2017年05月01日

平成29年夏場所番付発表、御嶽海は東小結

夏場所の番付が発表され、御嶽海は先場所と変わらず、東小結となった。

先場所、小結で初めて勝ち越した御嶽海だが、3関脇がいずれも勝ち越したため関脇の枠が空かず、小結据え置きとなった。不運だが仕方がない。先場所は自分より番付が下の相手に全勝という素晴らしい成績を残したが、一方で大関以上には不戦勝だった白鵬を除き、1度も勝てなかった。なので今場所は、横綱や大関を倒したうえで勝ち越すというのが目標になるだろう。とくに、まだ相撲で勝ったことのない稀勢の里と白鵬。この2人に勝てるとさらに自信がつきそうだ。御嶽海より下の力士では、嘉風にはまだ勝ったことがない。また千代翔馬とは対戦自体がなく、組まれれば初顔合わせとなる。得意にしているのは千代の国くらいで、侮れない相手が多い印象だ。

御嶽海以外の力士では、稀勢の里が自身初の東正横綱に。ついに番付でも全力士の頂点に立った。先場所の負傷はまだ完治していないが、まず出場できるのか、出場できたとしてどの程度相撲が取れるのか。序盤はとくに注目だ。そして稀勢の里の弟弟子である高安は大関昇進を狙う。大関昇進の目安は、三役で3場所合計33勝。高安は初場所が11勝、春場所が12勝ときており、単純に考えれば今場所10勝すれば大関昇進となる。先場所の相撲ができれば、今の高安なら10勝は難しくないと思う。勢いは田子ノ浦部屋の2人にあるが、これを1年ぶりの優勝を狙う白鵬や、先場所優勝決定戦までいった照ノ富士らモンゴル勢が止められるかがポイントになりそうだ。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:59 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年3月末時点 NGT48メンバー ラジオ出演回数ランキング

5月に入ってしまったが、2017年3月末時点でのNGT48メンバーのレギュラーラジオ出演回数ランキング。

ちなみに3月終了時点での各番組の放送回数は、
『ラジあく』…79回
『PORT』…78回
『SHR』…62回
『ガチガチ』…61回(総選挙8回、カウントダウン53回)
となっている。続きを読む
posted by K at 01:39 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする