2016年08月27日

2016.08.27 巨人3-7DeNA

初回、筒香のタイムリーと宮崎の2点タイムリーでDeNAが3点を先制。今日もいきなりDeNAがリードを奪う。巨人は2回、ギャレットのホームランで1点を返し、3回には坂本のタイムリーと阿部の内野ゴロの間に2点を取って同点に追いつく。しかし5回、ロペス、宮崎、梶谷のタイムリーでDeNAが再び3点を勝ち越し。8回に押し出し四球による1点でダメ押ししたDeNAが連勝、カード勝ち越しを決めた。

先発の大竹は5回途中6失点。2日続けて先発が炎上した。たまたまなのかもしれないが、わりと安定していた内海と大竹がそろってこれだけ打たれると今後に向けての不安が増す。たまたまであってほしい。

打線は一度は追いついたが、4回以降は無安打。あらためて、しばらく固定してきた打線の見直しを考えてもいいと思う。前は試合は勝てていたが、今は連敗中だし、変えることに対する抵抗も少ないはず。それにしてもギャレットは横浜でよく打つ。ホームランも打点も東京ドームより多い。

明日の先発は巨人がマイコラス、DeNAが今永。順番通りなら明日はおそらく高木のはずだったのだが、昨日内海が1回で降板したことで高木を使ってしまったので、マイコラスが中4日で登板することになった。DeNA戦は今季4度目でここまでは1勝0敗だが、防御率は4.20とあまり良くない。外国人連勝記録の更新もかかっており、勝ってほしいところだ。対する今永とは今季4度目の対戦。ここまでは今永から見て0勝2敗、防御率5.21と得意にしているが、今の打線を考えたらこの数字を信じない方がよさそう。3タテだけは免れたい。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 23:16 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする