2016年11月19日

平成28年九州場所 7日目●日馬富士

7日目 ●御嶽海(寄り切り)日馬富士○

御嶽海にとって今場所最初で最後の結びの一番。立ち合いで上手を取った日馬富士がそのまま上手投げに行くが、御嶽海はこれをすくい投げで残す。なおも日馬富士は上手投げに来るがこれも堪える。さらに寄りに来たところを投げで返そうとするが、最後は日馬富士が万全の体勢で寄り切り。熱戦となったが、横綱が勝利を挙げた。

大健闘。これが他の横綱も合わせると5度目の横綱戦だったが、その中ではもっともいい勝負に持ち込めた。日馬富士が立ち合いとんでもない速さで上手を取ったときはそのままやられるかと思ったが、そこからよく耐えた。本当に素晴らしい熱戦だったと思うが、それでも、今日の相撲でさえも、終始ペースを握っていたのは日馬富士で、御嶽海が勝てそうな瞬間はなかった。まだまだまだまだ壁が高い。

折り返しの中日、相手は横綱・白鵬。これが最後の横綱・大関戦となる。白鵬とは名古屋場所で対戦し、寄り切りで敗れている。先場所、横綱昇進後初の全休となった白鵬。今場所は初日から5連勝と順調に来ていたが、6日目に遠藤に初黒星。今日は手を出すような立ち合いを見せ、まだ万全というわけではなさそうだ。まあ今日こういう立ち合いをしたことで、明日はたぶん普通の立ち合いをしてくれると思うので、御嶽海は思いっきり挑んでいけばいいと思う。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:36 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする