2018年04月10日

2018.04.10 巨人3-4DeNA

5回、倉本のタイムリーでDeNAが先制。7回、長野の2ランホームランで巨人が逆転する。しかし8回、DeNAは宮崎のタイムリーで同点とすると、さらに嶺井の2点タイムリーで勝ち越し。巨人はその裏、亀井のタイムリーで1点差とするが、あと一歩及ばず。カードの初戦はDeNAが制し、巨人は4連敗となった。

先発の山口俊は7回1失点。山口は週の頭を任されているので、なるべく長いイニングを投げることを期待されているはずだが、今日はその期待にしっかり応えられたと思う。4月なのに130球も投げさせていいのだろうかと思わなくもないが、130球投げ切るスタミナがあるとわかったのは収穫だった。

そして7回に逆転して上原へとつないだのだが、今日はその上原が大乱調。5安打を浴び3失点、1アウトしか取れずに降板した。どんなピッチャーでも乱調の時はあるし、勝ちパターンの投手が炎上したらそれは即負けにつながるわけだからしょうがないのだが、3連敗中だし、できれば今日以外であってほしかった。

打線はDeNAを上回る12安打を打ちながら3点にとどまった。点を取った7回、8回以外に連打がなかったのが原因だろう。山口が好投している間に援護してあげてほしかった。

明日の先発は巨人が吉川、DeNAが平田。前回、4回2失点で負け投手となった吉川。まずは5回をしっかり投げることが求められるだろう。対する平田は明日が今季初登板初先発。そして昨年まではリリーフとして活躍していたため、明日がプロ初先発となる。二軍では5試合、7回3分の2を投げて無失点と結果を残しているが、初先発というのがどう影響するか。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:56 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする