2017年04月01日

2017.04.01 巨人4-2中日

3回、中日の先発バルデスが自らホームランを打ち、中日が先制。4回、堂上のタイムリーで中日が追加点を挙げる。巨人は7回、満塁のチャンスから阿部が押し出しの四球を選び1点を返すが、続くチャンスでは得点できず。1点ビハインドで迎えた9回、巨人は代打の村田がヒット、坂本が四球でランナーをためると、阿部が逆転サヨナラ3ランを打ちゲームセット。巨人が劇的勝利で連勝、カード勝ち越しを決めた。

先発の田口は5回2失点。5回までで100球を超え、投手のバルデスに一発を浴びるなど、調子は悪かったと思う。ただ悪いなりに2失点で抑えているので、最低限のピッチングはできたのではないか。負けが消えてよかった。

今日は2人のルーキーがデビュー。ドラフト3位の谷岡は6回から2イニング、ドラフト4位の池田は8回の1イニングを投げ、ともに無失点に抑えた。2人とも社会人出身(谷岡は高卒、池田は大卒)で即戦力の期待がかかる中、デビュー戦を0で切り抜けたというのは大きな自信になるはず。ドラフト1位の吉川、2位の畠がコンディション不良や手術で出遅れているので、2人には頑張ってほしい。

打線は阿部が全打点を挙げた。9回も阿部に回せばなんとかなるんじゃないかと思ってはいたが、まさか本当にホームラン打つとは。相手の抑えを打ったのも大きい。一方で、相手先発のバルデスには苦戦した。バルデスは昨年も打てなかったんだけど、今年も苦労しそうだ。

明日の先発は巨人が大竹、中日が吉見。大竹は昨年6勝6敗、防御率3.55。一昨年から成績が向上し、復活の兆しを見せた。昨年は一軍初登板が5月後半だったが、今年は開幕3戦目を任されることになった。山口俊や吉川光らが新しく加入し、先発ローテーション争いも激しくなることが予想されるので、大竹は好投でアピールしておきたい。対する吉見は昨年6勝7敗、防御率3.08。4年ぶりに100イニング以上を投げた。巨人戦では4試合に投げ、1勝1敗、防御率2.22と巨人は抑えられている。この2試合、勢いは確実にこっちにあるので、打ち崩してさらに弾みをつけたい。


タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 21:08 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48「青春時計」が『CDTV』の4・5月度オープニングテーマに

NGT48のデビューシングル「青春時計」が、TBS系列で放送されている『CDTV』の4・5月度オープニングテーマに決定した。

『CDTV』は土曜深夜に放送されている名物音楽番組。全国のTBS系列で見ることができる(CBCのみ遅れネット、その他は同時ネット)。ちなみに今週の放送までは55分の放送だが、来週から70分に拡大するらしい。

4月度ってことはもしかして今日からか。来週から放送時間が拡大するので来週からかもしれないが、とにかく必見。『豆腐プロレス』と2分だけ被っているが、オープニングを見ないと意味がないのでこっちを見なければ。

それにしても『CDTV』はガールズフェスにも呼んでくれたし、これはゲストアーティストとしての登場も期待していいのかな。今のところ『AKB48 SHOW!』と『バズリズム』の出演はわかっているが、他の歌番組にも出られるといいな。


posted by K at 11:50 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AKB48 49thシングル選抜総選挙 不参加メンバー一覧

49thシングル選抜総選挙の立候補受け付けが先ほど締め切られ、立候補者が決定。同時に、不参加のメンバーも確定した。参加メンバーが多すぎるので、不参加メンバーをまとめる。

49thシングル選抜総選挙 不参加メンバー(卒業発表したメンバーは除く、兼任メンバーは元所属のグループのみ記載)

AKB48
入山杏奈、柏木由紀、木崎ゆりあ、田名部生来、村山彩希、福地玲奈、谷優里、濱松里緒菜

SKE48
後藤理沙子、二村春香

NMB48
山尾梨奈、山本彩、上枝恵美加、木下百花、村中有基、矢倉楓子

HKT48
井上由莉耶、岡本尚子、兒玉遥、駒田京伽、筒井莉子

NGT48
なし

STU48
なし

JKT48
近野莉菜


卒業発表していないメンバーで不参加となったのは22人。中には柏木由紀、山本彩、兒玉遥と昨年トップ10に入ったメンバー3人も含まれている。昨年80位以内にランクインしたメンバーのうち、卒業や不参加によって今年の総選挙に出ないメンバーが21人いるため、最低でも21人は新たにランクイン、もしくは返り咲きということになる。選抜だけでも5人は入れ替わるので、選抜争いはまた激しくなりそうだ。

posted by K at 01:20 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017.03.31 巨人6-2DeNA

初回、阿部の2ランで巨人が先制。このホームランが今年のプロ野球の第1号ホームランとなった。3回には阿部のタイムリー、マギーのタイムリーで巨人が2点を追加。5回、中日は杉山の犠牲フライと巨人のエラーによって2点を返すが、その裏、巨人は坂本の2ランで再び4点差に突き放す。巨人は先発のマイコラスからセットアッパーのマシソン、そして抑えの新外国人カミネロという助っ人トリオが抑え、開幕戦を快勝した。

開幕投手となったマイコラスは7回2失点(自責1)。WBCに参加した菅野が開幕戦を回避したことで大役が回ってきたが、見事なピッチングを見せた。昨年は初登板が6月後半で4勝2敗だったが、今季は開幕からいてくれるということで2ケタ勝利を期待したい。

そして新外国人のカミネロはさっそく初登板。澤村が右肩のコンディション不良で調整中のためしばらくはカミネロが抑えということになりそうだが、今日のピッチングを見る限り大丈夫そう。球速もさっそく155キロが出ているし、2塁打は打たれたが四球はなかった。今日の試合だけで全幅の信頼を置くわけではないが、しばらくはカミネロ抑えでいいだろう。

打線は、セカンドやレフトが埋まらないという問題があったが結局以下のようなスタメンになった。

1.(二)中井
2.(中)立岡
3.(遊)坂本
4.(一)阿部
5.(三)マギー
6.(右)長野
7.(左)岡本
8.(捕)小林
9.(投)マイコラス

セカンドは中井、レフトは岡本に。そしてサードには元楽天で今年NPBに復帰したマギーが入り、昨年全試合に出場した村田がスタメン落ち、出場なしということになった。層が厚いのか薄いのかよくわからないが、3番4番がホームラン、小林、マイコラス以外はヒットを打つなど、打線はしっかり機能した。ただ心配なのは守備で、抜擢された中井、岡本はともに不安を残す守備を見せた。この2つのポジションは候補がいっぱいいるので、打撃もだが守備でも結果を残してほしい。派手なプレーはいらないから堅実に。

このところ開幕戦に強い巨人、今年も白星発進となった。なんでも5年連続で、これは球団タイ記録らしい。今日は勝ち方も素晴らしかったし、この勢いでカード勝ち越しと行きたい。

明日の先発は巨人が田口、中日がバルデス。オープン戦最下位に沈んだ巨人において、絶好調だったのが田口。オープン戦4試合に登板し、20イニングで防御率0.90と素晴らしい成績を残した。昨年は10勝でローテーションの一角に定着。今季は左のエースとしての期待がかかる。田口の心配はあまりしていないが、今日のようにしっかり打線が援護をしてほしい。対するバルデスは、昨年巨人戦に5試合登板し、1勝0敗、防御率1.78と巨人を抑えている。田口も昨年の中日戦は3試合で1勝1敗、防御率2.11と抑えており、昨年の通りならロースコアの展開となりそうだ。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 00:28 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする