2017年05月03日

2017.05.03 巨人4-1DeNA

2回、ロペスのホームランでDeNAが先制。しかしその裏、巨人は小林の2点タイムリーで逆転に成功する。3回には橋本のタイムリーで1点を追加。その後はしばらく両チームとも点を取れなかったが、8回、阿部のタイムリーで巨人が1点を追加。9回はカミネロがきっちり抑え、巨人が4カード振りの勝ち越しを決めた。

先発の大竹は7回途中1失点。ソロホームランの1点に抑える好投を見せたが、今日も7回にランナーを残して降板した。ここまで5試合先発しているが、すべてイニングの途中での降板となっている。イニングを投げ切っての降板ならもっと印象が良くなるんだけどなあ。今後はそこが課題だな。

打線は今日も少しずつ得点を重ねた。今日は打撃が不振だった小林、今季まだ打点がなかった橋本、そしてこのところ調子が落ちていた阿部がタイムリーを打ったというのが、今後に向けても良かった。特に阿部にはこれで調子を上げていってほしいところ。

久々のカード勝ち越し。これを続けていきたい。明日の先発は巨人が宮國、DeNAがウィーランド。宮國は今季2度目の先発。前回は6回1失点と好投を見せたものの、打線の援護がなく負け投手となった。ただ内容は良かったので、明日も期待したい。対するウィーランドとは今季2度目の対戦。前回は6回2失点とまずまず抑えられた。前回ウィーランドからホームランを打った阿部にまた一発が出るか。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 23:26 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする