2016年08月18日

2016.08.18 巨人3-2中日

3回、橋本の内野ゴロの間に巨人が1点を先制。しかしその裏、平田の2点タイムリーで中日が逆転する。6回、巨人は村田のタイムリーで同点とする。同点のまま迎えた9回、長野のタイムリーで巨人が勝ち越し。その裏を澤村が抑え、巨人がカード勝ち越しを決めた。

先発の今村は6回2失点。先制してもらった直後に逆転されたのは良くなかったが、そこから追加点を与えずに粘ったのは頑張ったと思う。勝ちはつかなかったが、これならもう1回チャンスはもらえるのではないだろうか。

打線は今日も苦戦。絶好調期は終わってしまったのだろうか。とくに阿部の打率が落ちてきているが、だからといって調子のいい村田やギャレットを4番にすればいいというわけでもなく、今のメンバーだと阿部が4番にいるのが一番いい。なので、阿部に復調してもらうしかない。

非常に危ないところではあったが、なんとか中日に勝ち越した。しかし昨日の負けは大きく、広島とのゲーム差は7。一時は5ゲーム以内まで縮めた差がまた広がってきた。下との差も大きいのでAクラスは確保できそうな状況であり、まだあきらめずに上を狙っていきたい。明日からは東京ドームで阪神との3連戦。阪神には今季大きく勝ち越しているが、なぜか東京ドームでは4勝5敗と負け越している。しかし、優勝を狙うならば確実に3連勝したいところだ。明日の先発は巨人が田口、阪神がメッセンジャー。5連勝中と絶好調の田口。明日もいい内容で勝てば、2ヶ月連続の月間MVPも見えてくる。阪神戦も3勝0敗、防御率1.40と得意にしており、期待したい。対するメッセンジャーとはなんと今季7度目の対戦。毎回当たっていることになる。ここまでは防御率2.20と抑えられているものの、メッセンジャーから見て1勝3敗と試合には勝っていることが多い。対戦カードが変わって打線の調子も変わっていることを願いたい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:05 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リオオリンピック 大会13日目の主な結果

大会13日目のメダル結果。

【金メダル】
登坂絵莉 レスリング・フリースタイル女子48キロ級
伊調馨  レスリング・フリースタイル女子58キロ級
土性沙羅 レスリング・フリースタイル女子69キロ級

【銀メダル】
日本   卓球・男子団体


この日から始まった女子レスリングは、3階級すべてで金メダルを獲得する快挙を達成。しかも3人とも残り30秒から、登坂と伊調にいたっては残り10秒を切ってからの逆転での金メダルという劇的な試合だった。見てる側からするとハラハラしてしょうがなかったが、3人ともとても落ち着いていたなと思う。これで伊調は個人種目としては女子史上初、レスリングでも史上初のオリンピック4連覇を達成した。今日の3人もぜひ続いてほしい。卓球男子団体は決勝で中国と対戦。水谷が1勝し、ダブルスでも最初のゲームを奪う善戦を見せたが、1勝3敗で残念ながら敗戦。それでも男子団体では初となる銀メダルを獲得した。このリベンジは4年後に。

ゴルフは女子がスタートし、野村が11位タイ、大山が19位タイとまずまずのスタート。陸上では男子十種競技の初日。中村が24位、右代が25位で初日を終え、2日目に向かう。またやり投では新井が決勝進出。調子は良さそうで、入賞、さらにその上を狙う。水泳の飛込み・女子10メートル高飛込みでは、16歳の板橋が10位で準決勝に進出。準決勝で12位タイまでに入れば決勝に進める。

14日目の注目はバドミントン。女子ダブルスでは高橋/松友ペアが決勝に登場、バドミントン初の金メダルを狙う。また女子シングルスは準決勝、奥原が決勝進出、メダル確定をかける。レスリングは女子の2日目。今日は吉田、川井、渡利が登場。金メダル独占の快挙なるか。吉田は伊調に続く4連覇を狙う。渡利は名前が「璃穏(りお)」でまさにこの五輪で輝くための名前。がんばってほしい。テコンドーは日本唯一の出場となった濱田が登場。濱田は金メダル候補であり、快進撃に期待。陸上では男子4×100メートルリレーの予選。まずは確実に決勝に残りたいところ。シンクロはチームがスタートする。さらに今日天候の関係で延期となったセーリング・女子470級のメダルレースもある。今日以上のメダルラッシュとなる可能性もありそうだ。

posted by K at 13:51 | Comment(0) | リオ五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.08.17 巨人1-3中日

巨人・内海、中日・バルデスの両先発が好投し、6回まで両チーム無得点。7回、村田のソロホームランで巨人が先制。しかしその裏、ダブルプレー成立の前にランナーが還り、中日が同点とする。さらに8回、高橋周平のタイムリー、大島のタイムリーで中日が2点を勝ち越し。このリードを守った中日が勝利し、連敗を止めた。

先発の内海は8回途中2失点。決して悪い成績ではないが、今日は味方の援護がなかった。内海自身の調子が変わらず良いのは次に向けてもいいことだ。

2番手で出てきたマシソンはタイムリーを2本浴びた。勝ち越し点が内海のランナーなので負け投手ではないが、頼みのマシソンが打たれたというのは痛かった。ただ1ヶ月以上無失点を続けてきただけにマシソンが打たれたらしょうがない。

打線は今日もバルデスを打てず。2試合続けて得点が村田のホームランだけというのは寂しい。ここにきて阿部の調子が落ちてきたっぽいのが非常に心配なところだ。

明日の先発は巨人が今村、中日が佐藤。前回崩れた今村だが、もう1回チャンスをもらった。巨人は明日は絶対に負けられない試合であり、今村にはとにかく奮起してほしい。対する佐藤とは明日が初対戦。佐藤はドラフト2位ルーキー。5月に3試合ほど先発し1勝したが、その後中継ぎに。しばらく一軍登板はなかったが、今月に入って中継ぎで2試合登板。そして明日5月以来の先発となる。打線はルーキーを打って復調したい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 01:48 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする