2017年02月10日

鈴木まりやが卒業を発表

AKB48の鈴木まりやが卒業を発表した。

本人によると、活動9年目に突入するときに今後のことを考え、20代のうちにやりたいことや挑戦したいと考え、卒業を決めたとのこと。卒業後は今の事務所のまま女優を目指すとのこと。卒業公演は自身の26歳の誕生日の翌日である4月30日。握手会は6月10日が最後となる。

まりやんぬはAKB48のメンバーでは唯一、第1回総選挙から出続けてすべて圏外という記録を持っている(他にSKE48の内山命も同じ記録)。じゃんけん大会でもAKBシングルになっていた時代は勝ち上がることができず、選抜経験は1度もない。これは9期以前の現役メンバーでは唯一である。さらに新たな挑戦でSNHにも移籍したがAKB側とSNH側でゴタゴタした結果SNHでの活動がほとんどできずAKBに戻ってくることになる(本人に非は一切ない)など、まりやんぬのAKBでの活動は順風満帆ではなかった。ただそれでもまりやんぬはいつも明るかったように思うし、そのふんわりした雰囲気は、なにかと競うことが多くてギスギスしそうなAKBにおいてとっても貴重なものだったんじゃないかと思う。

まりやんぬはAKB48に在籍する最後の7期生だったが、まりやんぬの卒業によってAKB48からは7期生がいなくなり、残る7期生はSKEに移籍したすーちゃんだけとなる。7期は数年前までは他の期と比べてもかなり残っている印象があったんだけど、ついにあと1人か。また、まりやんぬは1991年生まれで、AKBの現役メンバーではこじはる、ちーちゃんに次ぐ年長組。あっちゃん、たかみな、ともちんなどがいて黄金世代でもあった91年組だが、まりやんぬが卒業するとAKBにはゆきりんとしーちゃんの2人だけ、全グループ含めてもSKEのちゅりとだーすー、NGTのきたりえを加えた5人だけとなる。時代の移り変わりを感じる。

誕生日翌日の4月30日が卒業公演ということで、生誕祭兼卒業公演みたいなことになるんだろうか。卒業後も今の事務所(佐江やオカロのいるフレイヴエンターテインメント)で芸能活動を続けるということなので、AKB時代以上の活躍を見せてほしいと思う。

posted by K at 01:14 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする