2018年01月19日

平成30年初場所 5日目○玉鷲

5日目 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●

立ち合い、まず攻めたのは御嶽海。玉鷲の体を起こし、相手を押し込む。ここで一度叩き、玉鷲に押し返されるが、再び攻めに転じた御嶽海はハズ押しのような形になり、力強く押し出し。御嶽海は幕内では自身初となる5連勝で序盤戦を終えた。

今日は御嶽海の押し相撲に一段と力強さが見られた。最近は上位に突き押し相撲の力士が多いが(御嶽海、玉鷲、阿武咲、貴景勝、北勝富士、嘉風等)、玉鷲はその中でもパワーはトップクラスだと思っている。しかし今日の御嶽海はその玉鷲を真っ向勝負で押し出した。力がついているのが分かる。

これで序盤戦が終了し、無傷の5連勝。御嶽海の初日からの5連勝は新十両優勝をした平成27年名古屋場所以来(このときは8連勝まで伸ばした)で、幕内に昇進してからは初めてとなる。そして、すでに関脇・小結との対戦は終わり、あとは横綱・大関と平幕との対戦のみとなっている。これは大チャンスだ。

しかし、平幕と言っても油断できない相手ばかり。同期のライバル北勝富士、今場所2横綱を破った嘉風、先場所敗れている逸ノ城、さらに今場所5連勝と絶好調の栃ノ心などとの対戦がまだ残っている。明日以降も気を引き締めていきたい。本人のコメントを見る限り心配なさそうだが。

明日の相手は北勝富士。過去の対戦は2勝2敗で、現在北勝富士が2連勝中。北勝富士は先場所、1横綱2大関を破るなど11勝4敗と活躍し、今場所は自己最高位の東前頭筆頭。今場所はここまで1勝4敗だが、その1勝は横綱の白鵬から挙げ、4場所連続の金星となった。これは1999年の土佐ノ海以来、昭和以降で2人目らしい。このように急激に力をつけている北勝富士だが、御嶽海も今場所は調子がいい。突き押しで互角以上に戦えるはず。ライバルに勝ってさらに勢いをつけたい。

過去の対戦
29初 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
29名 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
29秋 ●御嶽海(寄り切り)北勝富士○
29九 ●御嶽海(押し出し)北勝富士○


序盤戦が終わって、幕内の全勝は御嶽海の他、横綱・鶴竜、平幕の栃ノ心、朝乃山の4人。1敗で豪栄道、高安の両大関などが追う。鶴竜は2場所しっかりと休んだのが功を奏したのか、内容も良く5連勝。この調子なら、まず引退ということにはならないだろう。現在、優勝争いの筆頭候補だ。そして先ほども書いたが非常に調子がいいのが栃ノ心で、昨日は高安を、今日は豪栄道を破った。鶴竜や御嶽海ともこれから当たるので、ダークホースとなりそうだ。一方で鶴竜以外の2横綱は試練となった。白鵬は最初の2日は良かったが、3日目、4日目と連敗。そして4日目に足を痛め、今日から休場となってしまった。白鵬は場所前に、立ち合いの張り差しやかち上げに苦言を呈され、今場所は立ち合いでそういったことをしていなかった。連敗したのも立ち合いで悩んでいるのかなという気もするが、白鵬ならばこれも難なく対応してきそうに思う。まずはケガをしっかり治してほしい。そして稀勢の里は初日に敗れ、2日目は勝ったものの、そこからなんと3連敗。序盤、1勝4敗という非常に苦しいスタートになった。まだ関脇以上との対戦はすべて残っており、今場所の勝ち越しは非常に厳しいと言わざるを得ない。どうしてこんな状態になってしまったのか、そしてどうすればこの状態を抜け出せるのか、もうわからない。今場所終了後に進退を問われるということはないようだが、このまま出続けて負け越しても、途中休場しても、次に出る場所は間違いなく進退をかける場所になる。それならば、次の場所で勝ち越せるようになるにはどうするのが一番良いかというのをよく考えて、出続けるのか、休むのか、決断してほしいと思う。横綱の責任とかはいったんおいといて、復活するための最善の手段を選んでほしい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:50 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする