2016年08月13日

2016.08.13 巨人1-2ヤクルト

2回、西田のホームランでヤクルトが先制。4回には鵜久森の内野ゴロの間に1点を追加する。巨人は7回、ギャレットのソロホームランで1点を返したが、チャンスでのあと1本が出ず、このまま敗戦。痛い連敗となった。

先発の大竹は5回途中2失点。失点は2だったが、7安打と結構打たれていたのでここでの交代は仕方ないところか。5回は2番手で登板した山口が抑えたため無失点だったが、イニング途中で降板するとその後がいろいろと苦しくなる。次はしっかり投げ切ってほしい。

打線はギャレットのホームランのみ。今日は頼みのクリーンナップがノーヒットだったので、これでは勝てない。こんな日もあると割り切るしかないか。

明日の先発は巨人がマイコラス、ヤクルトが館山。7月31日と同じ顔合わせで、このときはマイコラスが8回1失点、館山が4回8失点で巨人が大勝した。巨人は今季館山を得意にしているが、ここにきてちょっと、打線の調子が落ちてきた感がある。明日どれだけ点を取れるかは注目。

posted by K at 23:29 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リオオリンピック 大会8日目の主な結果

大会8日目のメダル結果。


【銀メダル】
原沢久喜 柔道・男子100キロ超級

【銅メダル】
山部佳苗 柔道・女子78キロ超級


柔道は最終日の重量級でも男女ともにメダルを獲得。原沢は決勝まで進んだが、世界一指導を取るのがうまい王者をとらえきれず銀メダル。山部は準決勝で敗れたものの、気持ちを切り替えて3位決定戦で勝利した。これで全種目が終わった柔道は、14階級中12階級でメダルを取り、とくに男子は7階級制になってからは史上初めて、全階級でメダルを獲得する快挙を達成した。金は3つだったが、東京五輪に向けて、いい結果を残せたと思う。

その他の競技では、テニスの錦織がモンフィスとの死闘を制して準決勝に進出、メダルに王手をかけた。この試合はほんとに奇跡と言いたくなるようなものすごい試合だった。見てるだけのこっちでさえ緊張しっぱなしだったので、やる方はもう想像を絶するものがあったんじゃないかと思う。準決勝はマレーとの対戦となる。卓球は女子団体がスタート。日本は順調に1回戦を突破し準々決勝進出を決めた。日本の実力なら準々決勝も問題ないと思われ、準決勝が山場となりそう。バドミントンは絶好調で、ダブルス3組は2連勝で決勝トーナメント進出を決め、女子シングルスの奥原、山口もまずは初戦を勝利した。男子ダブルスは格上の2組に連勝しており、かなり勢いがつきそうだ。陸上の男子20キロ競歩では松永が7位入賞。期待されたメダルには届かなかったが、入賞で陸上陣に勢いを与えられたか。アーチェリー男子の古川は残念ながら準々決勝で敗退、2大会連続のメダルには届かなかった。

大会9日目、陸上では男子100メートルがスタート。日本初の9秒台に期待がかかる。桐生、山縣、ケンブリッジの誰が破るのかって言われているが、いっそ3人とも破っちゃえばいいと思う。テニスでは錦織が準決勝に挑む。残っている相手は錦織にとって分が悪い相手ばかりだが、何が起こるかわからないオリンピックなのでやってくれると信じている。卓球は女子団体が準々決勝、男子団体が1回戦。どちらも問題なく突破してくれるはず。競泳は男子4×100メートルメドレーリレーでメダルを狙う。トランポリンは男子が行われるが、メダルが狙える競技であり期待したい。

posted by K at 14:49 | Comment(0) | リオ五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.08.11 巨人4-5DeNA 08.12 巨人4-5ヤクルト

11日:3回、筒香のタイムリーでDeNAが先制。5回には梶谷の3ラン、筒香のホームランで4点を追加し、DeNAが突き放す。巨人は7回、村田のホームランでまず1点を返すと、クルーズのタイムリー、堂上のタイムリー、長野のタイムリーで3点を返し、一気に1点差に。しかしあと1点追いつくことができず、巨人は3連勝はならなかった。

12日:2回、鵜久森のタイムリー、西田のタイムリーでヤクルトが2点を先制。しかし巨人は直後の3回、安部の犠牲フライと村田のタイムリーで同点とすると、5回には坂本のホームランが出て勝ち越しに成功する。ヤクルトはその裏、バレンティンのタイムリーで同点とするが、6回、クルーズのホームランで巨人が再度勝ち越す。しかし、ヤクルトは7回、西田のタイムリーで同点とし、8回に西浦のホームランで勝ち越し。このリードを守ったヤクルトがカードの初戦を制し、巨人は久々の連敗となった。

12日の方を振り返ると、5月4日以来の1軍先発となった江柄子は5回途中3失点。菅野の抹消によって出番が回ってきたが、これだと結果を残したとは言えないか。江柄子は2軍では95イニングを投げて防御率1.80と抜群の成績を残しているんだけど、1軍ではなかなか結果が残せない。一皮むけてほしいところだが。

そして今日は高木が中継ぎでおよそ1ヶ月ぶりの一軍登板となったが、2点を取られて負け投手となった。本来は高木が菅野の穴を埋めなければいけない立場だと思うのだが、これだと先発のチャンスがもらえるかどうか。まあ1回くらいは見てもいいと思う。

打線は一時は勝ち越したが突き放せず。4点は取っているが、ヤクルトのチーム防御率がほぼ5点なので、もうちょっと取りたいところではある。

明日の先発は巨人が大竹、ヤクルトが山中。7月30日と同じ顔合わせとなる。このときは大竹が7回無失点、山中が4回3失点で、試合は9-0と巨人が大勝している。このときのいいイメージのまま臨みたい。

posted by K at 00:31 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする