2017年04月02日

2017.04.02 巨人6-3中日

初回、ビシエドのタイムリーで中日が先制。4回にはゲレーロのホームランで1点を追加する。しかしその裏、阿部のタイムリーで1点を返し、さらにマギーの内野ゴロの間に同点とする。そして6回、巨人はマギーのタイムリーで勝ち越し。さらに代打亀井の2点タイムリー、さらにピッチャー大竹のスクイズも決まり、この回一気に4点を挙げる。直後の7回、平田のホームランで中日が1点を返すが、その後は巨人が森福、マシソン、カミネロとつなぎ、無失点に抑えてゲームセット。巨人が開幕3連勝とした。

先発の大竹は7回途中3失点。中軸に打たれたが、それ以外を抑えたのが良かった。スクイズも決めたし(どっちかっていうと決めたのは亀井だけど)、今季初登板は上々ではないだろうか。

今日はソフトバンクから移籍してきた森福が初登板を果たした。大竹が出したランナーがいる場面での登板だったが、1イニングをしっかりと投げ切った。ここ数年、山口鉄が打たれることが増えてきている中で、左投手の選択肢が増えるのはありがたい。ワンポイントもあるかもしれないが期待している。

打線は4回と6回以外は無安打だったが、その2イニングの集中打で6点を取った。阿部が好調すぎて逆に怖いが、頼りにはなる。小林に初安打が出たのも良かった。

開幕3連勝、いいスタートを切った。ここまで、カミネロ、マギー、谷岡、池田、森福といった新戦力が活躍しているのが印象的。これがポジションを争う選手たちに対する刺激になってチーム力がさらに上がればいちばんいいけど。あとは采配もいい感じ。昨日、今日と代打がしっかり結果を出している。心配な点は守備か。3試合ともエラーが出ている。勝ってるからまだいいけど、特に岡本や中井はせっかくチャンスをもらっているので、打撃もだけど守備も大事にしたい。

火曜日からは横浜でDeNA戦。先発は菅野、内海、吉川でいくようだ。注目はやはり菅野。WBCでは準決勝に先発し、試合は敗れたが、アメリカ相手に6回1失点と好投を見せた。WBCでの疲労を考慮し開幕カードは回避し、DeNA戦先発となった。疲労がどれだけ取れているか。そして、昨年防御率4.05、横浜スタジアムに限定すると防御率7.27と苦手にしているDeNA戦でどんなピッチングを見せるか、注目だ。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:24 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする