2016年07月19日

平成28年名古屋場所 10日目●正代

10日目 ●御嶽海(寄り切り)正代○

立ち合いで踏み込んだのは御嶽海。しかし早々に正代が左上手を取り有利となる。正代は右下手を取って万全の体勢にしようとするが、御嶽海は半身になって下手を取られるのを防ぐ。お互いに攻めきれないまま1分を超える長い相撲となったが、最後は正代が一気に寄り、御嶽海の下手出し投げよりわずかに早く寄り切って勝負あり。通算5度目の対戦は正代が制し、御嶽海から見て1勝4敗。御嶽海は今場所の負け越しが決まった。

ずっと正代が有利だったんだけどよく粘ったと見るべきか、そもそも相手に有利な体勢を作られてしまったのが悪いと見るべきか。でもやっぱりすぐにまわしを取られてしまったのはちょっと残念。立ち合いの当たりはものすごく良かったと思うんだけど、正代は身体が強いのか上体を起こせなかった。そこが勝負を分けたんじゃないかと思う。

負け越しは決まったが、ここからが大事。来場所の番付の下落を少しでも緩やかにするために、1つでも多く勝ちたい。残り全部勝てば来場所も上位と当たる位置に残れるはず。残り5日間も全力でいってほしい。

明日の相手は関脇・栃ノ心。栃ノ心とは先場所対戦し、その際は押し倒しで御嶽海が勝っている。栃ノ心は今場所新関脇に昇進したが、ここまで2勝8敗とすでに負け越しが決まっている。おたがいに1つでも多く勝ちたい状況だが、どちらが勝つのか。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:41 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.07.19 巨人6-1阪神

2回、橋本の2点タイムリーで巨人が先制。さらに3回、村田の2点タイムリー、橋本の2打席連続となる2点タイムリーで4点を追加。6-0とする。阪神は5回、原口のホームランで1点を返す。しかしその後は巨人の投手陣が阪神の反撃を封じ、このままゲームセット。巨人が連勝で貯金1とした。

先発の内海は7回1失点。危ないシーンもあるにはあったが、序盤の大量援護が効いて良い感じに投げられたのではないかと思う。これで5勝目。まさかもう田口に並んで菅野に近づくとは思わなかった。この2人に援護がなさすぎるだけかもしれないが。

中継ぎは山口と宮國が投げた。マシソンや澤村を投げさせずに勝てたというのは大きい。ここ数年の巨人は勝つときはだいたい接戦で、勝ちパターンをこれでもかと投入する試合が多いので、今日みたいな勝ち試合を増やしていきたい。

打線は序盤に6点。橋本が4打点の大活躍を見せた。序盤は言うことなしだが、中盤以降もチャンスはあったのでそこでダメ押しできていればなお良かった。

久々の貯金1。広島が強くて差が縮まらないが、こっちはとにかく勝つしかない。まずはもう5割を切らないようにしたい。明日の先発は巨人が田口、阪神が青柳。防御率リーグ5位ながらまだ5勝の田口。しかし、阪神戦に限っては今季は3戦3勝と得意にしている。3試合の防御率は1.27。明日も好投を見せてほしい。対する青柳とは今季2度目の対戦。前回は7回無失点としっかり抑えられ敗れた。2度目の対戦となるので攻略の糸口を見つけたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:09 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする