2016年08月05日

2016.08.05 巨人5-4広島

2回、會澤のホームランで広島が先制。しかし直後の3回、長野のタイムリーで巨人が同点に。その裏ルナのタイムリーで再び広島がリードするが、5回、ギャレットのホームランで巨人が再度同点とする。巨人はその後のチャンスで早くも菅野に代打を送り継投に。しかし7回、ルナのタイムリーで三度広島が勝ち越す。それでも諦めない巨人は8回、阿部のダブルプレーの間に1点を取りまたも同点に。そして9回、坂本のタイムリーでついに勝ち越し。さらに阿部の犠牲フライでもう1点を追加する。その裏、澤村が赤松にタイムリーを打たれ1点差とされるが、最後はなんとか逃げ切って勝利。巨人は6連勝で広島とのゲーム差を5.5に縮めた。

先発の菅野は4回2失点。5回に代打を送られ早めの交代となったが、なにかアクシデントがあったのだろうか。最近勝てていないが決して悪いピッチングをしているわけではないし、なによりエースがもしここで離脱ということになると非常に痛い。大事を取っただけだと思いたい。

ということで5回からは中継ぎ6人をつぎ込んで必死の継投となったが、2失点でとどめた、と思っていいのではないだろうか。まあ打たれた西村と澤村は反省して次につなげてほしいが、突き放されなかったのが逆転につながっただろうし、今日はよく頑張った。

打線は粘り強さを見せた。3連戦の初戦にジャクソン、中アといった相手の勝ちパターンを打ち崩したのが非常に大きい。今日は先発野手全員安打でまんべんなく打ったが、決勝点は坂本。ここ10試合のうち9試合でマルチヒットというものすごい成績によって一時落ち込んでいた打率がグングン上昇。現在首位打者となっている。山田と筒香が三冠王なるかと騒がれているが、首位打者争いに割り込んで面白くしてほしいと思う。もちろんタイトルを狙っていくつもりで。

最低でも勝ち越し、できれば3連勝したいこの3連戦の初戦を取った。もし3連勝すればゲーム差は3.5、ここまで迫ればいよいよわからなくなる。残る2戦も取りたい。明日の先発は巨人が大竹、広島が黒田。実は2ヶ月以上負けていない大竹。しかし今季唯一の負けは広島戦で喫している。その際は6回3失点とそれほど悪くはなかったが、その時を上回る内容を期待したい。一方の黒田とは今季4度目の対戦。これまでは黒田から見て1勝2敗、防御率5.23。前回の対戦では7回途中6失点と打ち崩している。今日もなんだかんだで5点取っているので打線の調子は落ちていない。明日も大竹を援護したい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 23:56 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする