2016年07月23日

2016.07.23 巨人4-6DeNA

2回、村田のタイムリーで巨人が先制。4回、倉本のタイムリーでDeNAが同点に。6回、阿部のタイムリー、DeNA・井納のワイルドピッチ、ギャレットのタイムリーで巨人が3点を勝ち越し。しかしその裏、DeNAは下園のタイムリー、白崎の2点タイムリーで同点。さらに桑原の2点タイムリーで勝ち越した。このリードを守ったDeNAが連勝、カード勝ち越しを決めた。

先発の大竹は6回途中4失点。5回までは悪くなかったが、味方が勝ち越した直後に崩れるというのはちょっと印象が悪い。四球でないだけまだいいけど、このイニングを抑えればあとは勝ちパターンに、というところだったので残念だった。

中継ぎも流れを止められず。まあ大竹が急に崩れたので用意ができてなかったのかもしれないが、なんとか止めてほしかった。戸根と矢貫は良いピッチングだった。

打線は4点。6回までの攻撃はそんなに悪くなかったが、チャンスであと1点、2点たたみかけることができていればまた展開が違ったかもしれない。坂本に2本ヒットが出たのは良かった。

明日の先発は巨人がマイコラス、DeNAが今永。前回、7回1失点の好投を見せたマイコラス。DeNA戦は今季2度投げて防御率6.75。そろそろ勝ちたいところだろう。対する今永とは今季3度目の対戦。ここまでは防御率2.57と抑えられているが、まだ今永に勝ちはつけていない。今永はおよそ1ヶ月ぶりの1軍登板となるが、打線はマイコラスに初勝利をプレゼントできるか。

タグ:DeNA 巨人 野球
posted by K at 22:25 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年名古屋場所 14日目●蒼国来

14日目 ●御嶽海(寄り切り)蒼国来○

立ち合いから自分本来の突き押しを見せる御嶽海。しかし蒼国来に上手を取られ、組み止められてしまう。この時点で蒼国来有利の形となるが、御嶽海も下手投げで逆転を狙うなど食い下がり、長期戦に。時間が2分に迫った頃、最後は右下手も取った蒼国来が寄り切り。大熱戦の末敗れた御嶽海はこれで10敗目となった。

敗れはしたが非常に見ごたえのある一番だった。序盤は相手にまわしを与えずに良い形で攻めていたが、できればここで勝ちたかった。まわしを取られてしまうとどうしても厳しい。今日は下手投げで相手をギリギリまで追い込んだりもしたが、あと一歩決め切れなかった。最後はちょっとスタミナが切れたような感じで、体力ももうちょっとつけていきたいところ。

試練の名古屋場所もあとは千秋楽を残すのみ。千秋楽の相手は徳勝龍。徳勝龍は今場所西12枚目でここまで6勝8敗。もっと上の番付にも負け越している力士がいるのでそっちと当たると思っていたので、徳勝龍とは意外なところと組んできたな。過去は1勝2敗だが、うち1敗は不戦敗によるものなので、相撲では1勝1敗。4勝と5勝では来場所の番付も結構変わってくると思うし、何より勝って終わりたい。千秋楽は自分の相撲で勝ちたい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:05 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする