2017年04月30日

2017.04.30 巨人2-3ヤクルト

初回、バレンティンの内野ゴロの間にヤクルトが1点を先制。しかし巨人は3回、ヤクルトの守備のミスの間に同点に追いつくと、4回には小林のタイムリーで勝ち越しに成功する。6回、バレンティンのタイムリーでヤクルトが再び同点。そして7回、1アウト1,3塁から坂口が内野ゴロを打つが、これを中井が判断を誤りオールセーフに。この間に3塁ランナーが生還し、ヤクルトが勝ち越し。このリードを守ったヤクルトが勝利し、カードの勝ち越しを決めた。

先発の内海は6回2失点。まずまずだったと思うが、今日の2失点はいずれも四球で出したランナーが還ってきたものだったので、やっぱり四球は出しちゃいけないな。

そして問題の3点目。ランナーを出したのは池田で、実際に点が入ったときに投げていたのはマシソンだが、この失点はピッチャーのせいではなく中井の守備がまずかった。前進守備だったとはいえ、タイミング的にはダブルプレー取れたので非常にもったいなかった。

打線は8安打を打ちながら2点。チャンスは作るのにランナーが得点圏にいると打たないという昨年たくさん見た光景が。ただそんな中で、今季まだ打点がなかった小林にタイムリーが出たのは良かった。ヒットもやっと出始めたがまだ打率が低いので、なんとか2割には乗せてほしいところ。

地味に3カード連続負け越し。あの5連敗以降大きな連敗はないが、これはあまりいい流れではない。負けた6試合を見てみると、5試合が2点以下。問題は打線の方にありそうだ。阿部の調子がかなり落ちてきたので、それをなんとか他の選手でカバーしたいところ。今日はこれまでずっと上位を打っていた中井を7番に置き、2番に橋本を入れたが、こういう組み替えはどんどんやっていけばいいと思う。

火曜日からは東京ドームに戻ってDeNAとの3連戦。ホームに戻るので、ここは勝ち越して嫌な流れを止めたい。2試合連続完封中の菅野にまずは勢いをつけてほしい。

posted by K at 23:59 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48 チームN3の新公演が7月2日にスタート

本日行われたチームN3「パジャマドライブ」公演にて、7月2日にチームN3の3rd公演となる新公演が始まること、それにあわせて現在の「パジャマドライブ」公演が6月5日に千秋楽を迎えることが発表された。






今村支配人のブログ
http://lineblog.me/ngt48/archives/67133601.html?h=3

ここで公演変更か。予想してなかった。ただ、パジャドラが始まったのが昨年の5月28日だったので、約1年というのは良いタイミングじゃないだろうか。

さて注目は公演の演目。劇場公演は先輩たちがやってきた公演をやる場合(今のパジャドラもこっち)と、いろんな曲を組み合わせたオリジナル公演をやる場合との2通りがあるが、どっちになるか(さすがに新公演を書き下ろしてくれることはないだろう)。先輩の公演をやる場合、基本的には現在他グループがやっていない公演をやることになるだろう。現在どのチームもやっていない公演は、「誰かのために」、「脳内パラダイス」、「逆上がり」、「制服の芽」、「ラムネの飲み方」、「ここにだって天使はいる」の6つ。この中だったら見たいのは「逆上がり」か「制服の芽」かなあ。好きな公演は「恋愛禁止条例」とか「アイドルの夜明け」とか「RESET」とかなんだけど、どれも他のチームがやってるし。

オリジナル公演をやるという可能性もある。「青春時計」の発売によってNGTにも持ち歌が増えた。オリジナル曲だけで組むにはまだ少し足りないが、姉妹グループの曲と合わせるとか、既存の公演を数曲入れ替えるなどすればNGT色の強い公演を作ることも可能だ。今回、パジャドラを始めるときと違って公演名を発表しなかったのも、もしかしてオリジナル公演だからなのではと思ったりもしている。

初日は7月ということでちょっと先。パジャドラの千秋楽から新公演の初日も約1ヶ月開くが、この間は総選挙があるので仕方ないかなと思う。それにガルベストン公演はやるはずだし。この間に誕生日を迎えるN3メンバーもきたりえ(6月24日)だけなので、生誕祭遅くなる問題もない。

新公演も楽しみだが、パジャドラ公演が楽しめるのは残り約1ヶ月ということで、こっちもしっかり楽しみたい。

posted by K at 00:28 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

2017.04.29 巨人1-2ヤクルト

巨人・田口、ヤクルト・小川の両先発がともに6回まで無失点。巨人の投手が代わった7回、雄平の2ランでヤクルトがついに先制する。巨人は8回、阿部のタイムリーで1点差とするが、あと1点を奪えずゲームセット。ヤクルトがこのカード1勝1敗とした。

先発の田口は6回無失点。これだけ見ると好投に見えるが、与四死球はなんと8。ヒットも4本打たれていて、よくこれだけランナーを出して失点しなかったなというピッチングだった。完璧なピッチングより逆に難しいんじゃないだろうか。援護がなかったのは残念だが、まあテンポが悪かったのも確かだし…。

2番手の篠原が打たれて負け投手となったが(プロ初黒星)、これも四球でランナーを出してからのホームランだった。終盤での2ランだったので痛かった。あとは3番手の中川が今季初登板。2年目のサウスポー。昨年は2試合に登板した。今日は1イニングを抑えたし、昨年以上の活躍を期待したい。

打線は小川を打てず。どうも試合ごとにムラがあるな。ただ今日良かったのは阿部にタイムリーが出たこと。しばらく打点を挙げられてなかったので、これでまた調子を上げてくれれば。

明日の先発は巨人が内海、ヤクルトが星。内海は昨年ヤクルトに対して2試合に投げ、2勝0敗、防御率1.80。得意にしていたが、神宮ではこの2年投げていないのでそこが少し不安でもある。対する星はドラフト2位ルーキー。ここまで一軍では6試合投げているが、いずれもリリーフでの登板。明日がプロ初先発となる。前回登板では4イニングを投げておりスタミナは問題なさそうだが、初先発のプレッシャーはあるはずで、そこを突けるか。

posted by K at 23:28 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48応援日記 Vol.049

なんだかラジオ感想が永遠に追いつかない気がしてきたので、4月以降のラジオはリアルタイム感想として先に書くことにした。3月以前のものも過去感想としていずれちゃんと3月分まで書く。

・【リアルタイム】『ラジあく』第80回〜83回の感想
第80回はれなぽん(長谷川玲奈)、あいにゃー(日下部愛菜)、れいにゃー(清司麗菜)。以前「流行語クイズ」で勝ったあいにゃーのご褒美企画。っていうかあいにゃーあれからずっと出てなかったのか。実はツンデレキャラでいこうとしていたらしいが、普通もっといるはずの優等生キャラがNGTに全然いないし、今のしっかり者キャラで良かったと思う。たまに見せたらそれはそれで面白いけど。

第81回はつぐみん(小熊倫実)、おかっぱ(高倉萌香)、まほほん(山口真帆)。「青春時計」のPR、全然できず。何がすごいって、PRしたけど時間余っちゃったとかじゃなくて、30秒間ずっとPRしてないところ。もじゃさんのツッコミが心地よかった。後半のメッセージコーナーもまほほんのツッコミによってなかなか進まず。なかなか質問に答えてもらえないラジオネーム「西荻が気になって10秒しか寝れません」さん。でもめちゃくちゃおいしい。

第82回はもふちゃん(村雲颯香)、かどちゃん(角ゆりあ)、ななこ(西村菜那子)。前回の3人の分までしっかり「青春時計」をPRする3人。特にななこはさすがだった。後半は夜フィギュアに話しかけるもふちゃんの闇が垣間見えた。それにしても、かどちゃんはよく喋るようになったなあ。今回は喋るの得意な2人と一緒だったが、負けてなかった。

第83回はバンチョー橋(橋真生)、エキデン菜那子(西村菜那子)、ヘタレイワシ(宮島亜弥)。これは『豆腐プロレス』みたいにリングネームをつけるならという話題で出たものだけど、1つだけ異常にゴロの良い悪口が。たぶんななこが言ったと思うんだけど、すごいワードセンスだ。あと他の2人もリングネームというより競走馬っぽい。前半のなんでもランキングは「黙ってればかわいいのに喋ると残念なメンバーランキング」が面白かった。NGTはそういうメンバーばかりだろうと思ったけど、ランキング(1位もふちゃん、2位まうまう、3位あんじゅ)はまあ納得。


・【過去感想】『SHR』第45回〜50回の感想
第45回、46回はりったん(菅原りこ)、がたねぇ(西潟茉莉奈)、もふちゃん(村雲颯香)。前半は早押しクイズ。なんとなく想像はついたが、がたねぇともふちゃん相手にりったんが早押しなどできるわけなかった。ただクイズで答えられなくても、名古屋で「しきめん」食べたって言ったり、キャッチコピーで「雪というのが降ってきました」とか言ったり確実に天然を発揮して存在感を出すりったんがさすがだった。がたねぇともふちゃんはお互いをよくわかっているのでいじり合いの応酬だった。

第47回、48回はひなたん(本間日陽)、まほほん(山口真帆)、みはちゃん(奈良未遥)。前の回と同じく、早押しクイズとキャッチフレーズ。早押しは唯一新潟出身のひなたんが活躍。今回はひなたんは優等生だった。まほほんは早押しでえちゴンボケをしながら、キャッチフレーズは普通にちゃんとしたのを答える振り幅の広さを見せた。みはちゃんは真面目にやってるのにずっとボケてた。それにしても前回もそうだったけど、早押しボタンがあるとみんな押したくなっちゃうんだな。

第49回、50回はかとみな(加藤美南)、おかっぱ(高倉萌香)、りかちゃん(中井りか)。かとみなとおかっぱがついに初登場。前半の早押しでは新しく覚えた言葉、ページェント(野外で行われる大掛かりな催し)を濫用。最終的になんか変な意味になっていた。そしてかとみながやたらとツイッターのトレンド入りを狙っていた。後半はキャッチフレーズの後のクリスマストークが印象に残った。クリスマスなんだからもっと華やかな思い出があるかと思いきやちょっと物悲しいという。


・NGT48がデオボール「いい汗かこうプロジェクト」に参加
NGT48が、ロート製薬の制汗剤「デオボール」の「いい汗かこうプロジェクト」に参加することが発表された。





公式サイト
http://jp.rohto.com/deoball/iiase_ngt48/?utm_source=TW&utm_medium=ngt48&utm_campaign=deoball

NGTで汗と言ったらおぎゆかだろうなと思ったら、やっぱりおぎゆかときたりえのインタビューが掲載されていた(副キャプテンというのもあるだろうけど)。明らかに女性向けのキャンペーンなので、デオボールのついでにNGTにも興味を持ってもらえたらいいと思う。プロジェクトに参加って、今後も何かあるんだろうか。

posted by K at 22:18 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

2017.04.28 巨人7-0ヤクルト

初回、坂本のタイムリーで巨人が先制。さらにマギーに3ランが出て、いきなり4点を先制する。3回には石川に移籍後初となる2ランが出て2点を追加。4回にもマギーのタイムリーで1点を追加し、この時点で7-0と大量リードを奪う。大量援護をもらった投手陣はランナーを出しながらも得点を許さず、7-0で巨人が快勝した。

先発のマイコラスは6回無失点。マウンドに上がる前に4点の援護をもらい、かなり楽になったのではないかと思う。ランナーを出しながらも要所を抑え無失点だった。ただ、欲を言えばもう1イニングくらい投げてほしかったところではある。

中継ぎもランナーを出しながら無失点。カミネロはしばらく投げてなかったし調整ということでいいと思うけど、池田の登板がちょっと多くなってきているのが気になるところ。たぶん信用されてきたってことなんだと思うけど、今日は点差もあったし乾や山口でもよかった気がする。下手に点を取られて相手に勢いを与えないようにということだったのかな。

打線は序盤に大量点。今日は阿部がスタメンを外れたが、それを感じさせない勢いだった。特にマギーの調子がかなり良い。マギーが良いからこそ今日みたいに阿部を休ませられる。良い補強をしたと思う。そしてもう1人、石川は移籍後初ホームランを含む3安打。このホームランが巨人の外野手全体でも今季第1号となった。外野手のレギュラー争いでは一歩リードか。他の選手たちも刺激を受けて調子を上げてくれればいいな。

明日の先発は巨人が田口、ヤクルトが小川。前回、7回1失点の好投を見せた田口。ヤクルト戦は今季初登板。昨年は2試合に投げて0勝1敗、防御率1.50。ただ神宮では昨年投げていないので、そこがどうなるか。対する小川とは今季初対戦。小川は昨年は巨人戦4試合に投げ、2勝1敗、防御率2.60。シーズンの防御率が4.50だったので得意な方だった。明日も序盤から打って田口を楽にできるか。

posted by K at 23:16 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする