2018年01月27日

平成30年初場所 14日目●豪栄道

14日目 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○

立ち合い、より低く当たった豪栄道が御嶽海の体を起こすと、そのまま一気に前へ。左を差し、御嶽海には差させずにそのまま寄り切り。豪栄道が速攻を決めて勝ち越し、御嶽海は今場所も10勝に届かないことが確実になった。

立ち合いで完全に負けてしまった。豪栄道の方が低く当たり、御嶽海は体が起きてしまった。さらにその後の攻めも速かった。昨日の御嶽海のように、今日は豪栄道が開き直って取ったように見えた。大関に会心の相撲を取られると、こっちも完璧でいかないとそうそう勝てない。でも大関になるならばいずれはそれでも勝てるようにならないといけないなと思った。

結局、今場所も10勝には届かなくなってしまった。7連勝した時は正直10勝は行けるだろうと思っていたのでショックは大きい。ただ、今場所はまだ1日残っている。9勝すれば、来場所の成績次第では今場所が大関獲りの起点になる可能性も残る。今場所の反省は明日が終わってからということにして、明日勝って来場所以降につなげたい。

千秋楽の相手は高安。過去の対戦は3勝7敗で、このところ高安が4連勝している。御嶽海が最後に勝ったのは1年前で、高安が大関になってからはまだ勝っていない。高安は先場所、先々場所と2場所続けて途中休場し(先場所は勝ち越してから休場)、今場所も前半は4勝3敗と調子が上がらなかったが、中日から7連勝でここまで11勝3敗、今日まで優勝の可能性を残していた。昨日の荒鷲戦では立ち合いで相手を吹っ飛ばすなど、強烈な当たりを見せる。御嶽海はまず立ち合いを耐えること。今日のように体を起こされてしまうと一気に攻め込まれてしまう。立ち合いを互角で乗り切れば、勝機も少しは見えてくるのではないだろうか。

過去の対戦
27九 ○御嶽海(押し出し)高安●
28初 ●御嶽海(寄り切り)高安○
28夏 ●御嶽海(突き落とし)高安○
28秋 ○御嶽海(押し倒し)高安●
28九 ●御嶽海(首投げ)高安○
29初 ○御嶽海(寄り切り)高安●
29春 ●御嶽海(寄り切り)高安○
29夏 ●御嶽海(首投げ)高安○
29名 ●御嶽海(突き出し)高安○
29九 ●御嶽海(叩き込み)高安○

優勝争いの単独トップを走っていた栃ノ心は、今日の一番で松鳳山に勝利し、幕内初優勝を決めた。平幕の優勝は平成24年夏場所の旭天鵬以来約6年ぶり、春日野部屋力士の優勝は昭和47年初場所の初代栃東以来46年ぶり。またヨーロッパ出身力士の優勝は琴欧州、把瑠都に続いて3人目で、ジョージア出身力士としては初の優勝となる。今日の相手の松鳳山もなかなか厄介な相手だったが、しっかり見て相撲を取れていた。栃ノ心は初土俵から1度も負け越すことなく幕内まで上がり、その後小結まで昇進したが、5年前に膝に大ケガを負い、3場所連続の全休で一時は幕下55枚目まで番付を落とした。しかしそこから再び這い上がり、ついに今日、幕内優勝を果たした。大したものだと思う。今も膝にはサポーターをしているが、今場所の相撲のように状態が良ければものすごく強い。現在30歳だが、この相撲が続けられるならば大関も目指せると思う。優勝、本当におめでとうございます。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:21 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48が2期生を募集

NGT48が2期生オーディションを開催することが発表された。今日の公演終了直前に特報として発表され、その後、午前中に行われていたらしい記者会見の模様が公開された。

公式サイトの特設ページ
https://ngt48.jp/2nd-audition-entry










今村支配人のブログ
https://lineblog.me/ngt48/archives/67143185.html

新潟日報の記事(記者会見の動画あり)
http://www.niigata-nippo.co.jp/sp/news/movie/detail.html?bid=5719822250001

つい先日行われたドラフトでは55人が指名を受けた一方、13人が指名漏れとなった。この13人には、過去のドラフトと同様、今後48グループのオーディションがあった際に最終審査から参加できる権利が付与されたので、どこかでオーディションがあること、そして順番から言えば次はNGTだということは想像できたが、ドラフトから1週間も経たないうちに発表されるとは思わなかった。でもドラフト指名漏れの子の受け皿としては絶好のタイミングだし、ドラフトから期間を空けすぎるよりも一気にやっちゃった方が良いということなのかな。

今回の大きなポイントは、新潟市と連携してのオーディションとなること。自治体とコラボしたオーディションは初となり、篠田新潟市長はオーディションの最終審査にも参加するとのこと。まあ、これによって合格するメンバーのタイプが大きく変わるってことはないと思う。オーディションを受ける、特に県外の子、そしてその親にとっては、市がバックアップしてくれることで引っ越しや学校の問題がだいぶ楽になるメリットがあるのではないだろうか。

応募資格は、応募締め切りの2月28日時点で12歳〜22歳のプロダクションに所属していない女性。最終審査が4月下旬なので、応募時小学生でも最終審査時は中学生になっており、小学生が入ってくることはない。逆に、この書き方だと3月に23歳になる人も応募できるので、ひょっとしたらがたねぇやまほほんより年上の2期生が入ってくる可能性もある。とにかく対象は幅広い。

今村さんは「20〜25名くらい必要」と会見で言っていた。仮に20人取ったとすると、現在24名からきたりえが卒業して、ドラフト生5人入って、さらに20人なので48人。これだと3チームできる。今村さんの言い方だと、チームGを作ったうえで研究生もそれなりに必要ということなので2チーム構想のようだが、いずれにせよ一気にそれだけ大所帯になるんだろうか。個人的には2チーム+卒業生が出たときの補充の研究生で40人前後が理想かなと思っているのだが、これから年数が経つにつれて卒業生も増えるであろうことや、2期生募集まで3年かかったように次のオーディションがいつになるかわからない、というのも考えてのことなのかなと思う。40人にしたけど半年で5人辞めました、っていうことだってなくはないわけで。これまでは(48グループにしては)少人数であることを強みにして活動してきたグループなので、もし一気に増えるとその分1人1人への注目が薄まってしまうという不安もあるが、そこはうまくやってくれるものだと信じたい。

個人的にどういう子が欲しいかというと、とにかく若い子。ドラフトでも指名したのは現高1、高2の子だったので、4月には全員が高校生以上という48グループには珍しい状態になる。今はそれでもいいんだけど、3年後、5年後もNGTが続いていくためには、やはり中学生が欲しい。ドラフトだと、NGT志望でない子は新潟に来られるかもわからないのでなかなか指名しづらかったが、今回は全員がNGT志望。なので、中学生を積極的に取っていってほしいなと思う。あとは、まだNGTにいない出身地の子とか。隣県だと山形、福島、群馬の子がまだいないし、県内でも三条市、新発田市、あるいは佐渡出身の子がいない。そういったところから来るとバラエティ豊かになって良いなと思う。

自治体とのコラボや対象年齢の広さ、欲しい人数の多さなどから感じるのは、とにかくたくさん応募してほしいということ。ドラフトやったばかりだし、坂道シリーズも含めて他のグループはそんなにすぐオーディションもないような気がするので、興味がある人にはぜひ応募してほしいなと思う。

応募期間は2月1日〜28日まで。合格者は4月下旬に決まる予定。

タグ:NGT48
posted by K at 02:24 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする