意外にも初出場。菅野と坂本はファン投票での選出なのでスタメン、つまり菅野は先発となる。3人ともインパクトのある活躍を期待している。それから明日はフレッシュオールスターで、巨人からは長谷川、岡本、重信が出場。こちらも活躍を期待。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 22:47 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年名古屋場所 4日目●日馬富士

4日目 ●御嶽海(寄り切り)日馬富士○

3日連続の横綱戦となった御嶽海。今日も立ち合いで思いっきり当たっていったが、日馬富士の方がより速く、低くぶつかってきたため御嶽海は上体を起こされる。日馬富士はそこから中に入り、一気に寄り切り。御嶽海は今日も抵抗できず、4連敗となった。

御嶽海がやりたい相撲を日馬富士が完璧にやった、という感じ。低く当たって相手の上体を起こし、中に入ってそのまま一気に勝負を決めるというのはまさに御嶽海にとって理想の形だと思う。下位相手にはできるようになってきたが、上位、とりわけ横綱・大関相手にはまだ速さも強さも上手さも足りないということなのだろう。でも今場所はこれでいい。この経験を活かすのが大事。

4連敗はまあ想定通りだが、ここまで全部寄り切りで負けているというのが面白い。これはたぶん、御嶽海は組み止めてしまえば怖くないというのを知られているのもあるだろう。横綱や大関が御嶽海のことをちょっとでも研究している、そう考えたらそれはそれですごいことだなと感じる。

ちなみに、昨日土がついた横綱・鶴竜が今日から休場。場所前から腰を痛めていたようで、それが昨日の取組で悪化したとのことだが、御嶽海は3横綱と対戦できてラッキーだったな。

横綱戦が終わったが、明日からはまた大関との対戦。明日の相手は大関・琴奨菊。琴奨菊は現在32歳。稀勢の里とはライバルであり、どちらが先に大関になるかと期待されていたが、琴奨菊の方が一場所早く昇進。その後はケガの影響もあり、勝ち越しはしても10勝まではいかないという場所が多かったが、今年の初場所で3横綱を破り、14勝1敗で初優勝。日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たした。しかしその後の綱取りは失敗。先場所は10勝したが、今場所は絶不調で、初日からまさかの4連敗となっている。ということで、御嶽海にとっては大関戦勝利の絶好のチャンスかもしれない。まあ、琴奨菊も連敗脱出のチャンスと思っているかもしれないが。琴奨菊の持ち味はがぶり寄り。相手の形になってしまったらまず勝ち目はないだろう。今日自分がやられたように中に入れれば勝機が出てくるかも。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 21:47 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48応援日記 Vol.021

・あゆたろう氏がフォトログ1日100回更新を達成
あゆたろう(中村歩加)が今月10日に、NGT48 Mobileでメンバーが更新しているフォトログの1日100回更新に挑戦し、見事達成した。







公式ツイッターが選挙っぽくなってるのはおそらくこの日に参院選をやってたからだと思われる。
あゆたろうはこれに挑戦する前からメンバー1フォトログの更新が多かったが、1日で、しかもAKBグループの夏祭りの日に100投稿やってのけるとは。さすがに100記事全部内容が濃いとは言えないけども、写真もひとつひとつちゃんと変えてるし面白いので、まだ見てない人は見てみてほしい。

とりあえずあゆたろう、お疲れさまでした。


・『PORT』第35回〜第38回の感想
溜まってしまったのでまとめて感想。

第35回はおーたき(大滝友梨亜)、まうまう(橋真生)、あやにゃん(宮島亜弥)。この日はパジャドラ公演の初日だったのでアラレさん1人の部分は生放送だったがNGTのパートは収録。総選挙の他、パジャドラでやりたいユニットや女子学生限定公演などについてのトークだった。ちなみにまうまうは「純情主義」をやりたいと言っていたが今のところは「天使のしっぽ」担当、あやにゃんは希望通り「てもでもの涙」を担当(もう1つの希望である「天使のしっぽ」はまだ)。おーたきさんは初日がまだだが「天使のしっぽ」希望。でもまあ…違うだろうな。今回は3人の中でダントツの最年少のはずのまうまうが途中からご意見番みたいな感じになってて面白かった。そして時々出る中学生らしさがまたいい。

第36回は2週連続のまうまうと、あゆたろう(中村歩加)、みーずん(水澤彩佳)。2週連続出演で2週ともダントツ最年少のまうまうだったが、今回の方がより子供っぽかったような気がする。喋り方は落ち着いてるんだけど、ところどころ(バイトに憧れるところとか)に無邪気な感じが出ていて良かった。なんでだろう、やっぱり子供の扱いがうまいみーずん先生がいたからか。今回は総選挙のポスターやアピールコメント撮影の裏側が聞けたのが面白かったかな。アピールコメントは撮り直しも可能と。

第37回はアヤカニ(太野彩香)、りかちゃん(中井りか)、もふちゃん(村雲颯香)。それから総選挙前ということもあってきたりえとゆきりんがコメント出演。ゆきりんはコメントではあるが『PORT』初登場。今回は総選挙1週間前ということもあり(収録はもっと前だと思うが)、総選挙の話題ではさすがにちょっと緊張してる感じがあった。でもりかちゃんがいたので『ひぐらし』の話とかも聞けて良かった。出てきただけでメンバーにイジられるもふちゃんが容易に想像つく。

第38回は総選挙当日ということで、2時間の特別番組に。最初の30分は第36回、第37回のメンバーによる事前収録、その後1時間半が総選挙会場のエコスタからの生放送という形になった。事前収録パートはメンバーによる2年後の総選挙トップ3予想。NGTのメンバーに入っていてほしい、けど自分はいれない、というのが謙虚というかなんというか。生放送パートはNGTからはアヤカニとがたねぇ(西潟茉莉奈)がフル出演、その他ランクインしたかとみな(加藤美南)、もふちゃん、みーずんがNGTパートで出演。その他姉妹グループから、アンダーガールズ以下にランクインし、年齢的に出演可能なメンバーが3人ずつ登場した。そしてMCもアラレさんの他に島村仁さんが登場。メンバー同士とか、MCとメンバーとはそれなりに会話できてたけど、アラレさんと島村さんがいちばんかみ合ってなかったような気がする。まあいいんだけど。内容的にはみいちゃん(峯岸みなみ)に対して人見知りなのか緊張なのか、思いっきり距離を取るアヤカニが面白かった。

posted by K at 00:38 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.07.12 巨人3-13広島

初回、坂本のタイムリーで巨人が1点を先制。しかし2回、新井のホームランで広島が同点に。さらに3回、新井、鈴木、下水流のタイムリーと石原の内野ゴロの間に計4点を挙げる。巨人は4回、小林の2点タイムリーで2点差とするが、5回、新井の2ラン、下水流の2ラン、菊池、丸、そしてこの回2打席目となった新井のタイムリーが出て、この回なんと7点。7回にも菊池の犠牲フライで1点を追加した広島が大勝となった。

先発の内海は3回途中5失点。ここまでは安定した成績を残していたが今日はめった打ちにあった。その後に出てきた投手もみんな打たれてるのでもう今日はみんな悪いんだけど、それでもやっぱり先発で試合を作れなかった内海の責任が大きいと思う。

打線は途中までは食い下がったが、あまりに点差が離れすぎた。野村相手に4回までに3点取ってるのは悪くはないと思うが、勝負が決まった後にも1点、2点ほしかったところ。

明日の先発は巨人が田口、広島が黒田。前回久々に勝ち投手となった田口。そろそろ地元の広島で勝ちたいところだが、田口はマツダスタジアムを苦手としている。克服してほしい。対する黒田とは今季3度目の対戦。ここまでは1勝1敗、防御率3.86で、セリーグの中では実は一番黒田を打っている。黒田は現在日米通算199勝。当然、地元での200勝達成を狙っていることだろう。巨人はオールスター前最終戦、圧倒的アウェーの中で勝利で終われるか。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 00:07 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする