2018年01月31日

NGT48 2ndシングル個別握手会の第13次応募受付がスタート

NGT48の2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」。その個別握手会の第13次応募受付がスタートした。

フォーチュンミュージックのページ(購入には会員登録が必要)
https://fortunemusic.jp/ngt48_201712/

第13次応募受付は1月31日の14:00から2月1日の14:00まで。買える枚数は1回の申し込みにつき、1人15種類まで、1種あたり20枚まで(最大300枚まで)。最大5回まで申し込みが可能。


まだ買える3日の日程で、第12次までに完売した部は以下の通り。

3月17日:東京
荻野由佳…全部(1,2,3,4,5部)
北原里英…全部(1,2,3,4,5部)
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

3月25日:新潟
荻野由佳…全部(1,2,3,4,5部)
柏木由紀…全部(1,2,3,4,5部)
北原里英…全部(1,2,3,4,5部)
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

4月15日:神戸
荻野由佳…1,2,3,4部
太野彩香…4部
西潟茉莉奈…2,3,4部
本間日陽…2,3,4部
中村歩加…3部


12次で新たに完売した部

3月17日:東京
北原里英…1部

きたりえの東京の握手会が完売。きたりえにとって最後の握手会となる3月の2日間の握手会は全完売ということになった。

ところで、ドラフト3期生が今作の握手会に参加する可能性はあるのだろうか。契約などが順調に進めば、早ければ2月中にお披露目される可能性もあるので、そうなれば公演はまだ無理でも握手会には参加できそうな気もするが。ちなみに2期生は最終審査が4月下旬なので今作の握手会には間に合わない。

posted by K at 17:03 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

2017年12月末時点 NGT48メンバー ラジオ出演回数ランキング

もうすぐ1月終わるけど、昨年12月末時点でのラジオ出演回数ランキング。

12月終了時点での各番組の放送回数は、
『ラジあく』…118回
『PORT』…118回
『SHR』…75回(終了)
『ガチガチ』…100回(総選挙8回、カウントダウン96回)
となっている。

今回で2017年分も最後なので、2017年の出演回数ランキングも併せて発表。

続きを読む
posted by K at 23:58 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

平成30年初場所 千秋楽●高安

千秋楽 ●御嶽海(上手投げ)高安○

立ち合い、高安の強烈な当たりで御嶽海は体を起こされるが、突き押しの隙をついて左を差して寄っていく。土俵際まで寄っていったが、重い高安を寄り切ることができない。ここで高安も左を差し、さらに右上手も取ると、最後は上手投げ。高安は12勝3敗、御嶽海は8勝7敗で初場所を終えた。

立ち合いは当たり負けたが、そこから左を差して寄っていくなど途中までは悪くなかった。ただ、そこから勝利に持っていくだけの力がなかった。高安とは1年前までは3勝3敗だったのだが、この1年で5連敗。一気に差を付けられた。追いつけるように頑張ってほしい。

今場所は8勝7敗。7日目までで7勝だったが、そこから1勝7敗と大失速し、またも10勝に届かなかった。御嶽海はどちらかというと後半戦の方が強いイメージがあるので、7連勝の時は悪くても10勝、うまくいけば12、13勝くらいまで伸ばせるのではと思っていたので、ちょっとショックだ。ターニングポイントは10日目の荒鷲戦かな。逸ノ城、栃ノ心に連敗したが、その2日は力負けでしょうがないという感じだった。しかし荒鷲戦は立ち合いで勝ち、御嶽海のペースにできる一番だったが、とったりで敗れた。あの一番で歯車が大きく狂ったように思う。その後の正代、隠岐の海戦は連勝中に見られなかった消極的な姿勢で自滅したという印象が強い。その後の鶴竜戦では素晴らしい相撲ができていたように、横綱をも圧倒できる力はすでに持っているので、あとはそれをいかなる状況でも発揮できるようにすること。もしくは、さらに実力を伸ばして、悪い時でも相手に勝てるくらいの力をつけること。それができれば10勝、さらには大関にもいつか手が届くだろう。どちらにしてもまだまだ稽古が必要だ。今場所の前は稽古の仕方を少し変えたようで、より実戦的なものを重視したらしい。その結果はすぐには出ないかもしれないが、続けてほしいと思う。同じ一門には栃ノ心がいる春日野部屋もあるし。一応言っておくと7場所連続勝ち越しは大したものだ。今場所始まる前にライバルとして挙げた貴景勝、阿武咲、北勝富士は今場所全員負け越してしまったし(阿武咲は途中休場)、上位で勝ち越し続ける実力は確かなものがある。でもそろそろもう一段上を見たい。

昨日優勝を決めた栃ノ心は今日も遠藤に勝利し、14勝1敗。三賞も殊勲賞と技能賞を受賞した。来場所は関脇復帰が濃厚で、成績によっては栃ノ心も大関候補に名乗りを上げることになるだろう。今場所は本当に強かった。栃ノ心に次ぐ成績を収めたのは高安で、12勝。大関昇進後は1度も10勝を挙げられていなかったが、久々に終盤まで優勝争いに残る活躍を見せた。この成績を続けていけば、いずれは綱とりの話も出てくるかもしれない。10連勝から4連敗とまさかの失速となった鶴竜は結びの一番で豪栄道に勝利し、11勝4敗で復帰の場所を終えた。まあ鶴竜は休場する以前から10勝、11勝という成績が多かったのでこれでも復活したと言えるだろうけど、平幕優勝を許してしまったという意味では責任はやっぱりある(直接対決では勝ったけど)。また優勝して、今度こそ完全復活というのを見せてほしい。

来場所は、もう全くわからない。すべての力士に優勝の可能性があると言っていいだろう。でも今場所の相撲を見たら、そろそろ高安には期待したいところではある。もちろん御嶽海も期待している。あとは大きな注目になりそうなのは稀勢の里。もし出場するならば、おそらく進退をかけることになる(本人はそう言っている)。とにかく、中途半端な状態で出場することだけはやめてほしい。出るならば優勝する自信がある状態にするか、これ以上休んでも良くならないと思った時にしてほしい。もう一度、強い稀勢の里が見られることを願って復活を待ちたいと思う。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 01:33 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

NGT48応援日記 Vol.073

・「NGT48×ハローキティ当りくじ」発売開始
以前に発売が予告されていた「NGT48×ハローキティ当りくじ」が、26日から順次、全国のローソンで発売されている。

サンリオのページ
https://www.sanrio.co.jp/news/kt-ngt48-atarikuji-20180118/

1回800円で、景品が全部で70本あるみたいなので、56000円あれば全部揃う。お金持ちの人はどうぞ。私はお金がないのでちょっとだけにします…と思って近くのローソンに行ったらやってなかった。上のページによると「※実施していない店舗もございます」ということで、近くのローソンはその実施していない店舗のようだ。どの店舗でやっているかは以下のページで調べることができる。

https://www.sanrio.co.jp/news/kt-ngt48-atarikuji-20180118/?shop

私は最寄りの対象店舗まで車で1時間くらいかかることが判明しました。


・もふちゃんが『映画しまじろう』に声優として出演
3月9日から公開される映画「映画しまじろう『まほうのしまの だいぼうけん』」に、ゲスト声優としてAKB48の樋渡結依、SKE48の鎌田菜月、そしてNGTからもふちゃんが参加することが発表された。

ナタリーの記事(コメントあり)
https://natalie.mu/eiga/news/266637



グループも年齢もバラバラでどういう組み合わせだよと思ったが、こどもちゃれんじを受講していた3人らしい。どんなところから仕事が来るかわからないな…。もふちゃんに演技の印象はあんまりないけど、割となんでもできるタイプなので声優も意外と上手かったりするのだろうか。


・れなぽん出演『ミッドナイト・バス』が公開
映画でもう1つ、れなぽんが出演している映画『ミッドナイト・バス』が、27日から全国の劇場で公開された。なお、新潟では20日から先行上映している。

映画の公式サイト(上映している劇場の情報もある)
http://midnightbus-movie.jp/

れなぽんがこの映画の撮影のためにエコスタのライブを欠席したのが昨年の3月か。時間が経つのは早いなあ。この映画を撮影していたころのれなぽんはまだ、「野球ができるヤバい奴」だったが、この10ヶ月くらいで急激に綺麗になったと思うので、またこういう女優さんのお仕事が来たらいいなと思う。

posted by K at 01:21 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

平成30年初場所 14日目●豪栄道

14日目 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○

立ち合い、より低く当たった豪栄道が御嶽海の体を起こすと、そのまま一気に前へ。左を差し、御嶽海には差させずにそのまま寄り切り。豪栄道が速攻を決めて勝ち越し、御嶽海は今場所も10勝に届かないことが確実になった。

立ち合いで完全に負けてしまった。豪栄道の方が低く当たり、御嶽海は体が起きてしまった。さらにその後の攻めも速かった。昨日の御嶽海のように、今日は豪栄道が開き直って取ったように見えた。大関に会心の相撲を取られると、こっちも完璧でいかないとそうそう勝てない。でも大関になるならばいずれはそれでも勝てるようにならないといけないなと思った。

結局、今場所も10勝には届かなくなってしまった。7連勝した時は正直10勝は行けるだろうと思っていたのでショックは大きい。ただ、今場所はまだ1日残っている。9勝すれば、来場所の成績次第では今場所が大関獲りの起点になる可能性も残る。今場所の反省は明日が終わってからということにして、明日勝って来場所以降につなげたい。

千秋楽の相手は高安。過去の対戦は3勝7敗で、このところ高安が4連勝している。御嶽海が最後に勝ったのは1年前で、高安が大関になってからはまだ勝っていない。高安は先場所、先々場所と2場所続けて途中休場し(先場所は勝ち越してから休場)、今場所も前半は4勝3敗と調子が上がらなかったが、中日から7連勝でここまで11勝3敗、今日まで優勝の可能性を残していた。昨日の荒鷲戦では立ち合いで相手を吹っ飛ばすなど、強烈な当たりを見せる。御嶽海はまず立ち合いを耐えること。今日のように体を起こされてしまうと一気に攻め込まれてしまう。立ち合いを互角で乗り切れば、勝機も少しは見えてくるのではないだろうか。

過去の対戦
27九 ○御嶽海(押し出し)高安●
28初 ●御嶽海(寄り切り)高安○
28夏 ●御嶽海(突き落とし)高安○
28秋 ○御嶽海(押し倒し)高安●
28九 ●御嶽海(首投げ)高安○
29初 ○御嶽海(寄り切り)高安●
29春 ●御嶽海(寄り切り)高安○
29夏 ●御嶽海(首投げ)高安○
29名 ●御嶽海(突き出し)高安○
29九 ●御嶽海(叩き込み)高安○

優勝争いの単独トップを走っていた栃ノ心は、今日の一番で松鳳山に勝利し、幕内初優勝を決めた。平幕の優勝は平成24年夏場所の旭天鵬以来約6年ぶり、春日野部屋力士の優勝は昭和47年初場所の初代栃東以来46年ぶり。またヨーロッパ出身力士の優勝は琴欧州、把瑠都に続いて3人目で、ジョージア出身力士としては初の優勝となる。今日の相手の松鳳山もなかなか厄介な相手だったが、しっかり見て相撲を取れていた。栃ノ心は初土俵から1度も負け越すことなく幕内まで上がり、その後小結まで昇進したが、5年前に膝に大ケガを負い、3場所連続の全休で一時は幕下55枚目まで番付を落とした。しかしそこから再び這い上がり、ついに今日、幕内優勝を果たした。大したものだと思う。今も膝にはサポーターをしているが、今場所の相撲のように状態が良ければものすごく強い。現在30歳だが、この相撲が続けられるならば大関も目指せると思う。優勝、本当におめでとうございます。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:21 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする