2018年04月08日

2018.04.08 巨人4-7ヤクルト

初回、バレンティンの内野ゴロの間にヤクルトが1点を先制。3回、大城のプロ初ホームランで巨人が同点とするが、その裏、西浦のタイムリー、バレンティンの2ランホームランでヤクルトが3点を勝ち越す。しかし直後の4回、マギー、岡本のタイムリー、亀井の犠牲フライで巨人が再び同点とする。6回、廣岡の犠牲フライでヤクルトが勝ち越し。7回にはバレンティン、田代のタイムリーでヤクルトが2点を追加。このリードを守り切ったヤクルトがこのカード3連勝とした。

先発の野上は6回途中5失点。2度追いついてもらいながら失点を重ねてしまった。6回の頭から替えていれば違ったかもしれないと思うが、あの時点では同点なので、勝ちパターンを出すのをためらった気持ちもわからなくもない。ただ、結果的には失敗だった。

2番手で登板した澤村は野上のランナーを返したのはまあしょうがないが、7回も2失点した。初登板から3試合は圧倒的なピッチングを見せていたが、ここ2試合連続で失点している。澤村が信頼できるかできないかで中継ぎの厚みが全然違ってくるが、立て直せるか。

打線は2度追いついたが、5回以降は点を取れなかった。ただ、当たりが止まってきていた岡本にタイムリーが出たのと、大城のプロ初ホームランが出たのは良かった。今年のキャッチャーは小林も大城も打撃好調で良い感じ。

3連敗で一気に借金1となった。この3連戦で28失点と投手陣が崩壊。しかも菅野、田口、野上と期待の高い先発陣が崩れているのがこの先非常に不安。トンネルに入る前に何とかしないと、昨年の繰り返しになってしまう。特に菅野と田口は早急に修正してほしい。

火曜日からは東京ドームに戻ってDeNAとの3連戦。DeNAはここまで3勝5敗と好スタートとはなっていないが、この週末は敵地で広島相手に勝ち越した。巨人はおそらく今週と同じ山口俊、吉川、大竹の先発と思われる。ヤクルトとの3連戦で3連敗した分、澤村以外の勝ちパターンの中継ぎはしっかり休めたと思うので、特に吉川や大竹のときは早めにつぎ込んでも良いと思う。まず1つ勝って連敗を止めたい。

posted by K at 22:11 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする