2016年08月29日

平成28年秋場所番付発表、御嶽海は西前頭5枚目

9月10日に初日を迎える大相撲秋場所の番付が発表され、御嶽海は西前頭5枚目となった。

まあ予想通りの位置になった。単純に計算すれば東6枚目になるので、他の力士との兼ね合いでほんの少し恩恵を受けた感じだろうか。

周りの力士を見ると、東の5枚目は碧山。碧山とは初場所で対戦しており突き出しで敗れているが、このときの御嶽海はインフルエンザからの休場明けだったのと、御嶽海が西10枚目、碧山が西2枚目というかなり番付差のある取り組みだった。御嶽海はこのときからかなり成長していると思うので対戦は楽しみ。上の方は御嶽海に近い順(番付が低い順)に千代鳳、妙義龍、逸ノ城、貴ノ岩、正代、栃ノ心、嘉風、隠岐の海となっているが、この中では嘉風、隠岐の海とまだ対戦がない。対戦するかは微妙な位置だが、あればどちらも楽しみな一番だ。御嶽海の下は、近い順(番付が高い順)に千代の国、玉鷲、松鳳山、勢、大翔丸、琴勇輝、錦木、豪風となっており、この中では千代の国との対戦がない。早ければ初日にも対戦が実現しそうだ。それにしても幕内6場所目で、すでに上位も経験したことで対戦経験のある力士がかなり増えてきた。自分の取り口も知られてきたここからが力の見せ所だろう。

御嶽海にとっては先場所に次ぐ自身2番目の高い番付となるが、この位置だと上位に休場者が出るか、自身が好調でない限りは横綱・大関とは当たらない。場合によっては三役とも当たらないため、今場所の目標は当然勝ち越し、さらには10勝ということになるだろう。まあ今場所たまたま三役でないだけで、上位は三役常連の実力者たちだらけだが、まずはこの相手たちと対等に渡り合って、三役を目指していきたい。10勝すれば三役の可能性は十分に出てくるだろう。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 13:21 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.08.28 巨人5-6DeNA

初回、ロペスのホームランでDeNAが先制。しかし直後の2回、クルーズのホームランで巨人が同点に。4回には村田のホームランで巨人が勝ち越すが、6回、倉本のタイムリーでDeNAが再び同点とする。そして8回、DeNAは巨人のエラーからチャンスを作ると、下園の打球をクルーズがフィルダースチョイス、さらに悪送球で一気に2人が還り勝ち越し。さらに桑原、ロペスのタイムリーが出て一挙4点、巨人を突き放した。巨人は9回、代打堂上の3ランで1点差まで迫ったがあと一歩及ばず、このカードはDeNAが3連勝となり、巨人は今季DeNA戦の勝ち越しがなくなった。

先発のマイコラスは6回2失点。環境が悪い中でよく頑張ったと思うが、追いつかれた2点目は2者連続四球からのタイムリーだったのでもったいなかった。

8回に登板したマシソンが4失点で負け投手となったが、自責は0。この回だけでエラーが2つ重なった。マシソンも悪い流れを止められなかったという意味では責任はあるかもしれないが、今日の敗因はやっぱり守備の乱れだと思う。グランドの状態は悪かったのかもしれないが、条件は相手も同じで相手はノーエラーだし。

打線はあと一歩及ばず。ただ今日は少し打線を変え、橋本を外して重信を2番に入れた。重信は今日1安打で点にはつながらなかったが、こんな感じで結果が出るまでいろいろ試してみればいいと思う。

この大事な時期に5連敗。しかも負け方がなかなかひどい。エースが打たれ、勝ちパターンが打たれ、先発が序盤で打たれ、守備が乱れ、とやっちゃいけないことをこの5日間でだいたいやった気がする。もう優勝を目指すとか言っている場合ではなく、とにかく2位を死守しなければいけない。3位のDeNAに3タテを食らったことでゲーム差は4.5。逆転があり得ない差ではなくなってきた。今後はひとまず、1週間で5割以上を目標にしていきたい。5割でいければ4.5ゲーム差が一気に縮まるということはそうないと思われる。

火曜日からはヤクルトとの2連戦。巨人の主催試合だが東京ドームではなく、福井と富山で行われる。天気が悪そうなので試合ができるかどうかわからないが、最低でも1勝1敗、できれば連勝したい。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 01:54 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第2回れなっち総選挙」結果発表

加藤玲奈の独断で決まる「れなっち総選挙」、その第2回の結果発表が本日行われた。
結果は以下の通り。


「第2回れなっち総選挙」結果
(カッコ内は所属チームと、前回ランクインメンバーはその順位)

1位:小栗有以(AKB48チーム8)
2位:市川美織(NMB48チームB2)
3位:田野優花(AKB48チームK、前回2位)
4位:向井地美音(AKB48チームK、前回8位)
5位:松岡はな(HKT48チームT2)
6位:佐藤すみれ(SKE48チームE、前回9位)
7位:長久玲奈(AKB48チーム8)
8位:茂木忍(AKB48チームK、前回16位)
9位:小嶋菜月(AKB48チームA)
10位:木アゆりあ(AKB48チームB)
11位:山口真帆(NGT48チームN3)
12位:大島涼花(AKB48チームB、前回3位)
13位:高木由麻奈(SKE48チームK2)
14位:岡田彩花(AKB48チーム4)
15位:中井りか(NGT48チームN3)
16位:田中菜津美(HKT48チームH、前回1位)

ということで、今回の1位はチーム8東京代表の「ゆいゆい」こと小栗有以となった。不参加のメンバーがいたのもあったが、前回から続けてランクインしたのは6人だけで、前回1位のなつみかんが16位に下がるなど波乱(?)の結果となった。

今回はアピールのための場ということで立候補メンバーがSHOWROOMを配信したが、その結果はそれほど重視されなかったようで、6位のすーちゃんにいたっては1度も配信していなかったりする。まあ、あくまで「アピールの場」であって、選ぶ基準は「れなっちの独断」なので仕方がないだろう。このSHOWROOMが始まる前の印象に差があるわけだから。一方でNGTのメンバーを選んだ時のコメントに「SHOWROOMを見て〜」というのがあったので、まったく無駄だったわけでもないと思う。れなっちの中にランキングがもともとある程度あって、SHOWROOM配信を受けて多少入れ替えたという感じじゃないだろうか。

今回は選ばれたメンバーで写真集を出版するというのが最初から決まっていたのもあって、れなっちもそこを意識してメンバーを考えた感じがする。前回よりスタイルをより重視している感じで、なっつんや茂木ちゃんには具体的に言っていたし、水着もあるだろう。

ところで写真集に順位はどの程度関係するのだろうか。今回もやすすが曲を書くそうだが、曲の場合はフォーメーションがあるので順位があるのも分かるが、写真集だとどうなるのか。ページ数とか、扱いが変わるのだろうか。あと、前回は自分を入れていたが今回は入れなかったれなっちはここからどう関わっていくのか。写真集のプロデュースをしたりするのかな。今後はそのへんに注目。

posted by K at 01:17 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする