2016年07月18日

2016.07.18 巨人2-1阪神

今日から後半戦がスタート。先発は巨人がマイコラス、阪神がメッセンジャー。4回、原口のタイムリーで阪神が先制。しかし6回、山本のプロ初打点となるタイムリーで巨人が同点に追いつく。そして迎えた9回、阿部のタイムリーで巨人が勝ち越し。このリードを守った巨人が後半戦白星スタートとなった。

先発のマイコラスは7回1失点。今季4試合目でいちばんいいピッチングだった。四死球0というのがとくに良かった。この調子を続けてくれれば昨年のように柱になれるかもしれない。

リリーフもしっかり抑えた。マシソンはこれでチームトップの7勝目。なんかおかしい気がするけどまあチームが勝てばいいか。

打線はメッセンジャーに苦戦したが、ピッチャーが代わった9回に勝ち越した。相変わらず阿部は頼もしいが、山本のプロ初打点もめでたい。2番もセカンドも埋めてくれればチームにとっても非常にありがたい。この調子でいってほしい。

今日の勝利でおよそ1ヶ月ぶりに5割復帰となった。一気に貯金を増やしていきたいところ。明日の先発は巨人が内海、阪神が能見。前回は3回途中5失点と崩れた内海。阪神戦は前回7回途中1失点の好投で勝っている。前回から立て直せているか。対する能見とは今季初対戦。ここまでは15試合に投げて5勝7敗、防御率3.70。ここ最近は安定して5回から6回を投げている。明日は早めに打ちたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:21 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年名古屋場所 9日目○琴勇輝

9日目 ○御嶽海(押し出し)琴勇輝●

突き押しを得意とする両者の対戦。立ち合いは琴勇輝が上回り、御嶽海を押し込む。しかし御嶽海も負けじと押し返していく。すると琴勇輝が叩きにくるが、これについていった御嶽海が押し出し。今場所2勝目を挙げた。

立ち合いは琴勇輝のパワーが目立った。御嶽海も体の割に力はある方だと思うが、やはり上位で12勝したこともある琴勇輝の方が上だった。しかしそこで下がらずについていったのが勝ちにつながった。琴勇輝が今場所まだ勝ってないのもプラスに働いたかな。相手が調子良かったら勢いのまま押し出されていたかもしれない。

これで2勝目、まずは1日踏みとどまった。まだ勝ち越しがなくなったわけではないので、この調子でいってほしい。明日の相手は正代。10日目にして今場所初めて、自分より番付が下の相手との対戦となる。とはいえ正代ももちろん強敵。これまで4度対戦して1勝3敗と負け越している。正代は先場所、初めての上位総当たりの場所で6勝9敗。入門以来初の負け越しを経験した。今場所は東5枚目でここまで6勝3敗。すでに中位では勝ち越す力を持っているようだ。同じ相手と5度目の対戦というのは御嶽海にとっても正代にとっても最多タイ。今後も何度も対戦するだろう。御嶽海は前回勝ったいいイメージのままいきたい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:35 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする