2017年11月30日

横綱・日馬富士が引退

横綱・日馬富士が引退届を提出した。先月の貴ノ岩への暴行の責任を取った形となる。

思うに、この事件が公になった時点で、日馬富士にはもう引退する道しか残っていなかったと思う。過去にも暴力問題で信用を失っていた相撲界で、一番の模範とならなければいけないはずの横綱がこのようなことを起こしてしまったのだから。仮に本人が引退届を出さなくても、横綱審議委員会はきっと引退勧告をしたと思うし、結局引退することになっていたと思う。そう考えると、勧告の前に自分から引退届を出せただけでもまだ良かったのではないだろうか。個人的にも引退は仕方ないところだと思う。貴ノ岩の態度がどれだけ悪かったとしても、また何で殴ったとか何発殴ったとかそういうのは関係なく、とにかく暴行をしてしまったというその事実が問題。

もし引退にならない道があったとすれば、協会で内々に処理するくらいだと思うが、貴乃花親方がそうさせなかった。もちろん、貴乃花親方が普通に相撲協会に報告していても、協会がちゃんと事件を公にして、最終的に今回と同じことになっていた可能性もあるし、個人的にはそうであると信じたい。でも貴乃花親方は万が一を恐れたのだと思う。もし今回のことが公にならなかったら、それこそ相撲界は以前の状態に戻ってしまう。貴ノ岩を守るだけでなく、相撲界をより良いものにするための今回の行動なのだと思っている(ちょっと極端すぎるかもしれないが)。

引退は仕方ないところだが、日馬富士の相撲がもう見られないというのはとにかく残念。力士としては恵まれた体格ではなかったが、日馬富士が見せる速攻はほれぼれするもので本当にすごかった。朝青龍引退後の全盛期の白鵬相手に、五分とは言わないまでもまともにやり合うことができた唯一の力士だったのではないかと思う。ここ数年はケガに苦しんでいたが、秋場所の執念の優勝もすごかった。だからこそ、このような形で土俵を去ることになるのが残念だ。

日馬富士の力士人生はこれで終わりということになるが、事件はこれで終わりにしてはいけない。協会はしっかりと調査をして真実を明らかにし、このようなことが二度と起こらないようにしていかなければならない。協会の内部にいる貴乃花親方でさえ協会を信用していない(ように見える)ので、協会自体が変わっていかなければいけないだろう。私が相撲を見るようになってから横綱が引退するのは2度目だが、2回とも不祥事による引退である。もうこんなことは見たくない。今回の事件で相撲界が失うものは多いかもしれないが、何かを得て、良い方に向かってくれればと思う。

タグ:相撲
posted by K at 00:50 | Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

NGT48 2ndシングル個別握手会の第6次応募受付がスタート

12月6日に発売される、NGT48の2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」。その個別握手会の第6次応募受付がスタートした。

フォーチュンミュージックのページ(購入には会員登録が必要)
https://fortunemusic.jp/ngt48_201712/

第6次応募受付は11月29日の14:00から30日の14:00まで。買える枚数は1回の申し込みにつき、1人15種類まで、1種あたり10枚まで(最大150枚まで)。最大10回まで申し込みが可能。

なお、この第6次から一部のメンバーの部が追加された。追加されたのは以下の部。

2月10日:名古屋
西潟茉莉奈…1部
本間日陽…1部

2月11日:東京
北原里英…5部

3月17日:東京
北原里英…1部

3月25日:新潟
北原里英…1部

4月15日:神戸
西潟茉莉奈…1部
本間日陽…1部

基本的に、すでに完売して、なおかつフルでない日に追加されている。今回の追加によって、がたねぇとひなたんはすべての日程でフル部数となった。これを踏まえて、第5次までで完売した部は以下の通り。

2月10日:名古屋
北原里英…3部
西潟茉莉奈…2,3,4部
本間日陽…2,3,4部

2月11日:東京
荻野由佳…全部(1,2,3,4,5部)
柏木由紀…全部(1,2,3,4,5部)
北原里英…2,3,4部
西潟茉莉奈…2,3,4,5部
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

2月12日:長岡
西潟茉莉奈…4,5部
本間日陽…5部

3月17日:東京
荻野由佳…3,4,5部
北原里英…2,3,4,5部
西潟茉莉奈…2,4,5部
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

3月25日:新潟
荻野由佳…4部
柏木由紀…全部(1,2,3,4,5部)
北原里英…2,3,4,5部
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

4月15日:神戸
荻野由佳…3,4部
太野彩香…全部(4部)
西潟茉莉奈…2,3,4部
本間日陽…2,3,4部


5次で新たに完売した部

2月10日:名古屋
西潟茉莉奈…2部
本間日陽…2,3部

2月11日:東京
北原里英…2,3部
西潟茉莉奈…2部
本間日陽…1部

2月12日:長岡
本間日陽…5部

3月17日:東京
西潟茉莉奈…2部
本間日陽…1部

3月25日:新潟
荻野由佳…4部
西潟茉莉奈…1部
本間日陽…1部

4月15日:神戸
本間日陽…2,3部


今回はひなたんの完売が大きく増えた。今回追加された部を除くと、あと完売していないのは2月12日の長岡の1〜4部だけとなる。がたねぇも残ってる部が少なくなってきており、2人は全完売になる可能性も高い。

第7次受付は来週の水曜日、つまり発売日からの受付なので、発売日に届くのはたぶん今回の第6次までとなる(第6次も届くかわからないが、フォーチュンミュージックには6日までに配送予定となっている)。CD盤も一般のお店に売ってるし、個別握手会は早くても2月なので問題ないが、発売日に欲しい人は忘れずに。

posted by K at 23:02 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

NGT48応援日記 Vol.066

・本日放送『ベストアーティスト2017』で「世界はどこまで青空なのか?」初披露
本日19時から日本テレビ系列で放送される『ベストアーティスト2017』にNGT48が出演。そこで2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」をテレビ初披露することがわかった。



他の番組でも収録はしているようだが、『ベストアーティスト』は生放送なのでこれがテレビ初披露となる。4時間のうちどこで出てくるかわからないが、つぐみんがまだ14歳なので早い時間(21時前)だろうとは思う。必見。


・「世界はどこまで青空なのか?」が『スッキリ』の12月テーマソングに
「世界はどこまで青空なのか?」でもう1つ、この曲が12月の『スッキリ』のテーマソングに決定した。



「青春時計」は『CDTV』の4月・5月のオープニングテーマだったが、今回もなかなか大きなタイアップがついた。なにより月〜金の帯番組というのが大きい。平日は毎日流れるわけだから。『スッキリ』のテーマソングは確か番組の最後に数十秒流れるくらいではあるけど、それでも全国番組で毎日というのは効果があると思う。特に『スッキリ』を見る層はNGTを知らない人が多いと思うし、そういう人たちに少しでも知ってもらえればいいと思う。


・『ラジあく』第84回〜第87回の感想
第84回はおーたき、かどちゃん、あいにゃー。角ゆりあ徹底解剖。実はうるさいっていうのはよく聞くけど、なかなか表では見せてくれないなあ。でもこれまでの時間でだいぶ変わってきてはいるし、もう少しすればいずれは見られるようになるかな。

第85回はかとみな、がたねぇ、もふちゃん。メッセージ紹介スペシャル。メンバーを季節で分けるならというメールでメンバーをディスったり、「アニソン」がアニメソングの略だとわからないかとみなに衝撃を受けたりしつつ、最終的にはがたねぇがセクシー3文字ですべて持っていった。バケツをバとケツで分ける発想が天才。

第86回はりったん、ひなたん、みはちゃん。企画会議で「誰が一番○○りこをうまく使えるか」の企画を提案しながら自分でもうまく使えないりったんが安定の不安定。でもひなたんやみはちゃんの接し方が上手いのか、いつもより事故りこ度は低めだった。

第87回はおぎゆか、かとみな、まほほん。前回に続いて企画会議だったけど、「飼ってる犬に1年触らなかった」とか「お披露目まであいにゃーとれいにゃーの区別がつかなかった」とか、かとみなのエピソードがいちいち強烈だった。そしてまほほんの企画はさっそく採用された。


・『MOONLIGHTING』第2回〜第5回の感想
第2回は初回と比べて静かな感じに。というかそもそもこんな感じをイメージしてたんだけど。勉強は嫌いではないという言葉をNGTメンバーに聴かせなければ。

第3回は放送日ががたねぇと元AKBの佐藤亜美菜の誕生日だったり友人の結婚式の2次会に参加した話だったりおめでたい感じだった。あと新潟の女性のイメージの話でギャーギャーしてるのは富山の女と秋田の女とかいう実質名指し。秋田の女は履いてたスカートを貸してあげたのに。

第4回は自炊と衣装の話。好きな衣装はそのときによって変わると言ってたけど、きたりえくらいのキャリアだとものすごい数の衣装を着てるだろうからそうなるだろうなあ。あとラジオドラマが本格的で、ものすごくいい話だった。こうなるとあらためて初回はなんだったんだ。いや面白かったけどさ。

第5回はおーたきの話や映画『サニー/32』の話など。いきなり卵かけご飯を食べるジュルジュルって音が聞こえた時はなんだこれと思ったが、おーたきとの思い出や『サニー』の撮影がハードだったことなどいろいろ聞けて良かった。

posted by K at 17:19 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

NGT48 2ndシングルキャンペーンまとめ

発売まで10日を切ったNGT48の2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」。「青春時計」のときと同様、今回も発売を記念したキャンペーンが行われる。今回はそのまとめ。

・ミニ握手会
ミニ握手会はすでに6回中5回が終了。あとは発売後の1回を残すのみとなっている。

11月3日:群馬/西潟茉莉奈、山田野絵、橋真生
11月11日:青森/長谷川玲奈、山口真帆、奈良未遥
11月12日:上越/荻野由佳、菅原りこ、高倉萌香、本間日陽、山口真帆
11月23日:北海道/加藤美南、北原里英、中村歩加
11月24日:中越/高倉萌香、橋真生、宮島亜弥
(以上は終了)
12月8日:埼玉/荻野由佳、山田野絵、清司麗菜

埼玉会場の詳細
http://www.sonymusic.co.jp/artist/ngt48/info/488760


・中井りかミニトークショー
りかちゃんは12月2日に地元富山で「”抱いてやっちゃ”ミニトークショー」を行う。歌唱もあるらしいが、SHOWROOMみたいに1人で喋り続けるんだろうか。さすがに聞き役の人はいるか。なお、握手会はないので注意。その代わりにCDを予約すると特製コースターがもらえる。

詳細
http://www.sonymusic.co.jp/artist/ngt48/info/488820


・全国同時CDお渡し会
発売2日目の12月7日18時からは、全国10か所で同時にCDのお渡し会が行われる。注意しなければならないのは、当日いきなり行っても参加できるわけではなく、事前にCDを予約しなければいけないという点。電話予約が不可能なので、予約の際とお渡し会、2回店舗に行かなければいけないというのが少しハードルが高い。基本的には地元の人向けだろう。予約期間は今月の30日まで。

開催の地域と参加メンバー

札幌/小熊倫実、山田野絵
宮城/山口真帆、奈良未遥
東京/荻野由佳、北原里英、中井りか
新潟/高倉萌香、中村歩加
新発田/菅原りこ、長谷川玲奈、宮島亜弥
富山/佐藤杏樹、角ゆりあ
愛知/本間日陽、橋真生
大阪/太野彩香、日下部愛奈、清司麗菜
広島/西潟茉莉奈、村雲颯香
福岡/加藤美南、西村菜那子

東京は取材でも入るのかセンターとキャプテンをそろえているが、あとはバランスの良い組み合わせ。地元に近いところに置きつつ、暴走しそうな子のところにはちゃんとストッパーが配置されている。宮城、愛知、広島あたりはとっても落ち着いていそう。

詳細
http://www.sonymusic.co.jp/artist/ngt48/info/488868

posted by K at 23:48 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

平成29年九州場所 千秋楽○嘉風

千秋楽 ○御嶽海(引き落とし)嘉風●

立ち合い、嘉風の方が低く当たり、左四つとなる。嘉風がじわじわと寄っていくが、嘉風の足が少し後ろに流れたところで御嶽海が腕を引くと嘉風がばったり。引き落としが見事に決まり、御嶽海は今年最後の一番を白星で締めくくった。

立ち合いは嘉風の方が良かったが、御嶽海はそこで慌てなかったのが良かった。一気に攻め込まれるのを防いで、引きのタイミングも抜群だった。今場所は「強い!」というよりも「うまい!」という相撲が多かった印象があるけど、今日もまさにそんな感じだった。

これで今場所は9勝6敗ということになった。10勝にはまたも届かなかったが、場所前に足の親指を痛め不安があった中での勝ち越しは立派。

年間を通しては、まずは1年間、1日も休むことなく土俵に上がり続けたのが何より良かった。昨年は初場所にインフルエンザで3日間休んでしまったが、今年は今場所のようにケガがあっても休場することがなかった。上位陣に休場が多かった1年だからこそ、休まなかったというのは価値がある。そしてなんといっても御嶽海ただ1人が達成した幕内力士としての全6場所勝ち越し。確かな実力がなければできないことで、本当にすごい。

上位で1年間勝ち越しを続け、自信もついたことと思うので、来年はいよいよ本気で大関を目指してほしいと思う。横綱・大関は高安以外の5人が30代となり、ケガによる休場も増えてきた。今年も琴奨菊と照ノ富士が大関から転落、逆に稀勢の里が横綱に、高安が大関に昇進するなど激動の1年だったが、来年はさらに上位が動く可能性がある。下手したら初場所後には白鵬の1人横綱という可能性だってある。それは若手にとっては世代交代のチャンスであることを意味する。今場所も貴景勝、北勝富士が11勝、阿武咲が新小結で勝ち越しなど若手が存在感を見せたが、御嶽海はその若手の先頭に立ち続けてほしいと思う。ひとまずは1年間お疲れ様でした。


昨日優勝を決めた白鵬は今日の結びの一番でもきっちりと勝利し、14勝1敗で40度目の優勝を果たした。嘉風に敗れた一番では待ったをアピールするなど横綱らしくない一面も見られ、それはもう二度としないようにしてほしいところではあるが、それ以外は一人横綱として見事な内容で場所を締めてくれたと思う。今年は2回休場するなど、さすがに全盛期と比べると体にもガタが来始めているのかなとも思うが、それでもまだ1番手だなと思う。次の目標は幕内での1000勝か。

これで今年の本場所はすべて終わったが、相撲協会はこれからが忙しい。まだ日馬富士の暴行問題は何も片付いていない。ニュースを見てても誰が言ってることが本当なのか全然わからないのでなんとも言いようがないが、日馬富士が貴ノ岩を殴ったということだけは全員が認めていて、その時点で、何で殴ったかとか何発殴ったかとか怪我したかとか一切関係なく暴行は成立しているわけで、相当の厳しい処分になることは間違いないだろうし、もし逮捕ということになったら引退はまず避けられない。どういう結果になるか見守りたい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:41 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする