2016年08月20日

2016.08.20 巨人3-0阪神

初回、阿部のタイムリーに相手のエラーが重なり、巨人が2点を先制。その後は両チームとも点が取れない展開が続く。2-0のまま迎えた8回、ギャレットのホームランで巨人が待望の追加点。最後は澤村が締め、巨人が3連勝。今季最多の貯金10に到達した。

先発の大竹は8回無失点。昨日、長いイニングを投げてリリーフの負担を減らしてほしいと書いたが、ここまで完璧にやってくれるとは正直思ってなかった。3安打無四球10奪三振と素晴らしいピッチングだった。

打線は相手から9四球もらいながらも2回以降は得点できない展開が続いた。昨日は良かったけどやはり下降気味なのは変わっていないか。そんな中で、ギャレットは今日のホームランで20号に到達。巨人の助っ人が1年目で20本打つのは21年ぶり(マック以来)とのことで、開幕当初を考えればよくここまで来たなと思う。日本球界に適応できたのだろう。気が早いが、本人が良ければ来年も残ってほしい。

明日の先発は巨人が高木、阪神が岩貞。順番通りなら明日はマイコラスだったのだが、高木を先発に持ってきた。真意はいまいちわからないが、ケガでないとするならば広島に万全の投手陣をぶつけたいというところだろうか。菅野、マイコラス、内海(or田口)が今現在の一番のローテーションだろうし。高木は2試合ほど中継ぎをしたが、先発は7月7日以来。広島を追いかけるために負けられない試合、結果を残せるか。対する岩貞とは今季2度目の対戦。前回は完封負けを喫しているが、その頃の岩貞と今の岩貞は状態が全然違う。岩貞は5月まで(巨人を完封した試合まで)は防御率0.88ととんでもない成績を残していたが、その次の西武戦で9失点と炎上すると、そこから調子を崩し、現在の防御率は3.99。6月以降は1勝6敗となっている。ということなので、巨人としては前回のイメージは忘れて、しっかり打っていきたい。

タグ:阪神 巨人 野球
posted by K at 23:17 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リオオリンピック 大会15日目の主な結果

メダルラッシュとなった15日目のメダル結果。

【銀メダル】
樋口黎  レスリング・フリースタイル男子57キロ級
日本   陸上・男子4×100メートルリレー

【銅メダル】
奥原希望 バドミントン・女子シングルス
荒井広宙 陸上・男子50キロ競歩
日本   水泳・シンクロナイズドスイミングチーム


陸上は2つのメダルが誕生。400メートルリレーでは北京オリンピックの銅メダルを上回る、過去最高の銀メダルを獲得。記録としても予選で記録したアジア記録をさらに更新し、考えうる限り最高のレースをした。最終的に失格となったが、アメリカを着順で上回る快挙。100メートル9秒台のタイムを持つ選手がいない中、世界一のバトン技術で、実力で銀メダルを手繰り寄せた。今回のチームメンバーはまだ若く、1人1人のタイムもさらに早くなる可能性は高い。気は早いが、4年後は本気で金メダルを狙えるのではないだろうか。

そして競歩では、ずっと上位グループにいた荒井が粘り切って銅メダル。競歩では史上初のオリンピックのメダルを獲得した。しかしこの銅メダルが確定するまでにいろいろあった。荒井は3着でゴールしたが、終盤で4位のカナダの選手と競り合った際に体が接触し、その後カナダの選手がバランスを崩した。ゴール後にカナダ側が抗議して1度は荒井が失格となったが、これに対して日本も抗議。協議が行われた結果、日本の訴えが認められ、失格が取り消しに。これでようやく、荒井の銅メダルが確定した。カナダの選手は明らかに接触した後にバランスを崩して、それが原因で順位が決まったのでカナダ側の抗議も分かるが、どう見ても荒井がわざとぶつかったようには見えないし、正しい裁定をしてくれて良かった。競歩は近年ずっとメダルが取れると言われながらあと一歩届かない展開が続いていたので、このメダルを機に、ほかの選手も続いてほしい。もちろん荒井にもさらに上を目指してほしい。

レスリングでは今回のレスリング陣最年少の樋口が銀メダル。決勝でも終盤まではリードを奪っていたが、同点の場合は最後にポイントを取った選手が勝つというルールによって、惜しくも銀メダルとなった。それでも今回のレスリングは男女ともに大活躍。出場10人で金4、銀3の7個のメダルを獲得した。さらに期待が持てるのが、今回のメダリストのうち、伊調、吉田を除く5人はまだ20代前半だということ。これからもレスリングの黄金時代は続いていくと確信できる今大会だった。

バドミントンの奥原は昨日書いた通り、3位決定戦で当たるはずだった選手がケガで棄権したため、決定戦をすることなく銅メダルを獲得した。バドミントンは金1、銅1の2個のメダルを獲得。メダルを取った2組以外も活躍を見せ、こちらもここからさらに期待が持てる結果となった。

シンクロではデュエットに続き、チームでも銅メダルを獲得。お家芸復活の兆しを見せた。井村コーチってほんとにすごいんだなと思う。そしてその厳しい指導に耐えた選手たちももちろんすごい。ロシアはちょっと次元が違う感じだったが、今後は中国を追いかけていってほしい。

この日5つのメダルを獲得したことで、日本の総メダル数は41となり、38だったロンドンを上回って史上最多となった。金メダル数もすでにロンドンを大きく上回っており、大成功といっていいのではないだろうか。もちろん、まだメダルを取る可能性もある。

16日目はゴルフの女子が最終日。大山は少し離されているが、野村は上位につけている。最終日に猛チャージをかければメダルも狙える位置であり、期待したい。新体操は団体。ロンドン五輪では7位入賞だったが、さらに上を目指す。陸上は男子やり投の決勝。新井は予選を一発通過しており調子は良さそう。自己記録を更新するような投てきを見せれば、上位入賞、さらにはメダルの可能性も出てくるだろう。トライアスロン女子や近代五種男子は入賞に期待。いよいよ残る競技も少なくなってきたので、ひとつひとつの競技により注目していきたい。

posted by K at 22:46 | Comment(0) | リオ五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする