2016年10月09日

2016.10.09 CS1stステージ第2戦 巨人2-1DeNA

2回、巨人先発・田口のワイルドピッチによってDeNAが先制。しかし3回、坂本の2試合連続ホームランで巨人が同点とすると、その後は田口とDeNA先発・今永の好投によって7回まで両チーム勝ち越し点を挙げられない展開が続く。ピッチャーが代わった8回、長野のタイムリーで巨人が勝ち越し。マシソンが2イニングを投げて抑え、巨人が勝利。1勝1敗で、決着は明日の第3戦にもつれ込むこととなった。

先発の田口は7回1失点。自らのワイルドピッチで先制を許すという厳しい展開だったが、そこからよく立ち直った。勝ちこそつかなかったが、大きく飛躍した今季を象徴する好投だった。

そして中継ぎはマシソンが2イニング。昨日崩れた澤村を使わないという選択をした。もう負けられないわけだし、結果抑えたのでこの選択は正解だったと言っていいだろう。しかし、これで今度はマシソンを使いづらい展開になった。1イニングならともかく、明日も今日のように2イニングというのはさすがに厳しいだろう。先発が8回まで投げるか、澤村も含めた他のピッチャーを挟む必要があるだろう。1番いいのは大量リードを奪うことだが。

打線は今日も苦しんだが、坂本と長野で2点を取った。坂本は言うまでもないが、長野も2試合連続でタイムリーを打っているし、一応打順変更は機能していると言ってもいいか。ただ今日も6番以降が打てなかった。ここがヒットとは言わないまでも出塁して、坂本にランナーのある場面で回したい。

正直連敗で終わると思っていたが、田口とマシソンの好投によって希望がつながった。明日勝って広島に行けるか。予想先発は巨人が内海、DeNAが石田とされている。まあ、菅野が無理なら内海しかいないだろうな。今季復活の兆しを見せた投手陣のリーダーがチームをファイナルステージへ導けるか。一方、DeNAの先発が石田だとした場合、今季は6度対戦。石田から見て2勝0敗、防御率4.15。石田に黒星をつけることはできていないが、防御率で見れば打ってはいるし、東京ドームに限れば防御率5.79とさらに打っている。打てなかったここまでの2試合の分も打って、ファイナルへと進みたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:56 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする