2016年10月13日

巨人・鈴木尚広が引退

巨人の鈴木尚広が引退を発表し、今日会見した。

本人の会見によると、技術や体力には問題ないが、心が離れていったとのこと。引退を決めたのはCS後で、今後は即コーチとはならないが、将来的には巨人の指導者を目指すとのこと。

このブログを始めるときに書いたが、巨人の野手で一番好きなのが鈴木なので、あまりに急な発表にショックを受けている。今年の盗塁成功率は100%だし、本人も言ってるようにやろうと思えばまだまだできるのは間違いないが、やろうと思えなくなってしまったということか。しかし、そうなると現役最後のプレーがあの牽制死になってしまうというのがどうも後味が悪いな。せめて最後は盗塁を決めて引退してほしかった。

あと、鈴木は引退したらそのまま守備走塁コーチになるものだとばかり思っていたのだが、一度現場を離れるとのこと。これも地味に痛い気がするな。足が速い選手は何人もいるが、鈴木の後継者はまだ育っていないので、鈴木自ら後継者を育ててほしかった。なるべく早く戻ってきてほしい。

鈴木は通算成績で見ると、正直それほどの成績ではない。200盗塁以上した選手の中での盗塁成功率1位という記録は達成したが、記録よりも記憶に残る選手というべきだろう。長年、走塁のスペシャリストとして活躍してきたが、とくに存在感を増したのはこの数年。昨年や一昨年は、鈴木の足で勝った試合が何試合もあったし、それがオールスター出場などにもつながったのだろう。鈴木を完璧に使いこなしていた原監督が退任したことで起用法が変わったのも、心境の変化につながったんじゃないかと思う。

正直、引退撤回してくれないかなとまだ思っているが、監督やGMが言っていたように本人が決めたのなら受け入れるしかない。本当にお疲れ様でした。そして今までありがとうございました。

posted by K at 23:33 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

NGT48応援日記 Vol.032

・じゃんけん大会は全員初戦敗退
りったん、のえピー、兼任のゆきりんの3人が出場した今年のじゃんけん大会。しかし、ゆきりんはAKBのいずりなに、のえピーはAKBのこまりこに、りったんはNMB・AKB兼任のみるるんに、いずれも初戦で敗れる結果となった。





ゆきりんは『こち亀』の麗子になりきって登場したが、両さんになったいずりなに敗北。いずりなの破壊力が高すぎてあまり目立たず。のえピーはたぶんトキを意識した格好で登場。登場の場面はとくにしゃべってないのにうるさい感じでさすがのえピーと思った。ただ、相手が悪かった。相手のこまりこは毎年衣装で確実に話題を持っていくメンバーで、今年も平野ノラというインパクト抜群の衣装で来た。勝てば話題になる相手だったが残念ながら負けてしまい、思ったほどのアピールはできず。りったんは予想通りさくらんぼをモチーフにした衣装で登場。妖精よりもりったんビームを出すことを意識したような衣装に見えた。こちらもみるるんという話題性のある相手に敗北。のえピー、りったんともに勝てば話題になるが負けるとまったく話題にならないというハイリスクハイリターンな相手だったかなと思う。2人とも終わった後に泣いていたそうだが、こればかりはじゃんけんだからどうしようもない。2人ともNGTを背負ってよく戦った、お疲れ様でした。ちなみにのえピーはSHOWROOMでりかちゃんがやっていた裏実況でも泣いていたが、おそらくあの姿はSHOWROOMを見ていた人には強く印象に残ったと思う。ちゃんと爪痕は残したぞ。


ちなみに。



みはみは仮面よりはマスクのクオリティが高い。


・SHOWROOMの個人配信がスタート
今日から、AKBグループのメンバーのSHOWROOM個人配信がスタートした。配信時間のルールなどはこれまでと同じようだが、今回は特に期間は設けられていないようで、個人配信が解禁されたと考えてよさそうだ。

NGTではさっそくおかっぱやかとみななどが配信。その後も多くのメンバーが続々と配信している。以前も書いた気がするが、NGTはメンバーから発信するツールとしてフォトログとモバメがあるが、どちらも登録しなければ見ることはできず、登録は有料。他のグループがやっているぐぐたすや755、ツイッターといった無料のSNSをやっていないNGTは発信力が弱かった。そこにきてのこのSHOWROOM解禁は、NGTメンバーにとっては新たなファン獲得のチャンス。だからこそ今日の時点で他のグループのメンバーよりも積極的に配信しているメンバーも多いのだろう(単純にSHOWROOMやりたいって思っているメンバーも多いだろうけど)。

ただ今後恒久的に配信が可能となると、最初から飛ばすとやる側も見る側も飽きるのが早くなりそう。もちろんやりたいメンバーはいくらでもやればいいと思うが、これからは義務感とかは持たずに、やりたいときだけやるようにしたほうがいいと思う。その方が見る側の負担も減る。ただまったくやらないのは寂しいので、まあ2週に1回くらいのペースでやってくれれば。

posted by K at 23:44 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年9月末時点 NGT48メンバー ラジオ出演回数ランキング

遅ればせながら、9月が終わった時点での、NGT48メンバーのレギュラーラジオ出演回数ランキング。
ちなみに9月終了時点での各番組の放送回数は、
『ラジあく』…53回
『PORT』…52回
『SHR』…38回
『ガチガチ』…35回(総選挙8回、カウントダウン27回)
となっている。『ラジあく』と『PORT』は丸1年。

続きを読む
posted by K at 00:46 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

2016.10.10 CS1stステージ第3戦 巨人3-4DeNA

先発は巨人が内海、DeNAが石田。初回、ロペスの2ランでまずDeNAが先制。しかしその裏、阿部の2ランで巨人が同点に。2回、関根の犠牲フライでDeNAが勝ち越すと、ここで早くも内海が降板し、大竹が登板。DeNAに傾いた流れを断つ。すると6回、村田のホームランで巨人が再度同点。その後は両チーム一歩も譲らず、試合は延長戦へ。11回、2イニング目に入った澤村が先頭バッターの打球を受け降板。あとを受けた田原から嶺井がタイムリーを打ち、DeNAが勝ち越し。このリードを守ったDeNAが勝利し、初のCSファイナルステージ進出を決めた。

先発の内海は2回途中3失点。大事な一戦で結果を残せなかった。2番手で上がった大竹が素晴らしいピッチングを見せたので、もし先発が大竹だったらあるいはというのもあるが、シーズンの成績を考えると内海先発は妥当だったと思う。

大竹はもちろん、その後の中継ぎも必死のリレーを見せた。山口もかろうじて抑えたし、マシソンは3連投ながら完璧。澤村も最初の1イニングは見事に抑えた。打球が当たったあれだけが誤算だった。田原はもう急遽の登板なので責めない。大竹以降の投手陣は本当によくやってくれた。

打線は結局最後まで下位打線が打てなかった。阿部、村田の主軸にホームランが出たが、やっぱり主軸だけが打ってもどうにもならないということだろう。そして鈴木の牽制死も非常に痛かった。盗塁失敗ではなくて牽制死というのがより士気が下がってしまったように思う。

今日に関しては采配には文句はない。内海をスパッと諦めて大竹に代えたのは、もし勝てていれば采配の勝利と言われていたと思う。それで勝てなかったのは、もう単純に実力不足ということだろう。

これで巨人の今季の戦いは終わりということになった。就任の経緯やその他のゴタゴタがいろいろあったので、今年1年に関してはどんな結果であろうと(たとえ最下位であろうと)由伸監督は責めないと決めていたので、最下位どころかAクラス、しかも2位に踏みとどまったのはよくやったと思っている。ただ、このままでは来季はさらに弱くなる。今季復活した阿部、村田、内海といったところはもう結構な年齢で来年も同じようにできる保証はないし、かといって若手で育ったと言えるのは田口くらい。若手のレベルアップは当然のこと、補強もして戦力の底上げをしたい。まずバントをうまくなることから。

巨人が勝ち進めなかったのは残念だが、逆に今後の戦いは純粋に楽しんで見ることができる。セリーグは広島とDeNA、パリーグは日本ハムとソフトバンクによる対決となった。レギュラーシーズンでの対戦成績、全試合ホーム、1勝のアドバンテージなどすべての視点でセパともに1位チームが絶対的有利。セリーグは1stステージを3戦やったので先発投手のやりくりの点でも広島が有利だろう。ただ、シーズンの対戦成績は広島の13勝12敗、マツダスタジアムに限っても広島の7勝5敗と意外と拮抗している。DeNAが初戦を取って五分に戻せば、ひょっとしたらひょっとするか。パリーグは直接対決は日本ハムが15勝9敗1分と大きくリード。しかし、札幌ドームに限って言うとソフトバンクが5勝3敗1分で勝ち越している。この2チームの対戦は、お互いになぜか相手の本拠地で勝ち越しているのである。それでも投手起用やアドバンテージを考えて日本ハム有利は変わらないと思うが、終盤までもつれるとそのアドバンテージがなくなり、そうなると選手層の差でソフトバンクが勝つかも。どの2チームが勝ち上がっても日本シリーズは初の組み合わせとなるが、どこが勝ち上がるか。ファイナルステージは明日開幕。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 13:17 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

2017年夏に「STU48」が誕生へ

じゃんけん大会の終了後に特報が流れ、来年夏に、山口、広島、岡山、兵庫、愛媛、香川、徳島の瀬戸内地方7県を舞台にした新グループ「STU48」(瀬戸内48)が誕生すると発表された。

まさかの新グループ。しかもこれまでとは明らかに異なる。これまでのグループはSDNを除くと、AKB(東京)、SKE(名古屋)、NMB(大阪)、HKT(福岡)、NGT(新潟)と1つの都市を拠点としてきたが、今回は瀬戸内地方7県が舞台とされている。そして劇場は船上とのこと。いろいろとわからないことが多いが、なにより気になるのがどうやって活動していくのかということ。7県を舞台にした船上劇場っていうのでパッと思いついたのは、旅芸人みたいにメンバーが船で生活して、どこかの港に泊まって2週間ぐらいそこで公演して、また次の県に行く、みたいな感じなんだけど、そんなの学生は学校どうするんだってことになりそうだし、違うんだろうな。となると、基本的にはどこか1ヶ所(都市の大きさ的には広島か神戸)を拠点にして活動しつつ、休日は他の県に行って公演する、みたいな感じだろうか。劇場ごと出張公演するイメージ。

あと思ったのは、まあ近いよね、NMBとHKTと。四国はまだ新鮮な感じがするけど、兵庫や山口はもう隣の県だし。ファンの奪い合いになったりしないんだろうか。

NGT推しとしては、あのーNGTまだデビューしてないんですけど、というのが正直な気持ち。AKBグループの末っ子、という肩書を存分に活かせると思っていたのに、もう下のグループができるとは思わなかった。ただ、新潟からはだいぶ遠いところにできるので食い合いにはならないだろうというのと、NGTを参考にすればCDデビューするのは相当先だと思うので、それまでに人気を確固たるものにしてしまえばいいと思う。

現状どんなものかわからないのでネガティブなことも書いたが、船上劇場っていうのはものすごく面白そうに感じるし、楽しみではある。今後どうなっていくか注目。

タグ:AKB48 NGT48 STU48
posted by K at 23:42 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする