2017年04月27日

2017.04.27 巨人0-1広島

巨人・宮國、広島・大瀬良の両先発の好投により、4回まで0-0。5回、會澤の犠牲フライによって広島が先制する。先制された巨人はその後、毎回ランナーを出すものの、どうしても点を奪うことができない。結局最後まで無失点で抑えた広島が逃げ切り、このカードの勝ち越しを決めた。

先発の宮國は6回1失点。宮國はここ数年中継ぎで活躍しており、一軍での先発は2014年10月6日以来(このときも広島戦)だったが、上々の結果だったのではないだろうか。許したヒットは3で全部単打。唯一の失点は犠牲フライ。四球も0とかなり良かったと思う。今日は援護がなく負け投手となってしまったが、次も先発だろう。

打線はわずか4安打。今日は阿部に4打席ともランナーありの状況で回ったのだが、阿部がノーヒットだった。阿部の調子が落ちてきたかなあ。阪神戦でスタメンを外れて以降、まだ1安打。そもそもスタメンを外れたのが下半身の張りによるものらしいけど、まだ万全じゃないのかも。治るなら多少休んでも良いと思うが、どんなもんなんだろうか。

このカードは1勝2敗。敵地で、現在首位の相手に1勝2敗なので良しとすべきなのかもしれないが、前回巨人のホームで3連敗しているだけにできれば勝ち越したかった。負けた2試合も1点差だったのでより悔しい。ただ投手陣が前回より好投できたのはいい傾向だ。次こそ勝ち越しを。

明日からは神宮でヤクルトとの3連戦。明日の先発は巨人がマイコラス、ヤクルトが石川。前回、6回4失点で今季初黒星を喫したマイコラス。4四死球と制球も良くなかったので、そこさえ改善すればいけるはず。対する石川とは今季初対戦。今季はここまで4試合で2勝1敗、防御率2.88となかなかの成績を残している。37歳のベテランながら開幕投手を務めるなど、今季も元気だ。昨年は2度対戦して1勝1敗、防御率4.26。広島戦では湿り気味だった打線が調子を取り戻せるか。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 23:18 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48 デビューシングル個別握手会の第9次応募受付がスタート

NGT48のデビューシングル「青春時計」、その個別握手会の第9次応募受付がスタートした。

フォーチュンミュージックのページ(購入には会員登録が必要)
https://fortunemusic.jp/ngt48_201704/

第9次の応募受付は27日の午後2時まで。買える枚数は第8次と同じく、1回の申し込みにつき、1人15種類まで、1種あたり10枚まで(最大150枚まで)。最大10回まで申し込みが可能となる。

4月30日、5月7日の握手会の受付はすでに終了しており、今回からは5月28日横浜、7月9日幕張、8月20日長岡の3日間の受付をしている。なお、来週行われる第10次応募受付にて5月28日の受付が最後となる。

まだ受付中の3日間で完売している部は以下の通り。

5月28日:パシフィコ横浜
中井りか…全部
本間日陽…2,4部
西村菜那子…2部

7月9日:幕張メッセ
中井りか…全部
西潟茉莉奈…5部
本間日陽…4部

8月20日:ハイブ長岡
荻野由佳…全部
小熊倫実…全部
柏木由紀…全部
加藤美南…全部
高倉萌香…2,3部
中井りか…全部
西潟茉莉奈…全部
長谷川玲奈…3部
本間日陽…全部
山口真帆…全部
中村歩加…2,3部
奈良未遥…3部
西村菜那子…2部
宮島亜弥…全部

りかちゃんはすでに受付が終了している2日間も全完売していたので、これで全日程完売か。たいしたものだ。他のメンバーは長岡以外はまだ完売は少ないが、今週末にNGTでは初の個別握手会が行われるので、それをうけてまた増えるんじゃないかと思われる。

posted by K at 00:44 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

2017.04.26 巨人6-7広島

初回、中井のホームランで巨人が先制。2回には立岡の2点タイムリーが出て、巨人が3点差とする。しかしその裏、広島が安部のタイムリーで1点を返すと、4回には鈴木、松山のタイムリーで同点に。そして6回には會澤の2点タイムリーと堂林の犠牲フライで、広島が3点を勝ち越す。直後の7回、巨人は中井の内野ゴロの間と坂本のタイムリーで1点差と迫るが、その裏、安部のタイムリーで広島が2点差に。9回、立岡の内野ゴロの間に1点を返し、巨人は再び1点差としたもののあと一歩及ばず、広島が接戦を制した。

先発の大竹は6回途中4失点。今日は大竹が悪かったな。3点のリードを守れなかったのもそうだし、6回に先頭打者に四球を出して降板したのもその後の3失点につながった。今日大竹が出した四球は2つだが、どちらも回の先頭打者に与え、それがどちらも失点につながった。やはり四球は怖い。

今日は池田、篠原の若手中継ぎ陣も流れを止められなかった。最終的に1点差の試合だったので、池田がもう少し踏ん張れれば、篠原のあの1点がなければ、と思うが、これを糧にしてほしい。ちなみに篠原はこれがプロ初失点となった。

打線は最後まで食らいついたが、あと一歩及ばず。今日は立岡と中井の打順を入れ替えたが、結果この2人で5打点を挙げているので効果はあったと思っていいのかな。展開的には1点差に迫って阿部、マギーに回った7回にもっと点を取りたかった。

これで1勝1敗。広島には前回東京ドームで3連敗しているので、敵地ではあるが明日勝って勝ち越したい。明日の先発は巨人が宮國、広島が大瀬良。マイコラスを中5日で持ってくるか、それとも2軍から誰か上げるかと思っていたら、一軍では中継ぎをやっていた宮國に先発を任せたか。ただ宮國は今季、一軍に上がるまではずっと先発として調整していたはずなので、先発でも大丈夫だと思う。対する大瀬良とは今季2度目の対戦。前回は7回5失点と巨人は大瀬良を打ったが、このときは抑えのカミネロが大誤算で逆転負けを喫していた。なので打線は悪いイメージはないと思う。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 23:34 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017.04.25 巨人1-0広島

巨人・菅野、広島・野村の両先発による投手戦。4回、マギーのソロホームランで巨人が先制するが、それ以外は両者譲らない。野村は8回まで投げて降板。そして菅野は8回のピンチを抑え、9回のマウンドに上がる。結局、9回も三者凡退で抑えてゲームセット。首位攻防戦の初戦は巨人が制し、ゲーム差は0.5となった。

先発の菅野は9回無失点。2試合連続の完封勝利を収めた。広島には前回5失点と打たれたが、今回は連打を許さず。しかも今回は相手のホームであり、これで前回の苦い記憶は消えたと思う。WBC組で不調と言われる選手が何人かいるが、菅野はもう何も心配ない。

打線はマギーのホームランの1点のみ。前回の広島戦は打たれた代わりに結構打っていたのだが、今回は苦戦した。それでも阿部がスタメンに戻ってきたのは良かった。村田も調子は悪くなさそうなので、阿部の体調を考えてうまく併用していきたい。

まず初戦を取った。敵地での3連戦なので最悪1勝でも、と思っていたので、初戦を取れたのは大きい。この調子でもう1勝。明日の先発は巨人が大竹、広島が福井。内海が日曜日に入ったため、大竹は中9日での登板。ここまでは悪くないピッチングを見せているが、古巣広島相手にもそのピッチングができるか。対する福井は明日が今季初登板。福井は巨人戦を得意にしており、昨年までの2年間で6勝1敗となっている。今日も打てなかったので不安だが、その不安を跳ね返してほしい。

タグ:野球 広島 巨人
posted by K at 00:07 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

NGT48「みどりと森の運動公園」の感想

「青春時計」の発売からおよそ2週間経ったので、そろそろレビューをしようかと思ったのだが、そういえばこっちをやってなかったので、先に「みどりと森の運動公園」の感想。



歌詞
http://www.uta-net.com/song/226097/

作曲が「恋するフォーチュンクッキー」などの伊藤心太郎さん、編曲が多数の楽曲を手掛ける野中”まさ”雄一さんということもあってAKBの王道といえる楽曲に。イントロからしてキラキラしている。個人的には「まだ恋と気づかずに 別れ際 口にしたこと」の部分のサビに向かって盛り上がっていくところが好き。

歌詞の内容はラブソング。「Maxとき315号」と同じく曲中に「みどりと森の運動公園」はまったく出てこないが、たぶん待ち合わせをしているのが公園なんだろう。歌詞もBメロのところが好きだな。1番で「まだ恋と気づかずに」と歌っていたところが2番では「今恋と気づいたよ」になっているようにリンクしている感じが良い。あと1番最後の「ときめく」が「Maxとき」とかかってるのかなとか、2番の「蝉がどこかで鳴いてる」は「君どこ」(『ひぐらしのなく頃に』の主題歌)とかかってるのかなとか想像するのも楽しい。なんていったって作詞は秋元康なので、それぐらい考えていてもおかしくない。そしてサビ頭の「待ってるのは待たせるよりしあわせな時間だよね」はあれか、メジャーデビュー決定の発表からかなり待たされたメンバーやファンに対するコメントか。違うか。

MVは曲名でもあるみどりと森の運動公園とスキー場で撮影された。この曲は歌詞に「蝉」とか「半袖のシャツ」とか入っていて思いっきり夏の曲なのでよく考えるとおかしいのだが、銀世界がキラキラした曲に合っているのであまり違和感がない。スキー場の撮影はスキー・スノボができる組とできない組に分かれて行われたようで、できない組(おかっぱ、きたりえ、ゆきりん等)はソリに乗ったり雪だるまを作ったりしており、できる組(あんじゅ、れなぽん等)は実際に滑るシーンが入っている。上のショートバージョンの1分34秒あたりで滑り降りていく2人は、青っぽいのがれなぽんで赤っぽいのがたぶんひなたん。あんじゅはこのショートバージョンの少し後で素晴らしい滑りを見せているが、ゴーグルで顔が隠れているのでこれだけだと誰かよくわからないという悲劇。MVの終盤は夜にキャンプファイヤーをしているが、いい天気だった昼間から一変して大雪となっている。まあ、今回はゆきりんもいたからな…。NGTは基本的に晴れるときたりえのおかげで、悪天候だと全部由紀のせいだという感じになるけど今回は引き分けだったか。

NGTにとって、26人で撮ったMVというのはこの曲と「暗闇求む」の2曲あるけど、この2曲は対になっているように感じた。「みど森」はキラキラ明るくて歌詞的にも恋の始まりみたいな曲なのに対し、「暗闇」はダークで歌詞でも「恋が終わった」って言ってるし。MVも「暗闇」ではほとんど笑顔がないが、「みど森」は素が出ていてずっと笑顔。2曲合わせて聴くのもいいかもしれない。




「みどりと森の運動公園」が収録されているAKB48のシングル「シュートサイン」は発売中。「みどりと森の運動公園」はType Dに入っている。

47th Single「シュートサイン Type D」初回限定盤 - AKB48
47th Single「シュートサイン Type D」初回限定盤 - AKB48

47th Single「シュートサイン Type D」通常盤 - AKB48
47th Single「シュートサイン Type D」通常盤 - AKB48

みどりと森の運動公園 -
みどりと森の運動公園 -

posted by K at 14:34 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする