2016年07月27日

2016.07.27 巨人7-2広島

初回、長野の先頭打者ホームランで巨人が先制。さらに村田のタイムリーで1点を追加する。3回には阿部の2ランで2点を追加。広島は5回、田中の内野ゴロの間に1点を返すが、6回、巨人はギャレットの2ランでさらに2点を追加する。7回には鈴木のホームランで広島が1点を返すが、8回、山本のタイムリーでダメ押しの1点を追加した巨人が快勝。広島はこのカードで連勝すればマジックが点灯したが、それを阻止した。

先発の田口は7回2失点。強力広島打線を4安打に抑えた。とくにクリーンナップを無安打に抑えたのが良かった。優勝を目指すならば絶対に負けられない一戦で、プレッシャーもあったとは思うがナイスピッチングだった。まだ高卒3年目なのに頼もしい。

打線は先制、中押し、ダメ押しと効果的に得点を重ねた。広島投手陣の中でも特に苦手にしていたジョンソンを攻略するとは思っていなかった。今は打順がぴったりはまっているような感じがするが、今日はほんとに素晴らしかった。

今日の試合で、ジョンソンの連続QS記録(昨年から32試合連続)、そして鈴木誠也の「ホームランを打つと負けない」記録(プロ入りから18試合連続)を止めた。こういう記録が続いているとそのチーム全体が盛り上がるので、それを止めたのは大きい、と思いたい。

明日の先発は巨人が菅野、広島が福井。菅野は中5日。当然首位広島を追いかけるためだろう。菅野の今季の対広島は1試合投げて1勝。このときは9回2失点の完投勝利だった。今の打線を信じるならば、菅野が普段通りのピッチングをすれば勝てるはず。対する福井とは今季3度目の対戦。これまでは0勝0敗、防御率2.40と抑えられているが、試合自体は巨人が勝っている。福井自身は明日が5月8日以来の一軍登板。連勝して広島に少しでも近づきたい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 22:23 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする