2018年04月06日

2018.04.06 巨人0-6ヤクルト

初回、青木のタイムリーと巨人のエラーでヤクルトが2点を先制。ヤクルトは2回には山田のタイムリー3ベースで1点、5回には山田のソロホームランで1点、6回には坂口の犠牲フライで1点、7回には奥村のタイムリーで1点を追加し、6点の大量リードを奪う。投げては先発のブキャナンが8回無失点の好投を見せ、最後は秋吉が締めてヤクルトが完封勝利。巨人は今季初の完封負けとなった。

先発の菅野は6回5失点(自責4)。まさかの2試合連続の5失点。今日は味方のエラーもあったとはいえ、2回以降に立ち直れなかったというのがなかなか衝撃的。もう1回はこのままでいいと思うけど、もし次も結果が出なかった場合は捕手を大城にしてみるとかいろいろ試してみてもいいんじゃないだろうか。

打線は6安打したが1点も取れず。こっちはマギーが苦しんでいる。5番だが打率1割台なのでここで流れが切れてしまう。不調が続くようならばサード岡本、ファースト阿部にするとかを考えてもいいと思う。

明日の先発は巨人が田口、ヤクルトが石川。前回、6回途中4失点と打たれた田口。菅野と田口がしっかりしないことには上位は厳しいので、明日は好投を見せてほしい。対する石川は先週、7回途中3失点で勝ち投手となり、通算157勝目を挙げた。38歳の大ベテランだが、今季も頑張っている。巨人としては早めに1点取って、今日の悪い流れを変えたい。

posted by K at 23:58 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする