2016年07月16日

平田梨奈が卒業を発表

AKB48の平田梨奈が今日、誕生日に行われた自身の生誕祭で卒業を発表した。

本人のコメントによると、同期の岩田華怜が卒業した時から考えていて、自分はAKBに甘えてしまっていて、やりたいことができていなかったから決断したとのこと。またもう1つの理由として、大学に行きたいとのこと。

ひらりーはすごく万能なメンバーというイメージがある。英語はペラペラ。入った当初は日本語がだいぶ怪しかったが今は全然問題ないし、歌もダンスも一流。他のメンバーの生誕祭も常に盛り上げていてムードメーカーの役割もこなしていた。12期はひらりーを含め個性の塊みたいなメンバーばかりだが、その真ん中にいたのはひらりーだったんじゃないかと思う。だからこそひらりーが1回も総選挙でランクインできなかったのは不思議だし、英語だけではないひらりーの才能を活かしきれなかったのは非常にもったいなかったと思う。

今後については詳しくは言わなかったが、これからも私の活動に期待してほしいみたいなことを言っていたので、芸能活動はやるのかなと思う。というか、やってほしい。個人的には、以前からひらりーは芸能界で活動していく人だと思っていたし、きっと活躍できる。大学行きながらでもできるだろうし。

12期生の卒業は今年卒業した華怜以来。12期はこれで残りが5人となる。あとのメンバーはしばらく大丈夫かなとも思うんだけど、でも分からないな。

チームAはすでにあーみんとこじはるが卒業発表をしており、ひらりーも卒業すると兼任含めたメンバー数が16人となる。A公演はそもそもそんなに多くないんだけど、これはさらに少なくなりそうな予感が…。16期はまだ募集しないのだろうか。

卒業の日程は未定。夏はいろいろイベントをやっているので、それが落ち着いた9月くらいになるんじゃないかと予想。ちゃんと12期が集まれる日程を組んでほしいと思う。

posted by K at 23:41 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年名古屋場所 7日目●豪栄道

7日目 ●御嶽海(上手出し投げ)豪栄道○

最後の横綱大関戦となった7日目。立ち合いで中に入ったのは豪栄道。あっという間に左上手を取ると、そこから上手出し投げ。御嶽海は連日の大関撃破とはならなかった。

今日は完敗かな。豪栄道が速かった。自分の形になるのも勝負を決めるのも。御嶽海は幕内だと体格が小さい方なので、力をつけるのも大事ではあるが、今日の豪栄道のように速攻を決めるのも有りだとは思った。今後は立ち合いで先行できる速さを身につけたいところ。

御嶽海にとって初めての横綱大関戦は1勝6敗という結果になった。全敗じゃなかっただけでも健闘だと思う。照ノ富士に勝ったのはもちろんだが、鶴竜を押し込んだりしたことも自信になったんじゃないかと思う。この経験を明日以降、そして来場所以降に活かしたい。

心配なのが今日痛めたように見えた右足。場所前の稽古で痛めたのは左足なので、悪化したのではなく新たに痛めたことになる。まあ、今日下がるときも自力で歩いていたのでそこまで重症ではないようにも思うが、1日経つとより悪くなるということもあるからまだ分からない。個人的には場所前に思っていたのと同じで、出られるなら出てほしいけど無理する必要はないと思っている。そのへんはケガの状況と本人の気持ち次第だと思う。

明日の相手は関脇・魁聖。魁聖とは今年の春場所で対戦し、そのときは寄り切りで魁聖が勝っている。横綱大関戦は終わったが、まだ三役との対戦は残っている。明日からは1つでも勝ちを積み上げていきたい。今場所の上位は御嶽海以外は上位常連の力士たちばかりなので、残りの8日間でもし五分くらいの成績が残せるなら、上位でもやっていけると思う。まずは明日、大型力士の魁聖にどう挑むか。照ノ富士戦の経験を活かせるか。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:07 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オールスター2016 第1戦結果

オールスター第1戦はヤフオクドームで開催。全セの先発は巨人の菅野、全パの先発はソフトバンクの和田。先発の2人はともに2イニングを完璧に抑える。試合が動いたのは4回、巨人・坂本のホームランで全セが先制する。5回にはDeNA・筒香、ヤクルト・バレンティンにもホームランが出て3-0とするが、その裏、ソフトバンク・長谷川のホームランで全パも1点を返す。8回、ロッテ・田村のタイムリーで全パが1点差に迫るが、9回、DeNA・戸柱の2点タイムリーで再び3点差に。全パはその裏、西武・栗山の2ランでまたも1点差に迫ったが、あと一歩及ばず、初戦は全セが制した。

ホームランが5本出て、最後までどっちが勝つか分からない展開ということで現地で見た人にとっては非常にいい試合だったと思う。テレビで見てても単純に試合として面白かったし。ただセリーグは10安打したけど、パリーグは4安打だったのでパリーグの打者は不完全燃焼かも。

一番印象に残ったのは西武の栗山。長年にわたって活躍している選手だがオールスターとは縁がなく、15年目にして初出場。その初打席で2ランホームランを打った。本人もずっと出たいと思っていただろうし、これはちょっと感動した。

巨人の選手は3人とも出場。菅野は先発で2イニングをパーフェクトに抑えた。その後がホームラン合戦になったのでちょっと印象が薄くなってしまったかもしれないが、大役を見事に果たした。坂本は両チーム初安打となる先制ホームランで敢闘選手賞を受賞。MVPは2安打した筒香に譲ったがインパクトを残した。マシソンはリリーフで8回に登板し、1失点したものの注目の大谷は抑えた。球速も157キロ出てたし、初めてのオールスターでまずまずの結果ではないだろうか。明日も出るかもしれないし。

明日は横浜スタジアムで開催。先発は全セがDeNAの石田、全パがロッテの涌井。

posted by K at 00:52 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする