2016年11月15日

平成28年九州場所 3日目●高安

3日目 ●御嶽海(首投げ)高安○

立ち合いは互角。そこから御嶽海が押し込み、一度引くが高安は落ちず。しかし今度は高安が引き、そこを御嶽海が一気に出る。このまま勝負ありかと思われたが、高安が土俵際で首投げを決めて逆転。5度目の対戦は高安が制した。

首投げを決められる直前までは完全に御嶽海の勝ち相撲だった。立ち合いで勝って自分のペースにして、相手が引いたところを一気に出るというのはこれまで何度も見てきたし、今日もそのパターンだと思ったのだが、高安の執念というべきか、御嶽海の詰めが甘かったと見るべきか。内容が良かったので悲観することはないが、もったいなかったなと思う。

明日の相手は豪栄道。先場所全勝優勝を果たし、綱とりに挑んでいる今場所もっとも注目されている力士だ。今場所はここまで3連勝で先場所からの連勝を18に伸ばしており、とくにここまでは栃煌山、高安、嘉風と比較的相性の良くない相手を破っており、今場所も勢いに乗ってきそうな予感だ。御嶽海と豪栄道の対戦は2度目で、初対戦では豪栄道が上手出し投げで勝っている。御嶽海としては明日はアウェーになるかもしれないが、自身の相撲内容は徐々に良くなってきているので、明日も思いっきり行けばいいと思う。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:32 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする