2016年11月19日

平成28年九州場所 7日目●日馬富士

7日目 ●御嶽海(寄り切り)日馬富士○

御嶽海にとって今場所最初で最後の結びの一番。立ち合いで上手を取った日馬富士がそのまま上手投げに行くが、御嶽海はこれをすくい投げで残す。なおも日馬富士は上手投げに来るがこれも堪える。さらに寄りに来たところを投げで返そうとするが、最後は日馬富士が万全の体勢で寄り切り。熱戦となったが、横綱が勝利を挙げた。

大健闘。これが他の横綱も合わせると5度目の横綱戦だったが、その中ではもっともいい勝負に持ち込めた。日馬富士が立ち合いとんでもない速さで上手を取ったときはそのままやられるかと思ったが、そこからよく耐えた。本当に素晴らしい熱戦だったと思うが、それでも、今日の相撲でさえも、終始ペースを握っていたのは日馬富士で、御嶽海が勝てそうな瞬間はなかった。まだまだまだまだ壁が高い。

折り返しの中日、相手は横綱・白鵬。これが最後の横綱・大関戦となる。白鵬とは名古屋場所で対戦し、寄り切りで敗れている。先場所、横綱昇進後初の全休となった白鵬。今場所は初日から5連勝と順調に来ていたが、6日目に遠藤に初黒星。今日は手を出すような立ち合いを見せ、まだ万全というわけではなさそうだ。まあ今日こういう立ち合いをしたことで、明日はたぶん普通の立ち合いをしてくれると思うので、御嶽海は思いっきり挑んでいけばいいと思う。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:36 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

平成28年九州場所 6日目●稀勢の里

6日目 ●御嶽海(寄り切り)稀勢の里○

立ち合いでは稀勢の里が踏み込む。互いに差そうとするもののそれを許さず、稀勢の里が突き放す。御嶽海はこれを耐えて押し返すが、稀勢の里が落ち着いてこれを受け、再び寄って寄り切り。御嶽海は4連敗となった。

途中までは抵抗できていたと思う。稀勢の里に差されなかったっていうのは成長だろう。ただそれでも相手を慌てさせるような展開にはならなかった。今日は立ち合いで稀勢の里が踏み込んできたが、御嶽海が踏み込めるようになればまたその後の展開も変わってくるのかなと思う。そこは稽古だろうか。

今場所の大関戦はすべて終わって、ここまで1勝5敗。本人的にも想定内だろうと思うし、今の実力はこんなものかなとも思うが、今場所は遠藤や玉鷲が横綱・大関を次々に破って場所を盛り上げているだけに、御嶽海にもそこに加わってほしい気持ちはある。まだ2横綱との取組が残っている。見せ場を作ってほしい。

7日目の相手は横綱・日馬富士。初対戦だった名古屋場所では日馬富士が寄り切りで勝っている。今場所は初日に玉鷲に敗れたが、そこから5連勝と盛り返している。日馬富士はとにかく速くて強いが、たまにものすごくあっけなく敗れることもある。そのもろさを見せるまで耐えることができれば勝てるかもしれないが、まあもろさをそうそう見せないから横綱なわけで。それでも御嶽海としてはまずは粘りを見せたい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:34 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年九州場所 5日目●照ノ富士

5日目 ●御嶽海(寄り切り)照ノ富士○

立ち合い、照ノ富士は両手で御嶽海の右腕を抱える引っ掛けの形になる。そのまま御嶽海の左上手を取ると、御嶽海を一気に寄り切り。この立ち合いを予想できなかった御嶽海は自分の相撲に持ち込むことができず、あっという間に敗れる結果となってしまった。

御嶽海と照ノ富士は先場所までに2度対戦し、2度とも御嶽海が勝っていた。そこで今回は照ノ富士が考えた立ち合いをしてきて、御嶽海はこれに全く対応できなかった。まあ今日に関してはちょっとしょうがないかなと思う。まさか大関がこういう感じで来るとは思わなかっただろうし。ただこれは、それだけ照ノ富士が御嶽海を警戒していたという証拠なので、実力を認められていると前向きに考えればいいんじゃないだろうか。

序盤が終わって1勝4敗。まあ想定の範囲内だろう。初めての上位総当たりだった名古屋場所は序盤5日は0勝5敗だった。負けたものの内容は悪くないという相撲もあったので、調子は悪くないと思うし、まだまだ挽回はできるはず。

6日目の相手は稀勢の里。今場所最後の大関戦となる。名古屋場所では寄り切りで稀勢の里が勝っている。稀勢の里は先場所10勝5敗に終わり、綱取りが白紙となった。今場所はここまで4勝1敗としている。稀勢の里に勝つには、稀勢の里を慌てさせることが必要だろう。一気に持っていけるか。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 13:17 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

48&46グループは今年、どのグループが紅白歌合戦に出場するのか 2016

司会者も発表され、出場歌手の発表ももうすぐではないかと思われる紅白歌合戦。今年は48グループ&46グループから何組が、そしてどのグループが出場できるのかを予想。

なお現在国内には、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、乃木坂46、欅坂46の7グループが存在するが、このうちNGTはまだデビューしていないため、実質的に可能性はないものとしてこの後の予想から外している。来年の今頃には先輩グループに肩を並べるような存在になっていることを期待したい。

続きを読む
posted by K at 02:06 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

「Maxとき315号」はリクアワ1位を取れるのか

AKB48のニューシングル「ハイテンション」が発売となったが、それと同時に、来年1月に行われる「AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100 2017」の投票が始まった。今年はAKB単独のリクアワは行われず、グループリクアワもベスト100ということで規模としては少し小さくなるなどの変更が行われている。

NGT48応援ブログである当ブログの注目はもちろんNGT48の曲だが、なかでも「Maxとき315号」はメンバーが「1位を取りたい」と発言するなどメンバーの思い入れも強く、上位ランクインの期待がかかる。ということで今回は、「Maxとき315号」がリクアワで1位を取れるのか、考えてみたいと思う。

続きを読む
posted by K at 12:22 | Comment(2) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする