2017年02月24日

中田ちさとが卒業を発表

AKB48の中田ちさとが卒業を発表した。

卒業の理由については明確には語られなかったが、これからは1人の女性として一歩一歩進んでいきたいとのこと。また、最後の握手会は4月22日、卒業公演は4月24日と発表された。

活動期間を考えても年齢を考えても、いつ卒業してもおかしくないような状態だったと思うが、ついに、という感じかなあ。卒業発表の際のコメントでも明確な理由を述べたわけではなく、感謝を述べたところから思うに、AKBの活動はもうやりきったと感じているんじゃないかと思う。

ちーちゃんは昔はそんなキャラではなかった気がするんだけど、最近はAKBのお母さん感が強い。年齢的にはまだお姉さんで問題ないはずだが、ドラフト2期のさとねとかえりいとかと一緒にいるともうお母さんにしか見えない。老けてると言いたいのではなく、それだけ母性とか優しさがあふれ出していた。また一方でセクシーキャラでもあり、公演では「おしべとめしべと夜の蝶々」を担当していた。目立つタイプではなかったけど、独自のポジションを築いていたメンバーだったと思う。

こじはるが卒業するとAKB48最年長になるはずだったちーちゃんだが、ちーちゃんも卒業となったため、最年長は91年組(ゆきりん、しーちゃん)となった。ちなみにこじはるの卒業公演が4月19日、ちーちゃんの卒業公演が4月24日なので、ちーちゃんは5日間だけ、AKB48最年長となる。

また、4期は先日卒業発表したれいにゃんに次ぐ卒業。これで残りはしーちゃんただ1人となる。4期の中で昇格がいちばん遅かったしーちゃんが最後まで残るとはなあ。また、AKBに残っている(移籍していない)7期以前のメンバーは残り6人。今年は卒業発表が多く、今年に入ってからすでに4人が卒業発表している。16期生を多く採ったけど、このままいくと今年だけで同じくらいのメンバーが卒業しそうなペースだ。

今後については「1人の女性として一歩一歩進んでいきたい」と言い、具体的な発表はなかった。このコメントだけ見ると芸能活動を続けるような感じはしないんだけど、どうするんだろうか。とにかくあと2ヶ月、お母さんとして子どもたちにいろいろ教えてあげてほしいなと思う。

posted by K at 02:01 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする