2018年04月02日

2018.04.01 巨人3-2阪神

2回、梅野のソロホームランで阪神が先制。4回にはロサリオのホームランで阪神が1点を追加する。しかしその裏、岡本の3ランホームランで巨人が逆転する。その後は両チームの投手陣が踏ん張り、最後はカミネロがランナーを出しながらも抑えてゲームセット。巨人が連勝で、開幕カードの勝ち越しを決めた。

先発の野上は6回途中2失点。移籍後初先発で好調阪神打線をホームラン2本の2点に抑えた。できれば6回を投げ切ってほしかったところだが、菅野や田口でさえ4失点している中で2点ならば上々。野上には1年間ローテを守り通してほしい。

打線は今日も岡本。2試合連続の3ランで試合を決めた。昨年までの3年間の合計で1本塁打、6打点だったのだが、今季は3試合で2本塁打、8打点。早くも過去3年の合計を超えた。この勢いのままいってほしい。

開幕戦こそ落としたが、この3連戦は勝ち越した。菅野、田口が打たれるという予想外の展開はあったが、この3連戦でスタメン野手陣が全員ヒットを打ったこと、澤村、上原といった復帰したリリーフ陣がさっそく結果を出したことは大きな収穫だった。あとは、次の3連戦でちょっと不安な裏ローテの3人がどうなるか。

火曜日からはナゴヤドームで中日との3連戦。中日は開幕カードで広島に3連敗を喫し、火曜日がホーム開幕戦となる。巨人は山口俊、大竹、吉川光が先発と見られる。3人とも昨年は期待に応えられなかった。二軍には若手も控える中で、生き残るためにも好投を見せてほしい。一方、中日はあの松坂が先発すると言われている。巨人打線は岡本や小林が大活躍しているが、他の選手はそこまで打っているわけではない。この3連戦では打率が2割に満たなかった吉川尚やマギー、長野たちにも活躍を期待したい。

タグ:巨人 阪神 野球
posted by K at 00:00 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする