2016年08月10日

2016.08.10 巨人5-2DeNA

3回、橋本の2点タイムリー3ベースで巨人が先制。4回にはギャレットの振り逃げの間にランナーが還り、1点を追加する。巨人の先発・田口は6回途中までノーヒットに抑える好投を見せ、7回まで無失点。するとその裏には田口が自らヒットを打って出塁し、続く長野の2ランでダメ押しの2点を追加。田口は8回、四球を出したところで降板し、2番手の田原が宮崎に2ランを打たれたが、反撃をそれだけにとどめた巨人が連勝。貯金は今季最多の9になった。

先発の田口は8回途中1失点。今日も素晴らしいピッチングだった。7月からまた調子を上げた感じがある。その7月は月間MVPを受賞したが、これで今月も2連勝、しかも16回2/3で1失点と抜群の成績を残している。2ヶ月連続もあるな。母校も甲子園で初戦を突破したし、ノッてると思う。

打線はわずか4安打ながら5点。四球や暴投を活かして得点を重ねた。坂本の連続試合安打は止まってしまったが、阿部は今日も打って23試合連続安打。球団記録は30試合、日本記録は33試合だが、今の阿部ならひょっとして、という気もする。

今日は広島が敗れたため、ゲーム差は4.5に縮まった。この調子。明日の先発は巨人が今村、DeNAがペトリック。前回、5月14日以来の白星を挙げた今村。前回は5イニングだったが、明日はもう少し長いイニングを投げてほしい。今澤村が5試合連続で投げているので、明日は休ませられるような試合展開にしたいところ(もちろん負ければいいということではない)。対するペトリックとは初対戦。先月から先発に転向し、2勝を挙げている。防御率はリリーフ時を含めて5.08とあまり良くないので、しっかり打って3連勝を決めたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 22:04 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リオオリンピック 大会5日目の主な結果

大会5日目のメダル結果。

【銀メダル】
坂井聖人  水泳・競泳男子200メートルバタフライ

【銅メダル】
永瀬貴規  柔道・男子81キロ級
羽根田卓也 カヌー・スラローム男子カナディアンシングル
日本    水泳・競泳男子4×200メートルリレー


競泳で競技初日以来のメダルが誕生。坂井は150メートルまではメダル圏外だったが、ラスト50メートルで猛烈な追い上げを見せ、金メダルのフェルプスと0.04秒差の銀メダル。5位だった瀬戸を上回った。そして800メートルリレーでは萩野、江原、小堀、松田が強豪相手に一歩も引かず、この種目では前回の東京五輪以来となるメダルを獲得した。柔道では女子の田代は惜しくも3位決定戦で敗れたが、男子の永瀬が銅メダル。この2人は若いので東京五輪でも期待。そして個人的にもちょっと見落としていたカヌーで、羽根田が日本初のメダルを獲得。予選上位2人を残して3位というギリギリの展開だったが、その2人にミスも出たことで、ミスなく終えた羽根田が表彰台に上った。

それ以外では、競泳では男子200メートル平泳ぎの準決勝で渡辺が五輪新記録を更新。全体1位で決勝進出を果たした。小関も4位で決勝へ。女子200メートルバタフライでは星が4位で決勝進出。こちらもメダルの期待がかかる。卓球では男子の水谷と女子の福原が準決勝に進出、メダルに王手をかけた。男子の7人制ラグビーでは初戦でニュージーランドを破る大金星を挙げ、決勝トーナメント進出が見えてきた。体操女子団体は4位入賞。メダルまであと一歩だったが、大健闘と言っていいだろう。

6日目の注目、まずは柔道。男子は今回日本勢唯一の世界ランキング1位、ベイカー茉秋が登場。男子2つ目の金メダルを目指す。女子は2大会連続出場の田知本遥で、ケガもあってメダルを取れなかった前回のリベンジを期す。体操は男子個人総合に内村と加藤が登場。2連覇を目指す内村はもちろんだが、加藤も団体の演技を見る限り相当良い。1,2フィニッシュも期待できるか。卓球は女子シングルスが決勝まで行われる。福原がまず個人でメダルを取れるか。競泳は男子200メートル平泳ぎに渡辺と小関、女子200メートルバタフライに星が登場。3人ともメダルは射程圏内だ。テニスは男子シングルス3回戦に錦織とダニエルが登場。これに勝てばベスト8となる。

posted by K at 18:28 | Comment(0) | リオ五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする