2018年01月23日

平成30年初場所 10日目●荒鷲

10日目 ●御嶽海(とったり)荒鷲○

立ち合い、御嶽海が強烈な当たりで荒鷲を押し込む。さらに攻めていこうとしたところで荒鷲が御嶽海の左腕を取り、そのままとったり。御嶽海は攻めようとしていた勢いもあってこらえることができず。7連勝からの3連敗でまたも勝ち越しはならなかった。

荒鷲は過去に1度も負けていない相手であり、今日は立ち合いも強く当たって先手を取った。そこまでは非常に良かったが、そこからがちょっとうかつだったか。あるいは連敗していたので勝ちを焦ったのかもしれない。嘉風戦の時は非常によく相手も見えていたが、連敗によって精神状態にも変化が起きているのではないだろうか。とにかく、今日は勝ってもおかしくない一番だっただけに非常に悔しい。もちろん荒鷲もうまかったけど。

今日の負けは大きい。残りは5日間なので10勝のためには3勝すればいいが、まだ横綱・大関との対戦が3日間残っている。つまり、10勝するには最低でも横綱・大関の1人に勝たなければいけなくなったということである。まあ大関になろうというんだからどっちにしろ勝っていかなきゃいけないんだけど、余裕はなくなった。

明日の相手は正代。過去の対戦は5勝5敗(幕内では5勝3敗)で、直近の対戦では御嶽海が叩き込みで勝っている。1年前、いや半年前でも、御嶽海のライバルとしてまず名前が挙がるのは正代だったが、このところ北勝富士、阿武咲、貴景勝といったところに押されてちょっと影が薄い気がする。なかなか上位で勝ち越せず、先場所は西7枚目まで下がってしまったが、そこで9勝6敗とし、今場所は東4枚目。ここまで5勝5敗だが、今日は大関・豪栄道を破った。御嶽海は今流れが良くない。一番怖いのは、今日積極的に行って負けたのでやや消極的になって正代に攻め込まれること。それで負けると完全な悪循環になってしまうので、慎重さは持ちつつ、今日のように思い切った立ち合いをしていってほしい。

過去の対戦
27夏 ●御嶽海(下手投げ)正代○ ※幕下
27秋 ●御嶽海(寄り倒し)正代○ ※十両
28初 ●御嶽海(寄り切り)正代○
28春 ○御嶽海(寄り切り)正代●
28名 ●御嶽海(寄り切り)正代○
29初 ○御嶽海(寄り倒し)正代●
29春 ○御嶽海(寄り切り)正代●
29夏 ●御嶽海(寄り切り)正代○
29名 ○御嶽海(下手出し投げ)正代●
29秋 ○御嶽海(叩き込み)正代●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:43 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする