2017年05月10日

2017.05.10 巨人9-7阪神

初回、阿部の2ランで巨人が先制。しかし直後の2回、鳥谷の犠牲フライと糸原のタイムリーで阪神が同点とする。3回、坂本の3ラン、マギーのホームランで巨人が4点を勝ち越し。巨人は4回には長野の今季初ホームランで1点、5回には坂本の2打席連続となるホームラン、小林のタイムリーで2点を追加し、この時点で9-2と大量リードを奪う。しかし阪神は6回、押し出しの四球、高山のタイムリー、北條の2点タイムリーで4点を返し、3点差に。さらに9回には中谷のホームランで2点差とするが、最後はカミネロがなんとか抑え、巨人が逃げ切り。阪神の連勝は6でストップした。

先発の大竹は6回途中6失点。今日は大量リードをもらったのだが、またしてもイニングを投げ切れずに降板となってしまった。まあ高山と北條にタイムリーを打たれたのは代わった山口だけど、ランナーをためたのは大竹だし、その前に押し出しの四球を出してるからなあ。勝ったけど、反省して次につなげてほしい。

中継ぎは山口、マシソン、池田、カミネロでリードをなんとか守った。カミネロは回跨ぎをさせたけど、今日は勝ちたい試合だったのでこれでも良いと思う。前の試合から間も空いていたし。

打線は5ホームラン。坂本が2本、阿部、マギー、長野が1本ずつ。坂本とマギーは好調を維持している。阿部は昨日ホームランが出ればと書いたが、さっそく打った。ホームランは4月12日以来、ほぼ1ヶ月ぶり。これで完全復調となってくれれば。そして長野にもついにホームランが出た。長野もこれをきっかけにしてほしいところだが、長野の場合はまだ今季タイムリーがない。というか得点圏でのヒットがない。これが出てやっと復調の兆しと言えるんじゃないかと思う。

3連戦だと勘違いしていたが2連戦だったので、このカードは1勝1敗ということに。菅野で勝てなかったのは痛かったが、今日取り返したので良しとしよう。連勝中だった阪神を、内容はともかく止めたというのが大事。

金曜日からはマツダスタジアムで広島との3連戦。現在2位の広島とは1.5ゲーム差。理想は勝ち越しだが、敵地での試合ということもあり、最悪3連敗だけは避けたいところ。内海が抹消されたので、先発はマイコラス、田口、宮國だろうか。マイコラスで確実に勝ちたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:21 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48応援日記 Vol.050

・テレビのNGT48特集の感想
もう結構時間が経ってしまったが、「青春時計」発売に際して、いくつかの番組で特集が組まれた。それらの感想をまとめて。

『バズリズム』では番組の企画「バーチャル散歩」を新潟で実施。新潟の名所や劇場などを解説しながら紹介した。つぐみんのお母さんとおばあちゃんが登場するなど盛り上がったけど、基本的にはNGTを全然知らない人向けの企画。また企画の性質上、解説役だったきたりえ以外はあまり喋れなかったのでそこは残念と言えば残念だった。今度呼んでもらえる機会があったら別の企画で見てみたい。

番組のオープニングテーマに「青春時計」が採用されている『COUNT DOWN TV』では新コーナーの「ARTIST FILE」で特集。きたりえのナレーションで、NGTのデビュー当日までを追ったドキュメンタリー。結成から現在までを振り返りつつ、「青春時計」や「暗闇求む」についても触れられていた。メンバーへのインタビューや「CDTV GIRL'S FES」でのライブ映像などもあり、とっても見ごたえのある良い特集だった。

『JAPAN COUNTDOWN』でも特集。この番組では特に地元密着、新潟で活動している、という点に注目しての特集になっていた。NGTはただのAKBの姉妹グループではない、というのをちゃんと示してくれていたので良かった。

『AKB48 SHOW!』は「NGT48 SHOW!」としてNGTだけの30分番組に。「青春時計」、「暗闇求む」、「下の名で呼べたのは…」をすべてフルメンバー、フルサイズで披露したほか、かとみな、おぎゆか、もふちゃん、まほほんによるコント、野村姉妹(姉がAKB、妹がSKE)がリポーターになってのエコスタイベントのリポートが放送された。コントも面白かったしエコスタイベントの取材も良かったけど、この番組で一番良かったのは曲の披露。「暗闇求む」と「下の名で呼べたのは…」をフルメンバーで披露したのはこの番組だけ(みーずんが卒業したので今後もない)で、非常に貴重なものになった。またこの曲収録はみーずんの卒業公演後に行われたもので、正真正銘最後の仕事だったとのこと。そういう経緯を知ってから見ると、より感慨深かった。

最後に全国番組ではないが、長野県で夕方にやっているニュース番組『報道ゲンバ FACE』でも特集があった。ここで特集されたのは長野県出身のななこ。長野ではまだNGT自体の知名度がないので、NGTの紹介をしつつ、その中で奮闘するななこを紹介するといった内容だった。ニュース番組なので非常に説明も分かりやすくできていたと思う。ちなみに駅伝好きというのもしっかりアピールされていた。


・【リアルタイム】『PORT』第79回〜第83回の感想
第79回はれなぽん(長谷川玲奈)、おーたき(大滝友梨亜)、かどちゃん(角ゆりあ)。3月を振り返ったり当日がエイプリルフールだったのでウソの話をしたりしていたが、面白かったのは個人のコーナー。おーたきのコーナーは『黒子のバスケ』の紹介をしたが、れなぽんがおーたき以上に興奮してる一方でかどちゃんが全く興味なさそうだったり、れなぽんのコーナーでかどちゃんに喝を入れたらかどちゃんが逆襲したり。全体的にほんわかしてて良い回だった。

第80回はまうまう(橋真生)、みはちゃん(奈良未遥)、ななこ(西村菜那子)。「青春時計」発売直前だったので、「空き缶パンク」以外の全曲をかけた。今回は3人とも研究生だったので、「下の名」の話がメインだったかな。振り付けの先生が研究生のことをちゃんと思いながらやってくれたっていうエピソードが良かった。今回はまうまうがお姉ちゃん2人に見守られながらやってる感じで微笑ましかった。年相応なメンバーが少ない中2病Foreverの中でまうまうが一番年相応だと思う。

第81回はアヤカニ(太野彩香)、もふちゃん(村雲颯香)、まほほん(山口真帆)。おぎゆかの生誕祭が伸びたことで餃子が食べられなくなって泣くもふちゃんと、巻頭グラビアを関東グラビアと勘違いするアヤカニと一緒だったのでまほほんが常識人みたいな感じになってて面白かった。あと「青春時計」のMVのゆるキャラをアヤカニはやはり怖がっていたというエピソードも面白かった。改めてMV見るともふちゃんとアヤカニの間がほんとに離れてて笑う(もふちゃんがゆるキャラと手をつないでいるから)。

第82回はがたねぇ(西潟茉莉奈)、ななこ、あやにゃん(宮島亜弥)。「青春時計」のプロモーションと個人PVの話。どっちもあやにゃんの話が面白かった。怖がりながらも1人で飛行機に乗って名古屋に行き、そこのラジオ局でおネエのパーソナリティーさんと波長が合って意気投合するあやにゃん。そのラジオは聴いてなかったけど、波長が合うのはなんとなくわかる。あとはななこと一緒にプロモーションをしたりったんがコメント収録でNGを出しまくるのもすごく想像できた。これはりったんにななこを付けた運営の名采配。

第83回はおぎゆか(荻野由佳)、おーたき、あゆたろう(中村歩加)。前回に続いてリリースイベントや個人PVの話など。タクシーの運転手と仲良くなるあゆたろう。さすが世界を救うだけある。そしておーたきの個人PVを見て笑うアソビズムのほか2人。仲良しだからこそドラマで演技してるのが面白いのかな。また久々に個人コーナーも復活。「下の名で呼べたのは…」を「君の名は」と言ってしまうみはちゃんのエピソードが面白かった。あと内容とは関係ないけど、どうもおぎゆかのコーナーのBGMがツボだ。あの愉快なBGMが流れたあとにおぎゆかのひっくり返った声で「さあ!」って言ったところで思わず吹き出した。

タグ:NGT48 PORT DE NGT
posted by K at 00:50 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする