2016年08月02日

2016.08.02 巨人7-2中日

4回、阿部のタイムリーで巨人が先制。さらに、ギャレットのタイムリー、脇谷の2点タイムリーでこの回一挙4点を先制する。続く5回には村田の犠牲フライで1点を追加、5-0とする。その裏、中日は今日プロ初出場を果たした近藤の2点タイムリーで3点差に迫るが、巨人は7回と9回に、ともに村田のタイムリーで1点ずつを追加しダメ押し。巨人はこれで4連勝となり、貯金を5とした。

先発の今村は5回2失点。一軍での先発は6月11日以来となったが、まあこんなもんではないかと。もう1イニング投げればさらに良かったが、リードを守ってイニングを投げ切っての降板なのでまずまずといったところ。次はさらに良いピッチングを見せてほしい。

打線は村田が大活躍。5回以降の中押し、ダメ押しとなる3点をすべて村田が挙げた。ここ最近はシーズン序盤が嘘のような勝負強さを見せている。今日の時点で38打点となり、昨年の39打点にほぼ並んだ。このままどんどん伸ばしていってほしい。

貯金5となったのは5月20日以来。この貯金5を維持できればまずBクラスに落ちることはないだろう。今季の最多貯金は7で、できればこれを更新したい。明日の先発は巨人が田口、中日が大野。現在3連勝中の田口。好投も続いており、気づけば防御率は菅野、広島のジョンソンに続いてリーグ3位となっている。中日戦は今季まだ勝利がないが、チームの調子にうまく乗りたい。対する大野とは今季3度目の対戦。巨人は今季大野を非常に苦手にしており、過去2試合はいずれも大野が完投、とくに前回は完封勝利を挙げている。しかし大野自身はその巨人戦以降勝ちがなく、3連敗中。好調な巨人打線が大野を攻略できるか。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:02 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする