2017年05月02日

2017.05.02 巨人5-0DeNA

初回、坂本のタイムリーで巨人が先制。4回には石川のタイムリー内野安打で1点を追加。5回にはマギーの2点タイムリーが出て4-0とする。2試合連続完封中の菅野は序盤はピンチもあったが、これを凌ぐと徐々にギアを上げ、6回、7回はノーヒット。すると7回裏、亀井の犠牲フライで巨人がさらに1点を追加。菅野は8回、9回も3人で抑え、セリーグでは28年ぶりとなる3試合連続完封勝利を達成した。

先発の菅野は9回無失点。すごい、としか言えない。3試合連続完封勝利はセリーグでは89年の5月〜6月にかけて達成した斎藤雅樹(現二軍監督)以来。菅野が生まれたのが89年の10月なので、菅野が生まれてからセリーグでは1度もなかったことを成し遂げた。本当にすごいピッチャーだ。

打線は効果的に得点を重ねた。坂本が4打数4安打と特に目立った。坂本はヒットはずっと出ているが、ホームランは開幕戦以来とかなり久々だった。阿部の調子が落ちてきている中、坂本に長打も出てくるとなると非常に頼もしい。

3カード連続負け越し中だが、菅野の好投をチームの勢いに変えたい。明日の先発は巨人が大竹、DeNAが水野。前回は6回途中4失点で負け投手となった大竹。DeNA戦は今季初登板。昨年は3試合に投げて1勝1敗、防御率5.94とあまり良くはないが、東京ドームでの試合は7回1失点で勝ち投手になっているので期待。対する水野はドラフト2位のルーキー。今日の先発がドラフト1位のM口だったので、2日続けてルーキーが先発ということになる。しかも水野は明日がプロ初登板、初先発。二軍では好成績を残しているようだが、巨人がプロの洗礼を浴びせられるか。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:58 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする