2018年04月03日

2018.04.03 巨人10-3中日

初回、坂本とマギーのタイムリーで巨人が2点を先制。続くノーアウト満塁のチャンスで追加点は取れなかったが、4回にまたも坂本の2点タイムリーが出て4点差とする。6回、中日は満塁から高橋の走者一掃タイムリー3ベースで3点を返し、1点差とする。しかし7回、岡本のタイムリーで巨人が1点を追加。9回には岡本のタイムリー、小林の犠牲フライ、立岡、吉川尚の連続タイムリーなど打者一巡の猛攻で5点を取って突き放した。巨人がカードの初戦を制し、中日は開幕4連敗となった。

先発の山口俊は6回3失点。今季初登板、そして昨年暴行事件が発覚して以降初のマウンドとなったが、その登板を勝利で飾った。個人的には高木同様、まだ応援する気にはなれないが、真摯に野球に取り組んでくれればいつか応援できるようになるかもしれない。今日は反撃を許したが、追いつかれなかったことと、イニングを投げ切ったことは良かった。

リリーフは、9回は点差が開いたのでカミネロではなくマシソンになったが、今日も無失点リレーとなった。なお、澤村、上原、そして由伸監督は今日が誕生日(上原と監督は生まれた年も一緒)。誕生日が良い試合になった。上原がいきなりフル回転でちょっと心配になってしまうところだが、澤村、マシソン、カミネロが3人とも速球派なので、間に上原を挟みたくなるのもわかる。うまく使ってほしい。

打線は18安打の大爆発。良い当たりでないものも多かったが、コツコツと積み上げた。吉川と岡本が3安打、坂本は4安打と打ちまくった。打線はとても良い状態だ。

唯一にして非常に心配なのが陽。初回、手にデッドボールを受け、診断の結果手の甲の骨折が判明した。最初の打者に死球与えて骨折させる投手をホーム開幕戦の先発にするとか中日は何考えてるんだと思うけど、さすがに故意ではないだろうから仕方ない。ただ巨人にとっては非常に痛い離脱となる。今日は陽の代走で出場した立岡が2安打と活躍したので、代わりはしばらく立岡でもいいかもしれない。

明日の先発は巨人が吉川、中日がガルシア。移籍1年目の昨年はわずか1勝と結果を残せなかった吉川だが、開幕ローテの座をつかんだ。しかし、下に先発候補はいっぱいいる。ダメならばすぐ二軍に落とされるだろう。自分が生き残るためにも、好投を期待したい。対するガルシアは今季からの新外国人。オープン戦では3試合、10イニング投げて防御率5.40だった。打線は非常に調子がいいので、序盤に点を取って吉川を楽にしたい。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 23:37 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする