2017年02月09日

高橋希良が卒業を発表

AKB48の高橋希良が、卒業を発表した。

本人によると最近は将来のことやAKBのことで悩んだり不安になることが多く、やりたいことがわからなくなってしまい、やりたいことを見つけるためにAKBを卒業することにしたとのこと。また卒業の日程も発表され、最後の握手会が3月20日、卒業公演は4月11日となる。

個人的にはAKBが採ったドラフト2期生の中でもいいなと思っていた子の1人で、将来はチームBでもセンター候補になれると思っていたのでこのタイミングでの卒業は驚いたし非常に残念。卒業するにしてもたとえば新しい夢を見つけたとか、学業に専念するとか、理由が(表向きだけでも)前向きであればまだいいんだけど、今回の理由を聞いた感じ、それほど前向きな印象もない。だから本当に残念。

希良ちゃんに限らずAKBのドラフト2期はやや不遇の感がある。ドラフトでは7人が指名されたが、正規メンバーに昇格したのはひーわたんのみで、あとの6人はもうすぐ指名から2年が経つにもかかわらず昇格できていない。能力的には上げても問題ないくらいにはついてきたと思うし、公演でもほぼいつも違うチームのメンバーが助っ人で来るくらいどのチームもメンバーが足りない状況にもかかわらず昇格できないのは疑問。そして昇格できないことでチーム曲にも参加できないという弊害もあり、希良ちゃんは「ハイテンション」のカップリングでようやく初めてオリジナル曲をもらったが、まだ1曲も歌ったことのないメンバーも3人いる。希良ちゃんが言う「不安になった」っていうのはこのへんのところだろうし、運営は一体ドラフト2期生をどうしたいのだろうか。

ドラフト2期生の卒業はAKBでは初めて。姉妹グループを含めるとNMBの柴田優衣に次いで2人目となる。さすがにまだ2年も経っていないので卒業者も少ない。

卒業公演は4月11日ということであと2ヶ月くらいか。本当に惜しいなあ…。まだ16歳だし、気が変わったら他の姉妹グループでもいいから戻ってきたりしないかなあと思いつつ、残りの活動を見守りたい。

posted by K at 00:00 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする