2017年03月25日

平成29年春場所 14日目○千代の国

14日目 ○御嶽海(押し出し)千代の国●

立ち合い、御嶽海は千代の国を突き放す。御嶽海がさらに押そうとしたところで千代の国が引くが、御嶽海はこれにしっかり対応。一気に押し出した。これで御嶽海は三役で初めての勝ち越しを決めた。

非常にいい相撲だった。御嶽海は引きや叩きに落ちることが少なく、逆にそれをチャンスとして一気に攻めることが多い。なので相手も御嶽海相手に引いてはいけないことをわかっているとは思うのだが、御嶽海の圧力がそうせざるを得ないようにしているのかなと思う。横綱や大関にはまだ通用しないことが多いが、やはりこの相撲をさらに磨いていくのが良いのだと思う。

あと1日を残して勝ち越し。総括は明日するとして、6場所連続で勝っている千秋楽を、今場所も勝って締めたい。

千秋楽の相手は栃煌山。栃煌山は今場所西前頭10枚目ということでかなり番付が離れているが、今場所10勝4敗と好成績を挙げているため組まれた。ただし10勝4敗と言っても、10勝1敗から現在3連敗中となっている。過去の対戦は2勝0敗と御嶽海が連勝中。御嶽海はもう勝ち越しを決めているので緊張もなく臨めるはず。今場所は相性の良い相手にはしっかり勝っているので、明日も落ち着いて取ればきっと大丈夫。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:45 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48「暗闇求む」のMV(Short ver.)が公開

4月12日発売のNGT48のデビューシングル「青春時計」。そのType-Cのカップリングに収録される「暗闇求む」のMVのショートバージョンがYou Tubeのオフィシャルチャンネルで公開された。



この「暗闇求む」は今回のシングルで唯一の26人全員で歌う曲。つまり最後の26人曲となる。もちろん、みーずんもしっかり映っている。

NGTはこれまで「Maxとき315号」、「君はどこにいる?」、「みどりと森の運動公園」、そして「青春時計」と曲を発表してきたが、これまでとはガラッと曲の雰囲気が変わっている。NGTのイメージにはあまりないクールな感じだが、個人的にはタイトルを聞いたときにはもっとバキバキな感じかと思っていたので、今までのNGTが好きな人でもそこまで抵抗はないのではないだろうか。作曲はMitsu-J_YADAKO。調べたところMitsu.Jさんという人とYADAKOさんという人がいるので、2人の共作ということだろうか。ちなみにMitsu.Jさんは三代目J Soul Brothers「Unfair World」の作編曲でレコ大も受賞するすごい人である。編曲は立山秋航さん。アイドルソングやアニメソングの編曲を手掛けており、AKBグループでもAKB「Seventeen」や渡辺麻友「ラッパ練習中」などの編曲をしている。実績のある人たちによる作品ということだ。

公開されたものはショートバージョンなのだが、どの部分なのだろうか。MVのショートバージョンって最初から1番のサビ終わりまで(例:「Maxとき315号」)、もしくは2番の途中くらいまで(例:「みどりと森の運動公園」)っていうのが多かったりするが、これは最後完全に音が止まっているので最後の部分なのだろうか。そうなると曲の全貌はまだまだ見えてないことになるので楽しみ。

「青春時計」発売まで3週間を切ったが、まだ未公開のMVが2つ(「出陣」と「純情よろしく」)残っているので、来週、再来週にも1つずつ公開されるのではないかと思っている。そしてその次の週に満を持して発売と。発売まで待ち遠しい。

青春時計(TypeC)(DVD付) - NGT48
青春時計(TypeC)(DVD付) - NGT48
posted by K at 01:50 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年春場所 13日目○蒼国来

13日目 ○御嶽海(寄り切り)蒼国来●

立ち合いから御嶽海が押し込む。蒼国来は回り込みながら組み止める機会をうかがうが、御嶽海はどんどん前に出る。そして蒼国来が左上手を取るが、ここでも御嶽海はひるまずに前に出て、相手に有利な体勢になる前に寄り切り。御嶽海は幕内で5度目の対戦にしてついに蒼国来に勝利し、勝ち越しに王手をかけた。

とにかく休まず前に出続けたのが良かった。今回もまわしは取られたものの、これまでの対戦と違って御嶽海がいい体勢だったのでそのまま押し出すことができた。今日の勝ち方であれば苦手意識もだいぶ払しょくできたのではないだろうか。

天敵ともいえる蒼国来に勝利し、これで7勝目。三役での勝ち越しに王手をかけた。あと2日あるので、ここは勝ち越しではなく9勝を狙っていきたい。今場所はどうも関脇の枠が空かなさそうなので勝ち越しても関脇は厳しいが、三役の座を維持したい。

明日の相手は千代の国。過去の対戦は3勝0敗で御嶽海がすべて勝っている。ただ数字ほど圧倒しているわけではなく、少しでもスキを見せると危険な相手だ。ただここはしっかり勝って勝ち越しを決めたい。

過去の対戦
28秋 ○御嶽海(押し出し)千代の国●
28九 ○御嶽海(寄り切り)千代の国●
29初 ○御嶽海(掬い投げ)千代の国●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:03 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする