2016年08月22日

2016.08.21 巨人1-4阪神

巨人・高木、阪神・岩貞、両先発の好投により、6回まで0-0。試合が動いたのは7回。小林のホームランによって巨人が先制する。しかし直後の8回、上本のホームランで阪神が同点とし、試合は延長戦へ。10回、北条の2点タイムリー、鳥谷のタイムリーで阪神が一挙3点を勝ち越し。そのまま阪神が勝利し、巨人は連勝が3でストップした。

先発の高木は8回1失点。1ヶ月半ぶりの先発で結果が求められたが、今季最高のピッチングを見せた。先制した直後に追いつかれたというのはあるが、それもソロホームランなのでしかたない部分もある。巨人は9月に11連戦が控えており、その先にはCSもあるので、計算できる先発は多い方がいい。7人いればなんとかなりそうだが、菅野、田口、内海、大竹、マイコラス、今村、高木と、実は今ちょうど7人いる。とくに不安定な今村と高木には今後も調子を維持してほしいところだ。

今日は山口が打たれた。今季の山口は良くなってきたかなと思うと打たれることが多く、6試合以上連続で無失点に抑えたことがない。あと打たれるときに2点以上一気に取られることも多く、これが6点近い防御率につながっている。戸根も安定しているとは言えず、安定した中継ぎ左腕がいないというのが今後に向けてかなり不安なところ。

打線はわずか5安打。先週1週間の得点が28、先々週が5試合で27だったのに対し、今週は6試合で16得点。相手が違うとはいえ、絶好調期は終わったと考えた方がいいだろう。8月に入ってからは7番セカンド以外は固定しているが、気分転換の意味も込めて少し変えてみてもいいかもしれない。

今週の巨人は4勝2敗だが、広島が6連勝したためゲーム差は8。火曜日の直接対決で広島が勝つと、ついにマジック20が点灯する。いよいよ追い込まれた。

ということで火曜日からは東京ドームで広島との3連戦。巨人は3連勝以外許されない。今日高木が登板したことで広島戦の先発が誰になるかよくわからなくなったが、順番通りならマイコラス、菅野、内海だろうか。このメンバーならば投手の方はある程度期待できるが、問題は打撃。とくに火曜日の先発が濃厚な天敵ジョンソンを打てるかどうかが3連戦のカギとなるだろう。ジョンソンを打ち崩せれば勢いも出るはず。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 01:30 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする