2018年01月29日

平成30年初場所 千秋楽●高安

千秋楽 ●御嶽海(上手投げ)高安○

立ち合い、高安の強烈な当たりで御嶽海は体を起こされるが、突き押しの隙をついて左を差して寄っていく。土俵際まで寄っていったが、重い高安を寄り切ることができない。ここで高安も左を差し、さらに右上手も取ると、最後は上手投げ。高安は12勝3敗、御嶽海は8勝7敗で初場所を終えた。

立ち合いは当たり負けたが、そこから左を差して寄っていくなど途中までは悪くなかった。ただ、そこから勝利に持っていくだけの力がなかった。高安とは1年前までは3勝3敗だったのだが、この1年で5連敗。一気に差を付けられた。追いつけるように頑張ってほしい。

今場所は8勝7敗。7日目までで7勝だったが、そこから1勝7敗と大失速し、またも10勝に届かなかった。御嶽海はどちらかというと後半戦の方が強いイメージがあるので、7連勝の時は悪くても10勝、うまくいけば12、13勝くらいまで伸ばせるのではと思っていたので、ちょっとショックだ。ターニングポイントは10日目の荒鷲戦かな。逸ノ城、栃ノ心に連敗したが、その2日は力負けでしょうがないという感じだった。しかし荒鷲戦は立ち合いで勝ち、御嶽海のペースにできる一番だったが、とったりで敗れた。あの一番で歯車が大きく狂ったように思う。その後の正代、隠岐の海戦は連勝中に見られなかった消極的な姿勢で自滅したという印象が強い。その後の鶴竜戦では素晴らしい相撲ができていたように、横綱をも圧倒できる力はすでに持っているので、あとはそれをいかなる状況でも発揮できるようにすること。もしくは、さらに実力を伸ばして、悪い時でも相手に勝てるくらいの力をつけること。それができれば10勝、さらには大関にもいつか手が届くだろう。どちらにしてもまだまだ稽古が必要だ。今場所の前は稽古の仕方を少し変えたようで、より実戦的なものを重視したらしい。その結果はすぐには出ないかもしれないが、続けてほしいと思う。同じ一門には栃ノ心がいる春日野部屋もあるし。一応言っておくと7場所連続勝ち越しは大したものだ。今場所始まる前にライバルとして挙げた貴景勝、阿武咲、北勝富士は今場所全員負け越してしまったし(阿武咲は途中休場)、上位で勝ち越し続ける実力は確かなものがある。でもそろそろもう一段上を見たい。

昨日優勝を決めた栃ノ心は今日も遠藤に勝利し、14勝1敗。三賞も殊勲賞と技能賞を受賞した。来場所は関脇復帰が濃厚で、成績によっては栃ノ心も大関候補に名乗りを上げることになるだろう。今場所は本当に強かった。栃ノ心に次ぐ成績を収めたのは高安で、12勝。大関昇進後は1度も10勝を挙げられていなかったが、久々に終盤まで優勝争いに残る活躍を見せた。この成績を続けていけば、いずれは綱とりの話も出てくるかもしれない。10連勝から4連敗とまさかの失速となった鶴竜は結びの一番で豪栄道に勝利し、11勝4敗で復帰の場所を終えた。まあ鶴竜は休場する以前から10勝、11勝という成績が多かったのでこれでも復活したと言えるだろうけど、平幕優勝を許してしまったという意味では責任はやっぱりある(直接対決では勝ったけど)。また優勝して、今度こそ完全復活というのを見せてほしい。

来場所は、もう全くわからない。すべての力士に優勝の可能性があると言っていいだろう。でも今場所の相撲を見たら、そろそろ高安には期待したいところではある。もちろん御嶽海も期待している。あとは大きな注目になりそうなのは稀勢の里。もし出場するならば、おそらく進退をかけることになる(本人はそう言っている)。とにかく、中途半端な状態で出場することだけはやめてほしい。出るならば優勝する自信がある状態にするか、これ以上休んでも良くならないと思った時にしてほしい。もう一度、強い稀勢の里が見られることを願って復活を待ちたいと思う。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 01:33 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする