2018年04月20日

2018.04.20 巨人8-2阪神

2回、小林のタイムリーで巨人が先制。巨人は4回、吉川尚のタイムリー、ゲレーロの2点タイムリーで3点を追加。5回には坂本のタイムリーでさらに1点を追加する。阪神は6回、高山のタイムリーで1点を返す。8回、中井のタイムリーと阪神・島本のワイルドピッチで巨人が2点を追加。その裏、高山のタイムリーで阪神が1点を返すが、反撃はここまで。巨人が快勝でカードの初戦を制した。

先発の菅野は9回2失点。今季初の完投勝利となった。山口が先に完投して自分も、という気になっただろうか。球数も113球と非常にいいペースだった。開幕戦でやられた阪神相手にこのピッチングができたのでもう心配いらないだろうとは思うが、5回までの感じは完封しそうな雰囲気だったので、6回にいきなり3連打をされるあたり、まだ100%ではないのかなという気もする。さらに上げていける余地はある。

打線は制球の定まらない藤浪から6点を奪った。藤浪は被安打9、奪三振10、与四球6というとんでもないピッチングだったが、ただ打線の調子が良ければもっと点を取って、もっと早く降ろせたんじゃないかと思うので、打線への満足感はそんなにない。

明日の先発は巨人が田口、阪神が秋山。まだ今季勝ちのない田口。前回は6回3失点とまずまずだったが、とにかく早いイニングで点を取られるのが良くない。味方が先制してくれるまで粘ってほしい。対する秋山とは今季2度目の対戦。前回は6回3失点で、試合は巨人が勝利した。秋山はその後6回1失点(勝ち)、7回2失点(負け)としっかり試合を作っている。今日の藤浪のように勝手にランナーが出るような展開にはならないと思うので、自力で打って点を取りたい。先制して田口を少しでも投げやすいようにしたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 22:07 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.04.19 巨人0-5DeNA

初回、宮崎、嶺井、桑原の3者連続タイムリーでDeNAがいきなり3点を先制。その後は両チーム点が入らない展開が続いたが、8回、嶺井の2点タイムリーでDeNAが2点を追加。巨人は最後まで連打が出ず、このままゲームセット。DeNAが完封勝利で、このカードは1勝1敗となった。

先発の吉川は5回途中3失点。5回を投げ切れなかった。2回以降は5回に1本打たれただけだったが、今日は初回の3失点が重かった。吉川に限らず、今季の巨人は先制される試合が多すぎる。もうちょっと立ち上がり頑張ってほしい。

打線はわずか4安打。DeNA先発の東をまったく打てなかった。東にはこれで2戦2敗。ルーキーにプロの厳しさを教えられるというよく分からない事態になっている。

タグ:巨人 DeNA 野球
posted by K at 21:42 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする