2018年04月30日

2018.04.30 巨人11-1ヤクルト

2回、小林の2点タイムリーで巨人が先制。3回にはゲレーロ、亀井のタイムリーで2点を追加する。4回、バレンティンのホームランでヤクルトが1点を返すが、5回、ゲレーロのホームラン、長野の押し出し四球、小林、坂本の2点タイムリー、さらにこの回2打席目のゲレーロのタイムリーで一挙7点を追加。2試合連続で2ケタ得点を挙げた巨人が6年ぶりの8連勝。このカードは3連勝となった。

先発の野上は7回1失点。大量援護もあり、連打を許さずソロホームランの1点に抑えた。野上はこれで3勝目。開幕から1ヶ月経ったが、ここまでは期待に見事にこたえている。田口が一向に良くならない中、野上と山口が頑張っているのが今の状況につながっていると思う。

大量リードがついた8回には上原が登板し、1イニングを完璧に抑えた。なかなかいいタイミングがなく、4月15日以来の登板となってしまったが、ここからもう一度勝ちパターンで起用できるように頑張ってほしい。

打線は今日も爆発。先発野手全員安打で16安打11得点。とくに坂本は4打数4安打で打率を一気に上げ、小林や中日のアルモンテを抜いて打率トップに立った。坂本は1番に入ってから好調で、坂本が出塁し、同じく好調なクリーンナップが返すといういい循環ができている。さらに下位の亀井や小林も調子がいいため、穴がない。これだけみんなが調子がいいことはそうそうないと思うので、今のうちに打てるだけ打って、勝てるだけ勝っておきたい。

明日からはマツダスタジアムで広島との3連戦。広島は現在セリーグ首位。そして巨人は8連勝で2ゲーム差の2位まで上がってきており、首位攻防戦ということになる。勢い的には勝ち越しを狙いたいが、まずは確実に1勝したい。

明日の先発は巨人が山口俊、広島が中村祐太。2試合連続完投勝利と絶好調の山口。山口の好投に触発されたのか、その後菅野や野上も好投を見せている。広島戦は今季初登板となるが、広島も抑えられるか。対する中村も好調で、今季ここまで2戦2勝。防御率は1.76となっている。好調な投手相手に好調な打線がどう対応するか。

posted by K at 21:39 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

荻野由佳選挙公約「何があってもへこたれない!特別試写会」の感想

だいぶ前になってしまったが、3月30日にNGT48劇場で行われた、おぎゆかの選挙公約「何があってもへこたれない!特別試写会」の感想。

このイベントは昼・夜の2回行われたが、フォーマットは2回とも同じ。約1時間のイベントで、前半は公約である「何があってもへこたれない企画」のVTRをおぎゆかの生コメンタリー付きで鑑賞。後半はゲストを迎えたトーク・ゲーム・歌コーナー。ゲストは、昼ががたねぇで西荻、夜がアヤカニでおせんべいコンビという形になった。

メインである「何があってもへこたれない企画」は、Maxとき315号の清掃。実際に清掃している人の指導を受け、最後は教わったことをちゃんと実践できているかの試験にも挑戦した。本人が考えたわけではないみたいだが、Maxとき315号の清掃というのはおぎゆかっぽくていい企画だったと思う。

後半はゲストを迎えてのトークやゲームや歌のコーナー。がたねぇの方は、正直がたねぇの声のコンディションが非常に悪かったため、そっちの方にばかり気が行ってしまった。がたねぇは前に声がおかしくなってしまったときもちょうどラジオの収録があったり、声の不調と仕事が重なるなあ。持ってるのか持ってないのか。アヤカニは歌もおぎゆかと一緒に歌ったが、がたねぇが歌わなかったのは声が出なかったのもあるかもしれない。アヤカニは口での伝言ゲームも成功したりさすがの相性の良さを見せた。おせんべいの絆。

歌コーナーは総選挙公約のイベントということもあり、思い出の曲「#好きなんだ」を披露(昼は1人で、夜はアヤカニと2人で)。昼はアカペラで「世界はどこまで青空なのか?」も披露した。昼はソロでの歌唱となったが、(オリジナルメンバーというのはあるけど)踊りながらと考えるとおぎゆかもだいぶ歌唱力が上達したなと思った。

1時間ちょっとだったが、VTR、ゲーム、トーク、歌と内容が詰まってて良い企画だった。

posted by K at 22:42 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.04.29 巨人11-8ヤクルト

初回、バレンティンの3ランホームランでヤクルトが先制。3回、坂本のホームラン、マギー、長野のタイムリーで巨人が同点に追いつく。5回、荒木のタイムリー、山田の3ランホームランでヤクルトが4点を勝ち越すが、その裏、ゲレーロ、マギーの2者連続ホームランで巨人が2点を返す。7回、巨人は阿部の2点タイムリーで同点とすると、亀井の2点タイムリーで勝ち越し。さらに坂本、ゲレーロにもタイムリーが出て、この回一挙6点を挙げる。ヤクルトは9回、巨人・カミネロのワイルドピッチで1点を返すが反撃はここまで。巨人が7連勝でこのカードの勝ち越しを決めた。

先発の田口は5回途中6失点。試合こそ勝ったが、田口は復活とはならなかった。先週は澤村に助けてもらったとはいえ6回途中無失点だったが、今日は初回から失点し、同点に追いついてもらった後も失点した。失点が6まで増えたのは後を受けた宮國が3ランホームランを打たれたのもあるけど、それはランナーを残して降板した田口が悪い。何が原因なのかわからないのでなんとも言えないが、これだけ戻らないとなると一度二軍に落ちるというのもありかもしれない。

中継ぎは失点はしたものの、5イニングを4人でつないだ。3番手の田原が今季初勝利。最近は菅野や山口が完投しているので中継ぎも割と休めていると思うし、9連戦は中継ぎ陣の力も存分に発揮してほしい。

打線は12安打11得点。今日はリーグ打点王の岡本がノーヒット、打点なしだったが、他の選手たちが打った。ゲレーロ、マギーの両外国人の調子が上がってきたのもいい感じだが、今日は阿部にヒットが出たのが大きい。今季は岡本が好調で、まだスタメン出場がない阿部だが、ここまで代打でもヒットがなかった。阿部に調子が出てくれば、ベンチにいる頼もしさも増すし、岡本やマギーが調子を落としたらスタメンに入れることもできる。本人だってスタメンで出たい気持ちもあるだろうし、ヒットやホームランを積み重ねていってほしい。

明日の先発は巨人が野上、ヤクルトが館山。前回、8回1失点の好投を見せた野上。9連戦の序盤ということでできれば長いイニングを投げてほしいが、まずは確実に試合を作ってほしい。対する館山は、明日が今季3試合目の登板。過去2試合は6回3失点、4回6失点でともに黒星となっている。館山の復活もどこかで見たい気持ちもあるが、まあ明日じゃなくてもいいだろう。今巨人は打線全体が調子がいいので、明日も序盤から打っていきたい。

posted by K at 21:00 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

NGT48 2期生オーディション最終審査で19人が合格

本日、新潟市中央区の市民芸術文化会館でNGT48の2期生オーディション最終審査が行われ、19人(うち新潟県出身は8人)が合格した。今後、保護者との面談や意思確認を経て、正式に2期生となる。





新潟日報の記事(動画あり)
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/movie/detail.html?bid=5777751791001

オリコンの記事
https://www.oricon.co.jp/news/2110532/full/


人数的には前に今村さんが言っていた20人に近い19人となった。今NGTは28人いるので、全員入ったら47人となる。ギリギリ3チームできないくらいか。新潟出身は8人と半分より少ない。これは、今回は新潟市移住プロモーションとコラボして行われたのも関係しているかもしれない。

そして肝心の合格者だが、まだ正式にメンバーになったわけではないので名前などは公表されていない。またツイッターの写真を見ると、合格者に番号がついていないので、何番の子が受かったかもよくわからない。ただし、審査後にSHOWROOMでお礼配信をした合格者が11人おり、3番・5番・10番・19番・27番・34番・39番・44番・58番・61番・62番は合格していることが分かっている。また、写真を見ると、前列の向かって一番左が3番の子、後列の向かって右側の3人が58番・61番・62番と並んでいるように見える(あくまで見える)ので、番号順に並んでいるのではないかと思われる。私の目で見た感じだと、以下のように並んでいると思われる(わかっている子だけ)。

後列(左から):?番・?番・27番・34番・39番・?番・44番・58番・61番・62番
前列(左から):3番・5番・?番・?番・?番・?番・?番・19番・?番

10番に関しては顔を確認していないのでわからなかった。?に関しては今後判明したら追記するということで。ちなみにSHOWROOM審査に関しては、ランキングの上位3人こそ全員受かったが、それ以降は順位が全然合格と関係性がない結果となった。本当に「参考」程度だったということだろうか。

新潟日報の記事だと約1か月後にデビューと書かれているので、5月後半か。大きな舞台でお披露目するとすれば、5月19日・20日の幕張メッセでの握手会(19日が全握・20日が個握)か、5月27日の京都パルスプラザでの全国握手会があるが、これだと地元の新潟でのお披露目ではなくなってしまう。まずは劇場で、というのもあるかもしれない。

2期生として受かったのは19人だが、ドラフト3期生を合わせると24人。これはドラフト2期生と1期生(当初)を合わせた数と同じになる。偶然なのか狙ったのかわからないが、新しく入った子たちにも、先輩に負けないように頑張ってほしいと思う。まずは、せっかく受かったので全員このままNGTに入ってくれればいいなと思う。

タグ:NGT48
posted by K at 23:04 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.04.28 巨人3-0ヤクルト

初回、ゲレーロ、マギーの連続タイムリーで巨人が2点を先制。その後は巨人・菅野、ヤクルト・ブキャナンの両先発が好投を見せ、7回まで2-0が続く。しかし8回、ブキャナンに替わってマウンドに上がったカラシティーから、阿部の内野ゴロの間に巨人が1点を追加。菅野は1人で最後まで投げ抜き、今季初完封。巨人が9連戦の初戦を制し、6連勝。貯金1とした。

先発の菅野は9回無失点。2試合連続完投にして今季初完封となった。完投した2試合はいずれも無四球で、完全に昨年の菅野に戻った。防御率もいつの間にか2.77まで戻ってきており、これは1点台もあり得る。この9連戦はもう一度投げるはずなので、次も楽しみにしたい。

打線は好調のブキャナンに苦戦したが、今日は菅野だったのでこれだけ取れば十分だった。それでも初回に点を取ったのは菅野を助けたと思う。今日取れなかった分は明日以降に取ればいい。

明日の先発は巨人が田口、ヤクルトが石川。4月7日と同じ顔合わせ。前回、ようやく今季初勝利を挙げた田口。だが、前回は5回3分の0と長いイニングは投げられなかった。田口にはできれば7回は投げてほしい投手なので、明日は1イニングでも長く投げてほしい。対する石川とは今季2度目の対戦。前回は3回7失点と石川を打ち崩したが、こっちの田口も3回途中6失点と崩れ、先発降板後も打ちまくったヤクルトが勝利した。この間20得点を記録した打線に期待したい。

posted by K at 21:48 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする