2016年11月16日

平成28年九州場所 4日目●豪栄道

4日目 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○

最初の立ち合いで合わずに御嶽海が待ったをし、2度目の立ち合い。豪栄道がすばやく右を差して一気に寄る。御嶽海は回り込もうとするが、豪栄道はしっかりとついていって寄り切り。豪栄道の完勝で先場所からの連勝が19となった。

御嶽海の最近の勝ちパターンというと相手の中に入ってもろ差しになったりすることが多いが、今日は立ち合いでいきなり差されてしまった。豪栄道が非常に速かった。豪栄道は横綱・大関陣の中では小柄な方で、御嶽海ともそれほど変わらない。相撲の型は違うけど、速さ、上手さといった点は御嶽海にも非常に参考になるんじゃないかと思う。まだまだ伸ばせるはずだ。

明日の相手は照ノ富士。今場所3人目の大関との対戦となったが、この照ノ富士に対して御嶽海は2連勝している。もちろん照ノ富士がケガの影響で本調子ではないことを考慮する必要はあるが、照ノ富士はもう1年くらいずっと本調子ではないし、今場所も2勝2敗であることを考えるとこの対戦成績も参考になるだろう。序盤5日間を1勝4敗で終えるか、2勝3敗で終えるかは大きく違う。なんとかこの相性を活かしてほしい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:22 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AKB48「ハイテンション」初日売り上げは112.0万枚

AKB48のニューシングル「ハイテンション」がオリコンデイリーシングルランキング1位に登場。初日の売り上げは112.0万枚だった。

これによって、オリコン基準で
27作連続、28作目のミリオン
4作連続、25作目の初週ミリオン
4作連続、14作目の初日ミリオン
を達成した。

前作「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」の初日売り上げが110.0万枚だったので微増。昨年の同時期に出た「唇にBe My Baby」は初日81.3万枚だったのでここからは大きく売り上げを伸ばしている。今年出たシングルは総選挙の投票権がついていた「翼はいらない」以外は全部初日110万枚台前半なので、安定していると考えていいかな。

ただAKBの最近の課題は2日目以降、つまり劇場盤以外の売上。以前は2日目以降の5日間でおよそ10万枚くらいを打っていたのだが、前作は7万枚ほどしか伸びなかった。今作はリクアワの投票権がついているが、2日目以降の伸びに影響は出るだろうか。前作の初週売り上げが117.8万枚なので、今作は120万枚前後といったところになりそうだ。

posted by K at 22:58 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ハイテンション」収録曲・歌唱メンバーまとめ

例によって発売日になってしまったが、シングル発売時恒例の収録曲・歌唱メンバーまとめ。


【今作の収録内容】※初回限定盤・通常盤共通
Type A
1.ハイテンション
2.抑えきれない衝動
3.ハッピーエンド
4〜6は1〜3のカラオケバージョン

Type B
1.ハイテンション
2.抑えきれない衝動
3.Better
4〜6は1〜3のカラオケバージョン

Type C
1.ハイテンション
2.抑えきれない衝動
3.星空を君に
4〜6は1〜3のカラオケバージョン

Type D
1.ハイテンション
2.抑えきれない衝動
3.思春期のアドレナリン
4〜6は1〜3のカラオケバージョン

Type E
1.ハイテンション
2.抑えきれない衝動
3.清純タイアド
4〜6は1〜3のカラオケバージョン

劇場盤
1.ハイテンション
2.抑えきれない衝動
3.また あなたのことを考えてた
4〜6は1〜3のカラオケバージョン

詳しい曲紹介は以下へ。

続きを読む
posted by K at 02:41 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

平成28年九州場所 3日目●高安

3日目 ●御嶽海(首投げ)高安○

立ち合いは互角。そこから御嶽海が押し込み、一度引くが高安は落ちず。しかし今度は高安が引き、そこを御嶽海が一気に出る。このまま勝負ありかと思われたが、高安が土俵際で首投げを決めて逆転。5度目の対戦は高安が制した。

首投げを決められる直前までは完全に御嶽海の勝ち相撲だった。立ち合いで勝って自分のペースにして、相手が引いたところを一気に出るというのはこれまで何度も見てきたし、今日もそのパターンだと思ったのだが、高安の執念というべきか、御嶽海の詰めが甘かったと見るべきか。内容が良かったので悲観することはないが、もったいなかったなと思う。

明日の相手は豪栄道。先場所全勝優勝を果たし、綱とりに挑んでいる今場所もっとも注目されている力士だ。今場所はここまで3連勝で先場所からの連勝を18に伸ばしており、とくにここまでは栃煌山、高安、嘉風と比較的相性の良くない相手を破っており、今場所も勢いに乗ってきそうな予感だ。御嶽海と豪栄道の対戦は2度目で、初対戦では豪栄道が上手出し投げで勝っている。御嶽海としては明日はアウェーになるかもしれないが、自身の相撲内容は徐々に良くなってきているので、明日も思いっきり行けばいいと思う。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:32 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

平成28年九州場所 2日目○琴奨菊

2日目 ○御嶽海(肩透かし)琴奨菊●

立ち合い、御嶽海は左を差して寄っていく。重い琴奨菊を寄り切ることはできず琴奨菊の反撃を許すがここでもろ差しとなり、最後は前に出てきた琴奨菊に対する肩透かしが決まって勝負あり。御嶽海が3度目の対戦で初めて琴奨菊に勝利し、今場所初勝利を挙げた。

会心の相撲とまではいかないかもしれないが、ちゃんと相撲内容で上回っての勝利だったと思う。やはり立ち合いで上回ったのが大きい。先に攻め込むことができたからこそ、反撃されても落ち着いていたのではないだろうか。地力ではまだまだ琴奨菊には及ばないが、うまくはまれば勝てるというのを示した。

横綱・大関戦でいくつ勝てるかによって場所を通じての成績も大きく変わってくるが、まず1つ勝ったのは大きい。あと5人残っているが、もう1つは勝ちたい。1勝6敗と2勝5敗では勝ち越しの難易度も全然違ってくる。もちろんあと2つ、さらにそれ以上勝てれば勝ち越しも見えてくるだろう。

明日の相手は高安。横綱・大関との連戦になるかと思ったが、明日は関脇の高安と組まれた。高安はこの2場所の勝ち星が21勝で、今場所12勝を挙げると大関昇進の目安となる33勝に届く。初日は勝ったものの、今日は綱とりを狙う豪栄道に敗れ、1勝1敗。高安としては関脇以下の相手には絶対負けたくないところだろうが、御嶽海と高安の対戦成績は2勝2敗と拮抗しており、とくに先場所は10勝2敗で優勝争いにも入っていた高安に御嶽海が勝利。高安はここから3連敗し、今場所に求められる成績が高くなる原因の1つとなった。御嶽海としては今日と同じように立ち合いで上回りたい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:30 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする